2018年、今年のお花見のピークは3月末~4月頭の今週末。春の暖かい陽気の中でのお花見もステキですが、ライトアップされた夜桜見物は、より印象的な大人のお花見とも言えるでしょう。そこでぜひ訪れたいのは、世界遺産・⼆条城で開催中の『二条城桜まつり2018』。

今週末のお花見ピークに乗れない人にもうれしい『二条城桜まつり2018-桜の宴- Directed by NAKED』で、昼間のお花見散歩はもちろん、夜桜×プロジェクションマッピングの幽玄の世界を堪能しましょう。

『二条城桜まつり2018』は、現代的アート+プロジェクションマッピングが美しい桜の宴

桜咲き誇る世界遺産・二条城で開かれている桜の宴『二条城桜まつり2018-桜の宴- Directed by NAKED』。プロジェクションマッピングなどを使った最新の演出が行われるのは、2018年の今年で2回目。2017年の昨年と比べて演出内容もパワーアップ、プロジェクションマッピングだけでなく、光と音の演出を加え、現代的アートを取り入れた斬新かつ美しい桜の宴が繰り広げられます。

唐門に彫り込まれた龍をイメージし、龍が桜の宴に来場者を誘うバックストーリーで構成した演出が会場全体で実施される

最新テクノロジーで夜桜の幽玄の世界に引き込まれる『二条城桜まつり2018』

今年は、日本の伝統芸能である「能」の演目に数多くある、京の桜を舞台にした桜の精霊の物語が最新テクノロジー&アートと共に展開されます。二条城の「唐門」「香雲亭」「清流園」を始め、場内全体が精霊たちの宴のストーリーに包まれ、夜桜の幽玄の世界に引き込まれること間違いなしです。 

イベントの共同演出、プロジェクションマッピングを用いたアート演出・制作は、村松亮太郎氏代表のクリエイティブカンパニー NAKED Inc.

夜桜だけじゃない!昼間もお花見を満喫できる『二条城桜まつり2018』

また、夜桜だけでなく、日中も120%お花見を堪能できます。「和」を中心としたステージイベントや、京都の伝統工芸・菓子・漬物・お酒など合計26店舗が立ち並ぶ『京の老舗名産品展』など、昼夜問わず二条城の春を楽しみ尽くす企画も盛りだくさん!

日本中から注目される京都の桜スポットの名所、世界遺産・元離宮⼆条城(京都市中京区)

ピークを過ぎても楽しめる!『二条城桜まつり2018』の開催期間は来週末まで!

『二条城桜まつり2018-桜の宴- Directed by NAKED』の開催期間は4月15日(日)まで。今週末のお花見ピークに間に合う方も、そうでない方も、この桜の宴で京都の春を思う存分、満喫してみてくださいね!

『二条城桜まつり2018-桜の宴- Directed by NAKED』詳細

  • ■開催時間・営業時間
    通常拝観 8時45分~16時(17時閉城)
  • ライトアップ 18時~21時(21時30分閉城)
  • ※通常拝観とライトアップは入替制となります。
  • ※ライトアップ時は観覧エリアが限定されます。
  • ■入城料
  • 一般 600円、団体 500円(30名以上)、中学・高校生 350円、小学生 200円
  • ※ライトアップ入城料は上記と同様
  • ※通常観覧とライトアップは入替制のため、入城券が異なります。
  • ※和装の方は入城無料。
  • ■開催場所:元離宮二条城
  • 住所:〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

  • ■交通手段
    ・市バス「二条城前」下車すぐ
  • ・地下鉄東西線「二条城前」駅下車、徒歩5分
  • ・駐車場あり(詳細は二条城事務所 075-801-5564 までお問い合わせください)
    ■バリアフリー情報    車椅子可(一部不可の場所有り。要介助)
    車椅子対応トイレ有り、筆談対応可、補助犬同行可(ただし、二の丸御殿は不可)
  • ■お問い合わせ先
  • 元離宮二条城事務所 TEL:075-841-0096

■『二条城桜まつり2018』関連リンク

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。