フェンディの新ロゴ「F is FENDI」が踊る新作ウォッチ「ラナウェイ」

大人の時計ワードローブには、正統派のデザインはもちろんのこと、着こなしに変化をつけてくれるフレッシュなタイプも必要。そんな1本を探している女性におすすめしたいのが、フェンディの新作時計「ラナウェイ」です。フェンディが時計の製造を開始したのは、1988年のこと。イタリアの高いデザイン性とスイスの職人技術を融合し、多彩な色彩や素材を駆使してさまざまな時計を発表してきました。

シンプルなラナウェイは、スポーティなようで、ドーム型のステンレスロゴでエレガントさも。¥95,000(税抜)【ケース径28mm】(フェンディ ジャパン)

今回発表された新作時計「ラナウェイ」は、フェンディの新ロゴ「F is Fendi」を大胆にあしらった現代的なコレクション。クリスタルの風防ガラスの上に施された「F」の字と円形ケースで新しいロゴをかたどり、センターから上にずらしたダイアルを引き立てています。

フェンディの最新ロゴ「F is FENDI」の魅力とは?

2017-18年秋冬コレクションで、初のお披露目となったフェンディの新ロゴ「F is FENDI」。

雑誌『Precious』2018年4月号142ページにも「F is FENDI」ロゴをあしらったバッグが登場! バッグ「キャナイ エフ」上/¥377,000【縦18×横25×マチ10.5㎝、ほかに同柄のショルダーストラップ付き】・下/¥254,000【縦18×横25×マチ10.5㎝、ほかに黒のショルダーストラップ付き】・ショルダーストラップ「ストラップ ユー」¥72,000・チャーム「スペース モンキー」¥87,000(すべて税抜)(フェンディ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー)

円の中に逆さまになった「F」をあしらったこのロゴは、よりスタイリッシュでモダンな印象。四角いフォルムで使いやすさも抜群のバッグ「キャナイ エフ」にもこのロゴがあしらわれ、アイコニックな存在感が高まっています。

バリエーション豊かな時計「ラナウェイ」は、男女問わず楽しめる!

この「ラナウェイ」コレクションは、プレーンなものからツートン、ゴールドトーンまでのさまざまなカラー、そしてダイヤモンド入りなどバリエーションが豊富なのも魅力。この力強さとやわらかさ、スポーティさとエレガンスとが同居した、フェンディの新アイコンウォッチは、手元に新しさを運んでくれます。

ダイヤルもストラップも黒一色に、ダイヤモンドを敷き詰めたロゴがオーラを放つ。¥410,000(税抜)【ケース径28mm】※2018年7月発売予定(フェンディ ジャパン)
「F」部分だけにダイヤモンドをあしらい、さり気なく華やかに。¥220,000(税抜)【ケース径28mm】※2018年7月発売予定(フェンディ ジャパン)
メンズモデルは、ネイビーと直線的なステンレスシルバーのフェイスが上品。¥95,000(税抜)【ケース径41mm】※2018年7月発売予定(フェンディ ジャパン)

フェンディのクリエーションが花開く、遊び心あふれたタイムピースたち

この新作時計「ラナウェイ」以外にも、フェンディのタイムピースには大人の女性が思わず欲しくなる、クリエイティビティにあふれたアイテムがずらり。ファーをはじめとするラグジュアリーなコレクションで知られるフェンディの魅力を、手元で楽しめるおすすめの3本をご紹介します。

ローマ数字がダイナミックにアレンジされたダイヤルが美しいケースには、カーフレザーのストラップ付き。このFFロゴのストラップは別売りですが、断然こちらでブレスレット感覚を楽しみたい! 時計「セレリア ストラップ ユー」時計¥162,000【カーフレザーのストラップ付き、ケース径36mm】・付け替えたダブルストラップ¥47,000(ともに税抜)(フェンディ ジャパン)
バーゼルワールド2017で発表された「フェンディ アイシャイン」コレクション。ホワイト マザー・オブ・パールやジェムストーンなど、光の輝きをテーマにしたウォッチ。愛らしいピンクのストラップもアリゲーターなら大人仕様。時計「フェンディ アイシャイン」¥265,000(税抜)【ケース径33mm】(フェンディ ジャパン)
フェンディ家の4代目で、世界的なジュエリーデザイナーとしても知られるデルフィナ・デレトレズ・フェンディが手がけたフェンディのウォッチ。色と質感の異なるマテリアルを幾層にも重ね、神秘的な輝きを放って。時計「ポリクロミア」¥2,700,000(税抜)【ケース径38mm】(フェンディ ジャパン)

何よりもラグジュアリーというメゾンの精神を守りながら、新しいクリエイティブに挑戦し続けるフェンディの時計たち。その豊かな表現力で、私たちの「時間」をも楽しく彩ってくれます。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
安念美和子