メゾンブランドからサヴィル・ロウまで完全掲載した、保存版!

その場しのぎの流行に踊るのではなく、自分らしくあるために。そして、虚勢を張るためではなく、心からくつろぐために・・・・・・。大特集では、そんな男達の本質的な装いを具現化してくれる、真実のオーダースーツとその入手方法を、徹底的に紹介している。

ビスポーク紳士、その華麗なる1日。フィレンツェ伝統のボリューム感を楽しむ、タイ ユア タイのグレースーツ。

2018年、初夏。気高きエレガンスが薫るスーツを揃えた特集では、エルメネジルド ゼニア、ラルフ ローレン パープル レーベル、サルトリオ、キートン、ブリオーニ、ダンヒル、ジョルジオ アルマーニが登場。ジェントルマンの華麗なる1日がメンズプレシャスならではの質の高い写真で展開される。男の理想を追求した世界レベルのファッション写真を堪能されたい。

ダンヒル、トム フォードほか、注目の11ブランド、極上スーツの真髄

名高きブランドのオーダーを堪能する

伝統的なイギリスの風格をまとうダンヒルのオーダースーツ。

既製服の着心地を超越し、自身の趣味やステイタスをも表現するオーダーメイドのスーツ。素材に凝り、スタイルを突き詰め、完成までの時間をも楽しんだ結果、自分のための唯一無二の逸品に仕上がるのだ。これほど贅沢で喜びを感じられるスーツは、やはりオーダーメイド以外にはない。

誌面で紹介しているのは、いずれもメンズプレシャスが自信を持って選び抜いたブランドたち。ダンヒル、ジョルジオ アルマーニ、ラルフ ローレン パープル レーベル、トム フォード、ブリオーニ、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、エルメネジルド ゼニア、エルメス、キートン、ハケット ロンドン、ドーメル、イザイア、ベルヴェスト、ジャンフランコ ボメザドリが揃う。

是非とも、実際の誌面で、その濃密なるオーダースーツの世界に酔って欲しい。

スーツスタイルに似合うラグジュアリーウォッチ10

ジュネーブの時計フェア・SIHH速報&注目作を一挙公開!

カルティエの偉大なるアイコンウォッチ、サントス ドゥ カルティエが、今年は取り替えの容易なインターチェンジャブルストラップを採用して話題を呼んでいる。

上質な腕時計は、スーツ姿の洗練に欠かせない。そのセレクトそのものが、自身のセンスやアイデンティティを語るからだ。この1月にスイス・ジュネーブで開催されたSIHH(ジュネーブサロン)で発表された新作を中心に、進化を続ける名門ブランド10のニュースを紹介。

カルティエの他にも、ブライトリング、パネライ、IWC、ブルガリ、A.ランゲ&ゾーネ、ヴァン クリーフ&アーペル、ジャガー・ルクルト、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタンなどが話題の新作をリリース。そのすべてのニュースを網羅しているのはメンズプレシャスだけ! 時計好きのみならず、スーツに合わせる高級時計を探している紳士達に、是非、読んでいただきたい企画だ。 

今、注目のキューバロケを敢行。メンズプレシャスだけの圧倒的ビジュアルを堪能せよ!

葉巻の煙と麻の触感が呼び覚ます、コロニアルの記憶。ハバナ、残照の聖地

革命は胎動し、新たなる喧騒が溢れ出す。ただ、葉巻の香りが、男を熱狂の記憶に誘うだけ・・・。

国を、街を、離れていった愛する人たち、懐旧の街となった、ここハバナでは、もはや今日は明日の思い出に過ぎない。

革命を成功させた栄光の国、キューバに漂う、倦怠感とコロニアリズムの残照。男なら誰でも憧れる、シガーと音楽の国、キューバに、メンズプレシャスのファッションチームが乗り込んだ! モロッコ、イスラエルなど、男の夢を掻き立てる異国のリアルロケで定評のあるメンズプレシャスのカッコいいフォトシューティングを愛でていただきたい。

ざっくり編まれたサマーニット、繊細な生地のスラックス。これにパナマハットを被れば、ラグジュアリーなコロニアルスタイルの完成だ。

サファリジャケット、都市型コーデの掟を知りたくないか?

この春、コロニアルなアウターは知的に着こなせ

カジュアルな色使いも小物効果でランクアップ。フラップ付きのポケットとやナットボタンなど、凝ったディテールが持ち味のリネン製サファリジャケット。

今季におけるトレンドアイテムの筆頭に挙げられる、サファリジャケット。男らしい野性味が持ち味ではあるが、だからこそ着こなしは品格をモットーに。メンズプレシャス春号では都市でこそ映えるその選びと、コーディネート術を紹介している。

もともと19世紀後半、アフリカでの狩猟旅行のためにつくられたアウター、サファリジャケット。アーネスト・ヘミングウェイも愛用したその機能美は、サバンナから都市へと浸透するにいたり、急速にファッション化。現在ではさまざまな生地やデザインを纏ったサファリジャケットが、世界中で愛用されている。

銀座「100年名店」の矜持を味わう。高級グルメ・高級バー特集!

ドレスコードはスーツ、と心得よ

銀座最古参の名店、銀座・ルパン。

由緒ただしきオーセンティック・バーが数多く存在する銀座。その中にあって、最古参と言えるのが銀座5丁目みゆき通り裏に店を構えるバー、銀座・ルパンだ。

織田作之助、坂口安吾、太宰治といった無頼派作家たちをも魅了した名店は、今も往時の佇まいのもと、現代の紳士たちを迎え入れている。

オーセンティック・バーに限らず、銀座という街には、歴史と伝統によって醸成された上質な粋が存在する。その風格ある上質を味わうため、いつの時代も文人墨客をはじめとした、本物のジェントルマンたちがこの街に引き寄せられてきた。

紳士の嗜み。その奥義をこれほど試される街はほかにない。

メンズプレシャスでは、昭和のダンディたちが集った銀座の老舗を特集。銀座・ルパンのほかに、「銀座 寿司幸本店」「銀座よし田」「煉瓦亭」「資生堂パーラー」「サロン・ド・カフェ」「はち巻 岡田」「天一 銀座本店」を詳細に解説。

紳士の街、銀座を歩くための基礎知識を、メンズプレシャス春号で学んでいただきたい。

ダンディな男たちの机の上はどうなっているのか?

チャーチル、ヘミングウェイなど、錚々たる男たちの個性と知性にオマージュを

飛行機やクルマを駆り、英雄的に行動した詩人・ダンヌンツィオ。その美意識を継いだ、机上。

男にとって、自身の机とその周辺は、プレイグラウンドであり、人格を形成する場でもある。

開高健、ガブリエーレ・ダンヌンツィオ、ジャン・コクトー、アーネスト・ヘミングウェイ、ウィンストン・チャーチル。

5人の傑物の机の上を再現、こだわりと生き方が表れた、メンズプレシャスだけの徹底したヴィジュアルに刮目すること請け合いだ。

世界の紳士がハイエンドSUVを駆る理由

お洒落な男だけが知っている最新キーワード、SLV。スポーツ・ラグジュアリー・ヴィークルの魅力

ハイエンドSUVの始祖、ランドローバーが放つ、最新の1台。レンジローバー ヴェラール。

気がつけば、ラグジュアリー・カー・ブランドは、みなSUVを取り揃えている。その中で、紳士にふさわしいSUVの資質とは何か。メンズプレシャスは、新たなる概念、SLVを提唱する。

SLVとはすなわち、スポーツ・ラグジュアリー・ヴィークル。

時代を牽引する先見性があり、エレガントで、タフ。意に沿う運動能力も欠かせない。これらの要素を高いレベルで実現したクルマが、SLVだ。

メンズプレシャス春号では、ランドローバーのレンジローバー ヴェラール、ボルボのXC90、ポルシェのマカン、ランボルギーニのウルス、アルファロメオのステルヴィオ、メルセデス・ベンツのGクラスを、SLVと認定した。その詳細に関しては、是非メンズプレシャス春号をお読みいただきたい。

4月6日頃、全国主要書店で発売される、メンズプレシャス春号の紙面から、エッセンスをお届けした。

ぜひとも書店等で手に取っていただきたい。

<出典>
MEN'S Precious春号「紳士よオーダースーツを纏え!」
【内容紹介】グレージュ大研究/犬走SP・おしゃれの悩み解決/ストップ顔老化/洗練レザーアウター/お座敷ワンピース/フラット靴のエレガンス/別添:別冊TASAKI
2018年4月6日発売 ¥1,200(税込)
この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: