ベージュのトップスを取り入れたコーディネートをまとめました。一見地味に見えがちなベージュのトップスを格好良く着こなすためのテクニックをご紹介します。

【目次】

春のベージュトップスコーデ


【1】ベージュブラウス×白パンツ×ベージュコート

【1】ベージュブラウス×白パンツ×ベージュコート
バンフォードのコート・アルトのパンツ(三喜商事)、ブラウス(キートン)、ネックレス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

イギリスのライフスタイルブランド・バンフォードにとって、カシミヤは最も大切にしている天然素材。裾がふわりと風に舞うほどに軽やかなカシミヤを使ったコートは、布地の美しさをシンプルに生かした、洗練されたシルエットに魅了されます。さらに、日の光をそのまま表現したかのような色使い。透明感のあるベージュからは、癒やされるような温かみが伝わってきます。オーガニックな環境に根ざした優しい生活こそ、本当のラグジュアリーという信条をもつブランドらしい、コンフォタブルな名品コートです。

【2】ベージュブラウス×ベージュパンツ

【2】ベージュブラウス×ベージュパンツ
ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ストール(チェルキ〈クラウディオ クトゥーリ〉)、フィリップ オーディベールのピアス・バングル・ランドシヌールのリング(アストラット 新宿店)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

肌艶を美しく見せるシルクサテンのブラウスは、ぜひともワードローブに常備しておきたいアイテム。ボウ付きのデザインがおなじみですが、今季、ヴィンスから登場したのは、ありそうでなかったVネックデザイン。胸元に香るセクシーなシャープ感、ドロップショルダーのリラックス感、上品な素材感に漂うエレガンスを絶妙なバランスで集約した一枚です。ドレープが波打つ、とろみのあるストレッチシルクに、ゴールドのような艶をもつベージュが優美な陰影を描きます。

【3】ベージュシャツ×ベージュパンツ

【3】ベージュシャツ×ベージュパンツ
シャツ(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス・イヤリング・バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジョージ ジェンセンは、北欧の清潔感あふれるモダンデザインをまとうブランド。大らかな曲線を描くジュエリーは、芸術的なセンスを印象づけてくれ、シンプルなベージュのシャツスタイルも端正なたたずまいに仕上げてくれます。

【4】ベージュブラウス×チェックパンツ

【4】ベージュブラウス×チェックパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(ドリス ヴァン ノッテン)、インナー/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

袖を通すだけでワクワクするような、美しい透け感のモカベージ ュのブラウス。端正なシルエットでありながら、肌にヴェールをまとったようなニュアンスを与える繊細なシルクオーガンジー素材と、襟元の精緻なビジューによって、ぐっと華やかなニュアンスが加わります。同系色のチェックのパンツを合わせ、シックにリズミカルに春のベージ ュのおしゃれを楽しみましょう。

【5】ベージュブラウス×グレーパンツ×ベージュコート

【5】ベージュブラウス×グレーパンツ×ベージュコート
フレンチスリーブのブラウス・コート・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

アシンメトリーなデザインで、胸元に美しいドレープが生まれるシルクサテンのブラウスは、一枚ではもちろん、インナーにしても表情豊かです。ゆったりとしたリネンベースのパンツとスエードのコート…と異なる素材のベージュを重ね、まろやかなトーンにメリハリをつくり、凛と着こなしましょう。

【6】ベージュブラウス×デニムパンツ

【6】ベージュブラウス×デニムパンツ
ブラウス・デニム・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春の陽差しを感じたら、軽やかな透け感ブラウスを主役にして装いをアップデート。ふんわりとしたシルクジョーゼットのブラウスは、ゴールド&シルバーの水玉や大胆なフリル使いまで、女心をくすぐるデザイン。日常で着るなら、デニムなどブラウスの甘さを抑えるアイテムを合わせ、カジュアルに着るのが鉄則です。

【7】ベージュブラウス×ベージュスカート

【7】ベージュブラウス×ベージュスカート
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

伸縮する素材で着やすさも抜群のワンピース。肌になじむベージュのワントーンは、深みのある赤のバッグをアクセントに、こなれ感を強調しましょう。

【8】ベージュカットソー×ブリックカラースカート

【8】ベージュカットソー×ブリックカラースカート
トップス・スカート(ステラ マッカートニー ジャパン)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/Kei Ogata BY:『Precious5月号』小学館、2017年

まるでスエードのようになめらかな着心地のトップスは、乾いた大地を思わせるアッシュベージュ。赤みのあるブリックカラーのスカートを合わせ、大人の夏を印象づけるアースカラーの着こなしに仕上げましょう。

【9】ベージュカットソー×ベージュスカート×ネイビーコート

【9】ベージュカットソー×ベージュスカート×ネイビーコート
コート(ナイツブリッジ・インターナショナル〈オールド イングランド〉)、トップス(レナウン プレスポート〈レステラ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ウノアエレのネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ハリのあるネイビーのコートは、だれからも愛される上品さが魅力。学生風にならないように、艶や動きのある華アイテムを合わせて。裾フリンジのベージュトップスと艶めくプリーツスカートで知的なネイビー×ベージュを優美に演出しましょう。

【10】ベージュカットソー×黒パンツ×黒コート

【11】ベージュカットソー×黒パンツ×黒コート
コート・ストール・バッグ(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、トップス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュを重ねたシックトーン配色で大人っぽく。サイドライン入りパンツやスリッポンで仕上げたスポーティーな着こなしも、艶やかなブラックサテンのコートがあれば、カジュアルになりすぎず品よくまとまります。

ベージュのトップスに合う色


【1】ベージュブラウス×カーキタイトスカート

【1】ベージュブラウス×カーキタイトスカート
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(ebure)、ベルト(yoshie、inaba)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

立体的なフラワー刺しゅうを施したコットンブラウスで、エレガントな雰囲気に。カーキにも似た、コクのあるオリーブグリーンのペンシルスカートを合わせて、凛と美しく仕上げましょう。細ベルトやバッグで、クリーンな白を投入して、地味な印象に終わらせないのが、リッチ配色の掟です。

【2】ベージュニット×黒パンツ×白ジャケット

【2】ベージュニット×黒パンツ×白ジャケット
パンツ(Theory)、ユナイテッドアローズのジャケット・スタブス&ウートンの靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはTheoryの一番人気。二重織り生地を採用した細身ストレート。ハリもあるので、直線的なラインを強調し、美脚効果も抜群です。凛とした白ジャケットと上品なベージュトップスに合わせて、余裕の見えるジャケパンスタイルを目指しましょう。

【3】ベージュカットソー×イエローパンツ×ベージュコート

【3】ベージュカットソー×イエローパンツ×ベージュコート
エストネーションのコート・ペリーコ の靴(エストネーション)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、カットソー(VINCE 表参道店)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベルテッドのパンツとスエードパンプスをイエローでまとめて、ベージュのスエードコート&トップスに鮮度をプラス。ニットの襟元や裾から白カットソーをちらりとのぞかせて抜け感を演出するテクニックは、手軽ながら着こなしをこなれて見せる効果が絶大です。

【4】ベージュニット×キャメルスカート

【4】ベージュニット×キャメルスカート
エストネーションのニット・ペランのバッグ(エストネーション)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック、シャルリエ〉)、アルテミス・ジョイエリ、のペンダント・ネックレス・マッティオリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品な光沢のラメがぎっしりあしらわれた ミラノリブのニットを主役に。Tシャツ型でどこかカジュアルなところも、今の気分にぴったりです。

【5】ベージュプルオーバー×白スカート

【5】ベージュプルオーバー×白スカート
トップス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、コットンリネンのスカート(ebure)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パーティーで、グラスを持つ手が映えるような、袖の深いスリットで魅せるプルオーバートップス。ケープをまとうようにエレガントな一着を、オフ白~ベージュにパールでまとめて、圧倒的な気品を醸し出しましょう。長めのボリュームスリーブ×コンパクト丈のシルエットは、スタイルアップして見えるところもおすすめです。

【6】ベージュプルオーバー×ベージュパンツ

【6】ベージュプルオーバー×ベージュパンツ
トップス・パンツ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、グレコのブレスレット・キョーコ ホンダニューヨークのリング(デペッシュモード恵比寿本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

深いVネックのプルオーバートップスはザ ロウの定番的アイテム。ゆったりとした優雅なシルエットで、胸元に抜け感があり、素材もしなやかさとハリのバランスが絶妙です。ベーシックカラーのセットアップで、ぜひそろえておきたい逸品。

【7】ベージュニット×ベージュパンツ×カーキコート

【7】ベージュニット×ベージュパンツ×カーキコート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、ゴム引き素材ならではのマットな発色のオリーブグリーンが上品。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートは、インナーとボトムを同系色にまとめ、端正に着こなしましょう。

春のベージュニットコーデ


【1】ベージュニット×デニムパンツ

【1】ベージュニット×デニムパンツ
ネックレス・ブレスレット・リング(TASAKI〈RITZ PARIS par TASAKI〉)、デニムパンツ(ブランドニュース〈デレク ラム 10クロスビー〉)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

バロックシェイプのあこや真珠、淡いブルーの色調、幻想的な光のモチーフ…と、あらゆる面で新鮮なパールジュエリー。ドレスアップにも映えるボリューム感たっぷりのパールを、この春はリラックス気分で楽しみましょう。

【2】ベージュニット×時計

【2】ベージュニット×時計
コットンニット(ブルネロクチネリ ジャパン)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

袖のラインには、繊細なビーズ刺しゅうのあしらいが。この小さな「光」とスポーティーなライン使いのデザインが絶妙にマッチして、洗練された雰囲気をもたらす、クルーネックセーター。今季は「光るベージュ」をまず、こんな休日ムードのニットから取り入れてみましょう。

【3】ベージュニット×ベージュ柄パンツ

【3】ベージュニット×ベージュ柄パンツ
ニット・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、イヤリング・時計・ブレスレット・リング(シャネル) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

きれい色とシックカラーのちょうど中間のような、絶妙なオリーブグリーンのバッグがあれば、センスよくベージュを着こなすことが可能に。ジャカード柄のパンツに着映え力があるぶん、カシミヤシルクのニットは、すっきり見えるVネックを選びましょう。

【4】ベージュニット×白パンツ×ベージュブルゾン

【4】ベージュニット×白パンツ×ベージュブルゾン
ブルゾン(VINCE 表参道店)、ニット(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈シクラス〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ネックレス・キーチャーム・チェーン・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

バッグと靴をオリーブグリーンでそろえて、春のベージュスタイルに奥行きとこなれ感を授けて。ラムレザーのブルゾンとニットをまろやかなベージュでそろえたら、クロップドパンツは白でキリリとまとめましょう。