フォレ ル パージュの前身は、3世紀にわたって鉄砲や拳銃、弾薬、剣といった武器、そして甲冑などを製造していたフランスの鉄砲工です。

「鉄砲工とは作品を構想し、職人の手を導く芸術家である」とは、3代ジャン・ル・パージュの言葉。創業時よりヨーロッパじゅうの王侯貴族、ルイ15世以降の国王と皇帝、そしてフランス全土の君主たちの寵愛を受け、ルイ16世のために作製された精好な彫刻がある猟銃は、パリ・マレ地区にある狩猟自然博物館に。

現代紳士のアイコンバッグ「フォレルパージュ」

レザートードバッグ

「エカイユ」をプリントし、さらにコーティングをかけた伝統のキャンバス生地によるトートバッグ。軽さと丈夫さ、クラシカルなムードとモダンな使い勝手を兼ね備えた名品だ。全アイテムは写真のブラウンほか、グレー、ブルー、グリーン、レッドと計5色展開。ピストル型のポーチや、甲冑型のアクセサリーなど、小粋な装飾もパリのメゾンならでは! 横41×縦32×マチ20㎝。バッグ¥127,000・ポーチ¥41,000・アクセサリー¥28,000(フォレ ル パージュ銀座店)

シルバーにゴールドで厚くコーティングを施した、ヴェルメイユ(メッキ)によるナポレオンのサーベルと、ナポリ王ヨアヒム・ミュラの瑪瑙とマザー・オブ・パールがセットされたソード(両刃の剣)は今、マルメゾン城美術館に所蔵展示。また、7代にわたるル パージュの当主より王侯貴族に献上された美麗な武器のいくつかは、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館やメトロポリタン美術館でも見学できるそうです。ビジネスをクラスアップさせる名品バッグ

写真上/ブリーフケース・ショルダーストラップ付きブリーフケースという無粋になりがちなデザインも、〝フォレ ル パージュ〟にかかればここまで洒脱に。内容物を守る、しっかりしたつくりも魅力。横36×縦27×マチ8㎝。¥233,000(フォレ ル パージュ銀座店)写真左/クラッチバッグ・クラシックな書類ケースを思わせる、クラッチバッグ。クッション入りなので、タブレット端末の持ち歩きにも便利だ。横35×縦24㎝。¥88,000(フォレ ル パージュ銀座店)写真下/カードケース・表地には「エカイユ」のキャンバス、裏地には上質なレザーを使った贅沢なカードケース。華やかな色をそろえたい。横10.7×縦7.5㎝。各¥35,000(フォレ ル パージュ銀座店)

鉄砲師、錬鉄師、鋳造職人、溶接職人、錠前職人、研磨師、彫刻家、塑造職人、鋳型職人、彫金師、象嵌職人、金箔師、馬具職人、ケース職人、皮革職人、金銀細工師、宝飾技術者らの才能を統括し生産される逸品は、王侯貴族だけのものではありません。

1789年に勃発したフランス革命、1830年のフランス7月革命において、ル パージュの当主は革命軍へありとあらゆる種類の武器や弾薬を配布。芸術家として自由のために闘う市民を支持しました。

フランソワ=ルネ・シャトーブリアン、オノレ・ド・バルザック、アレクサンドル・デュマといった作家たちは、自著にル パージュの名を挙げて賞賛しました。

19世紀のフランス文学の隆盛は、革命によりもたらされた自由の高まりに起因するといいます。芸術は自由の味方。ジェン=ピエール・ウーエルの絵画『バスティーユ襲撃』に描かれている革命軍が手にする銃も、ウジェーヌ・ドラクロアによる『民衆を導く自由の女神』の中央の女性、少年、シルクハットの男が持つそれらもル パージュ製なのだろう、と想像をめぐらしてしまいます。

1925年、フォレ ル パージュの名で会社組織に改組。約10年前まで狩猟用の銃は製造していましたが、現在ではケース、バッグに特化したメゾンに。創業時より革細工の技術も心得ており、納品の際に付属品として必要であったことからケースやバッグにかんしてもオーソリティ。バッグは武器を収納し、弾薬や食糧に獲物、ブーツなどの備品を持ち運ぶ役割がありますから。

レザーコレクションはベルトにつける弾薬用ポーチ、大小の雑囊、バケツ型の弾薬入れから派生した使い勝手のよいものがメイン。少し蠱惑的な甲冑のエカイユ(うろこ)モチーフををキャンバス地にプリントし、コーティングした素材は軽量で丈夫なうえに防水性もあります。メゾンの狩猟用革製品に使われてきたもので、フォレ ル パージュ300年の歴史、その延長線上にある逸品なのでした。文・大住憲生(ファッションディレクター)

※価格はすべて税抜です。※2017年春号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2017年春号 フランス貴族の魂を継承したフォレル パージュ伝説より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー) スタイリスト/武内雅英(code)構成/山下英介