旅先のホテルで一息、ビーチで時間を忘れてのんびり過ごす。ひとりの時間でも決して隙を見せてはならないのが大人の男である。もしかしたら現地人から夜会のお誘いがあるかもしれない。そんな時、焦ることのないよう準備を怠らないことが大切だ。

リゾートでこなれた男になるためのアイテムリスト

万能ニットポロ1枚であらゆるシーンに対応!

写真左からスカーフ¥46,000(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン パープル レーベル〉)スカーフの上に乗ているボウタイ各¥12,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)タイ¥14,000・¥12,000・¥14,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)ニットポロ¥66,000(クルチアーニ 銀座店〈クルチアーニ〉)スニーカー¥69,000(リエート〈サントーニ〉)ラベンダーシルクサシェ各¥4,800(サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉)

 リゾートスタイルの定番といえばニットポロ。気軽に街を散策するのも、ロビーでくつろぐにもちょうど良い。ちょっとした夜会に呼ばれたならリゾート感のあるストールやネクタイ、現地のドレスコードに合わせて首元を飾るのがいいだろう。ふんわりと高貴な香りが漂うよう、前もってポプリを仕込んでおくのがポイントだ。

どこでもOK!なトラベルパンツでスマートな立ち振る舞いを

写真左からサンケアクリーム SPF20¥5,500・エマルジョンハーブスプレー¥5,900(サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉)メガネ¥55,000・クリップ¥14,000(サンライズ〈バートン ペレイラ〉)トラベルスラックス¥37,000(スローウェア ジャパン〈インコテックス〉)サウンドリンク マイクロ Bluetoothスピーカー¥12,750(ボーズ・オンラインストア〈ボーズ〉)ハット¥95,000(ボルサリーノ ジャパン〈ボルサリーノ〉)スイムウェア¥26,000(リディア〈セーフ ミラノ〉) ボードショーツ¥29,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈オールバー・ブラウン〉)

 ファーストクラスの機内でも恥ずかしくないインコテックスのトラベルパンツを、大胆にもプールサイドで着こなす。そんな贅沢が許されるのは、ひとり旅の特権だろう。そのうえ、困っているレディの手助けも考えなくてはならない。男とは忙しい生き物なのだ。レディの一番の大敵である日差しと虫対策には、サンタ・マリア・ノヴェッラのサンケアと虫除けスプレーを。

身だしなみにはとことん気を使う

写真左からグルーミングキット¥25,000・¥18,000(エスディーアイ〈ハンマン〉)ジャスミン サンバック & マリーゴールド コロン インテンス 50ml¥14,000・ブラック シダーウッド & ジュニパー コロン 30ml¥8,000(ジョー マローン ロンドン お客様相談室〈ジョー マローン ロンドン〉)ザ・リップバーム●9g¥6,000(ドゥ・ラ・メール お客様相談室〈ドゥ・ラ・メール〉)

 旅先でも爪やヒゲなどの手入れは欠かせない。日常生活でも行なっている基本を旅先でも当たり前に行うことが、一流の旅人の条件だ。ホテルのアメニティに頼っているようでは、まだまだ。トラベルグッズを整然と並べた化粧台は、男が輝くための秘密の楽屋なのだ。

以上、リゾートな旅で役立つアイテムを紹介した。こなれた男を目指すなら、これくらいはしっかりと揃えておきたい。

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
星 武志
STYLIST :
石川英治(tablerockstudio)
TAGS: