凛と女らしいおしゃれに導いてくれる「ジル・サンダーの白シャツ」

織りに表情のあるハードピケ生地をたっぷりと使用した白シャツ。身ごろから袖口にかけ、ブロックを描くようにあしらわれたはしごレースが、軽やかな抜け感を演出。リラックス感のあるゆったりとしたシルエットながら、襟元がマニッシュなバンドカラーだから、きりりと女らしい印象に。シャツ¥124,000(税抜)

「私にとっておしゃれに最も欠かせない定番アイテム、それが白シャツです」と断言するスタイリストの望月律子さんは、「ここ20年近く、デイリーシーンでいちばん活躍しているといっても過言ではないかもしれない」といいます。

その理由は、ビジネスではもちろん、フォーマルにも、そしてカジュアルにも対応する万能さにあるとか。「合わせで冒険しても必ず受け止めてくれる、頼れるパートナーのような存在です」

なかでも「ジル・サンダー」の白シャツは、モード感のあるおしゃれが楽しめるだけでなく、着るだけで大人の品格を与えてくれるので、絶対的な信頼を寄せているブランドだとか。

「今季登場したこのバンドカラーシャツは、ハンガーにつるされているときはごくシンプルなのに、袖を通した瞬間、ハッとするような美しいシルエ ットが生まれ、一枚で華やぎオーラを放つ……。着るたび、その着映え力と存在感に気分が上がり、究極の名品だと実感します」

細部までこだわりを感じさせる「究極の洗練美」

後ろ身ごろにはギャザーが施されており、襟元からふんわりと広がるシルエットがエレガント。前から見るマニッシュな雰囲気とは対照的なところも魅力
程よくハリのあるハードピケ生地を使用。部分的にあしらわれた繊細なはしごレースが、初夏にふさわしいさわやかな印象を授けて

おしゃれのプロであるスタイリスト望月律子さんが「着るだけで大人の品格を与えてくれる!」と信頼を寄せる「ジル・サンダー」の白シャツは、一枚あると重宝しそうです。これから新調してみるのはいかがでしょうか?

問い合わせ先

この記事の執筆者
雑誌『Domani』など、女性ファッション誌を中心に活動中。ベーシックでいながら洗練されたスタイルが人気。トークイベントやブランドとのコラボアイテムの開発など、活躍の場を広げている。著書『望月律子のBASIC THEORY』(ワニブックス)が好評発売中。
公式サイト:公式ブログ「Ritsuko's Styling Theory」
PHOTO :
小池 紀行(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
小林 綾、小林桐子(Precious)
RECONSTRUCT :
石原あや乃