1941年に創業した、アメリカを象徴するバッグブランド、コーチ。こちらが創業75年を迎え、満を持して発表したのが『アーカイバル リュックサック』である。その魅力は写真を見れば一目瞭然だが、とにかくレザーに尽きる!

男が理想とするコーチのレザーグッズ

高級野球グローブ

グローブ¥56,000(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)※参考価格

野球グローブと同じ強度を誇る「グラブタン・レザー」というカウハイドは、使い込めばまさしく年季の入ったグローブばりの味わいを醸し出す、男にとって理想のレザー。

『アーカイバル リュックサック』

縦43×横36×マチ12㎝。¥120,000(コーチ・カスタマーサービス・ジャパン)※参考価格

しかも注目すべきは、そんな素晴しいレザーをボディのみならず、バックストラップや裏地、ハンドル、開口部のドローコードといった、通常なら異素材を使う部分にまであしらっている点である。そんな贅沢極まりないレザー使いに加え、コバや縫製など細部にわたる丹念な手仕上げによって完成したこちらのリュックは、360度どこから見ても隙のない、完璧な造形美を誇っている。加えて単に郷愁を誘うだけでは終わらない、シンプルかつモダンなデザインも見事。モノにこだわる男のロマンと、現代を生きるためのセンスを兼ね備えた、唯一無二のリュックサック――。こんな名品がそばにある日々は、それだけで豊かな生活といえまいか。

紳士にふさわしいリュックサックは絶対にある。そして、その数少ない存在のひとつこそ、コーチの『アーカイバル リュックサック』なのである。

※価格はすべて税抜です。※2016年夏号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2016年夏号 ジェントルマン・リュックの理想像を発見!より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/小池紀行、宗高聡子(パイルドライバー) スタイリスト/村上忠正 構成/山下英介(本誌)