「ペンで書いたものが、そのままデジタルデータになればいいのに…」。そう思ったことはありませんか?

書き留めたメモがそのままテキスト化できたり、さっと描いたイラストがPDF化できたら、とてつもなく便利ですよね。高級筆記具を筆頭に世界的に名を馳せている名門ブランド・モンブランから、そんな要望をかなえる夢のようなノートが登場!

いてもたってもいられず、実際に使わせてもらいに行ってきました。

モンブラン『オーグメントペーパー』¥77,000(税抜)

最新技術による画期的なノート。でも、使い方はとっても簡単!

ノートの名は、『オーグメントペーパー』。専用ボールペン&ノートで書いた文字やイラストが、ボタンひとつで瞬時にデジタル化されるという優れものです。

モンブラン『オーグメントペーパー』センサー部分

電磁誘導技術を採用したセンサーがノートとボールペンに内蔵され、その連動によって情報を記憶するという、画期的な仕組みが採用されています。

ふたつのセンサーが同時にシグナルを送受信することで、ボールペンの位置やタイミング、筆圧の強弱などを瞬時に計算してくれます。

モンブラン『オーグメントペーパー』全体図

そんな技術を内包しながら、見た目はいたってシンプルで高級感のあるノートとボールペン。そのうえ、使い方もとても簡単です。

普段使用しているモバイルデバイス(iPhone、iPad、Androidスマホなど)に、専用アプリケーションをダウンロードし、Bluetooth経由で『オーグメントペーパー』とリンクさせるだけで、セットアップは完了。

あとは、モンブランならではの書き心地のよいボールペンで、専用ノートに書き込むだけです。

モンブラン『オーグメントペーパー』に書いてみた様子

文字やイラストを書いたら、早速データ化してみましょう。スマホへの転送は、右側のボタンを押すだけ! 専用アプリケーションに、データが転送されます。転送されたデータは、アプリ上でさまざまな形式に書き出すことが可能。

たとえば、書いた文字をテキスト化して保存したり、イラストをPDF化してメールで送信、といったことまで、それぞれのデータの種類に合わせて自由自在に行うことができます。取り込んだ別々のデータを、重ね合わせることもできます。

実際に使ってみた動画がこちら! 手書きした「LIVErary.tokyo」のロゴを、データにしてみると…。

 

手書き文字がデジタルデータになるという近未来的な、いや未来を創ってしまったモンブランの『オーグメントペーパー』。

書き留めたアイディアやインタビューの文字起こしをしたり、思わず描いたスケッチやイラスト、似顔絵をデータ化してMacで色づけ作業をしたり。仕事の頼れる相棒として、趣味の幅を広げるツールとして、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.9.28 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
撮影・文/難波寛彦