夏ファッションのお手本にしたいスタイル20選。パンツやカジュアルテイストでまとめたファッションや、海外セレブの洗練されたファッションなど、この夏のおしゃれに役立ててみてください。

【目次】

パンツでつくるレディース夏ファッション


【1】オレンジパンツ×白ブラウス

【1】オレンジパンツ×白ブラウス
シルクのブラウス(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、パンツ(キートン)、シルバーのリング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、ブレスレット(ストラスブルゴ〈ハム〉)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

迷いのない大胆な配色で、凛として、すっきりした印象派美人に。鮮やかなオレンジは、夏を象徴する差し色です。これから出番が増えるシンプルな白シャツ×パンツスタイルに投入すれば、どんなに暑くてもシャキッと前向きな気分になれます。

【2】ベージュワイドパンツ×白チュニック

【2】ベージュワイドパンツ×白チュニック
ニット・パンツ(Theory luxe)、イヤリング(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

歩くたびにサイドスリット部分がひるがえり、涼やかなオーラを振りまく白いニットチュニック。いつもなら細身パンツと合わせていたロング丈のトップスも、しなやかなベージュのワイドパンツに替えるだけでこんなにも新鮮な印象に! パンツの色味よりワントーン濃いサンドベージュのスエードバッグを添えれば、だれもが心惹かれるクリーミーグラデーションが完成します。

【3】ブラウンワイドパンツ×白ブラウス

【3】ブラウンワイドパンツ×白ブラウス
ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、ワイドパンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(エストネーション〈グーセンス パリ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ハリのあるコットンブラウスは、一枚でメリハリ美人へと導く、リボンベルト付き。肉感を拾わない、地厚なワイドパンツと組み合わせることで、期待以上の脚長効果も発揮してくれます! ブラウスにはサイドスリットが施されているため、裾をアウトにしても重たく見えません。

【4】白テーパードパンツ×ベージュブラウス

【4】白テーパードパンツ×ベージュブラウス
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

体の線を強調しすぎないリネンコットンのブラウスをインすれば、テーパードのシャープなシルエットが生きて、すっきりとしたかっこいいスタイルが完成します。パンツの色とリンクした白いパンプスがスリムなラインを強めてくれます。

【5】ネイビークロップドパンツ×ネイビーブラウス×白ロングジレ

【5】ネイビークロップドパンツ×ネイビーブラウス×白ロングジレ
ジレジャケット(三崎商事〈マロ〉)、ブラウス・パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きちんと感を意識して、トップスとボトムをネイビーで統一。知的なワントーンに沿うよう、白のロングジレを合わせた額縁効果で、心なしかいつもよりスリムに見えます。 旬のカジュアル感に加えて品格も備えたジレは、クールな夏のオンスタイルの新戦力に。合わせるバッグも小ぶりでクリアな白を選んで色数を抑え、クールな印象へと導きましょう。

【6】黒ガウチョパンツ×ブラウンノースリーブ

【6】黒ガウチョパンツ×ブラウンノースリーブ
トップス(wb)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(ゲストリスト〈ルチェンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

定番となった黒のガウチョパンツも、こっくりとしたシナモンブラウンのトップスを合わせれば、ひと味違った着こなしに。ノースリーブでクール感を保ち、シックな洗練配色のコーディネートを完成させましょう。白小物を小気味よく効かせるのもポイントです。

カジュアルにまとめるレディース夏ファッション


【1】白ブラウス×ヤシの実柄パンツ

【1】白ブラウス×ヤシの実柄パンツ
パンツ(エム〈サカヨリ〉)、ブラウス(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、イヤリング・バングル(デペッュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

わけもなく楽しい気分になる、ヤシの木のモチーフをプリントしたワイドシルエットのパンツ。コットンのプルオーバーブラウスに合わせて、ゆったりとしたカジュアルを満喫しましょう。

【2】白ブラウス×イエローパンツ×白ブルゾン

【2】白ブラウス×イエローパンツ×白ブルゾン
ブルゾン・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ)、 時計『キャプテン』(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

郊外に出かける日は、緑の木々や青い空にもなじむ、優しいトーンの装いで。足に快適なベージュのモカシンやホワイト系の大ぶり時計など、効かせる小物まで淡いトーンでまとめると、ラグジュアリーなかっこよさが際立ちます。

【3】ライトブラウンシャツ×白パンツ

【3】ライトブラウンシャツ×白パンツ
靴『シグニチャーローファー』(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉)、シャツ(ビームス ハウス 丸の内〈フィナモレ〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

エクスクルーシブなスエード素材の白のローファーを選んだら、カジュアルな着こなしがグレードアップ。フィット感抜群で足に吸いつくような、フレンチクラシックなシューズです。

【4】黒ナイロンパーカー×黒パンツ

【4】黒ナイロンパーカー×黒パンツ
アウター・時計(ルイ・ヴィトン)、自転車(日直商会〈DE ROSA NUOVO CLASSICO〉)、パンツ/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

白のラインがスポーティーな印象を放つ、フード付きナイロンパーカー。『モノグラム』パターンが施された、ドローストリングがアクセントになっています。ソフトな肌触りだから、長時間着ていても疲れ知らずです。

【5】ブルーブラウス×白パンツ

【5】ブルーブラウス×白パンツ
ブラウス・パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、靴(ピエール アルディ東京)、テーブルの上に置いたバッグ(バリー 銀座店) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ロイヤルブルーの目の覚めるような華やぎは、どんな着こなしも一新させるほどのパワーが。白のクロップドパンツですっきりと仕上げれば、主役のブラウスの魅力をさらに引き立ててくれます。足元は、フラットなトングサンダルを合わせ、往年のセレブリティーたちのバカンススタイルを意識しましょう。

【6】ベージュニット×白ワイドパンツ×ハット

【6】ベージュニット×白ワイドパンツ×ハット
サンダル『レーガン メタリック』(デッカーズジャパン〈アグ〉)、ニット・パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、バングル・ピアス(ケイテン)、バッグ(チェルキ〈A&N〉)、帽子/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ゴールドラメのニットに、クリーミーなサテンのワイドパンツ。そんな上質カジュアルを洗練に導くのが、ゴールドメタリックレザーのウェッジソールサンダルです。ストラップの女らしさとソールのボリューム感のバランスが絶妙。プラットフォームだから、ヒールの高さを感じさせない安定感も魅力です。

【7】白チュニック×ベージュパンツ

【7】白チュニック×ベージュパンツ
ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

白からベージュへとつなげるニュアンスグラデーションは、かつて映画で観て憧れを抱いた、N.Y.マダムのこなれたリッチカジュアルをイメージ。仕上げにゴールドジュエリーを加えた、絶妙な配色バランスで洗練コーディネートが完成します。

【8】白ブラウス×黒パンツ

【8】白ブラウス×黒パンツ
ブラウス(キートン)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、リング(ポメラート・ジャパン)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

取り入れるだけで即、今どきの抜け感をつくり出す黒のガウチョパンツをチョイス。やわらかな白のシルクブラウスを合わせた着こなしで、くだけすぎず、大人の余裕あるカジュアルに仕上がります。

海外セレブから学ぶレディース夏ファッション


【1】白ブラウス×ブラウン柄スカート

【1】白ブラウス×ブラウン柄スカート
落ち着いた印象ながら軽快さも生む、明るめのブラウンがおすすめ

コーディネートにシックな洗練を運んでくれる、明るめのブラウン系カラー。「単色のアイテムだと難しい」と感じる人は、オリビアのように柄MIXのボトムで取り入れてみて。トップスに上品な淡色ブラウスを合わせれば、ONスタイルにも、OFFスタイルにも対応が可能です。

オリビア・パレルモ流、オシャレ上級者は「色とバッグ」で今すぐ秋スタイルに

【2】マスタードワンピース×バッグ

【2】マスタードワンピース×バッグ
仕事シーンに必須なのは淑女なワンピース

好感度アップを狙うなら、お仕事シーンで活躍する「淑女なワンピース」が必須。仕立ての良いレザー小物と合わせて品の良さを感じさせて。どこか物足りなさを感じるときには、記憶に残る「赤い口紅」で色づけするのを忘れずに。

配色でトレンドを先取る「マスタードカラー」の攻略法

【3】白Tシャツ×白スリットスカート

【3】白Tシャツ×白スリットスカート
膨張色でスタイルアップするには「肌見せ」バランスが最重要ポイント。

不動の人気を誇るのは、清楚なイメージのある「オフホワイト」スタイル。暑い夏を爽やかに過ごせるだけでなく男性ウケがいいのも人気の理由のひとつです。ここで注意したいのは、全体的に膨張して見えないよう、適度な肌見せを意識すること。シンプルな「白Tシャツ」スタイルを女性らしく格上げるだけでなく、脚長効果も発揮できるスリットデザインを積極的に取り入れましょう。

普段着にならない「白Tシャツ」の着こなし術3選

【4】ミリタリーシャツ×デニムパンツ

【4】ミリタリーシャツ×デニムパンツ

カジュアルの王道、デニムパンツをミリタリーに着こなすなら、小物使いが非常に重要な鍵となります。まずは、女らしさが際立つALBERTA FERRETTI(アルベルタ フェレッティ)のスリッパをセットし、足元に今っぽさと女らしさを加えて。遊び心がありながら容量も入るかっちりしたカゴバッグで、ONスタイルにも対応できる大人の配慮を。カジュアルすぎない小物選びで、おしゃれに見せながら清潔感をキープするのがいいバランスです。

海外セレブに学ぶ、ミリタリーをレディに着る方法

【5】白トップス×ベージュプリーツスカート

【5】白トップス×ベージュプリーツスカート

シルキー素材のトップスにフェミニンなプリーツスカートを合わせた、品格あるご令嬢スタイル。非の打ち所のない清楚な大人コーデのお手本ですが、実は主張し過ぎないよう馴染ませた「茶色」の配色がスタイルアップの鍵に。アーバンさも感じさせる生真面目過ぎないオフィススタイルは、好感度アップ間違いなしです!

大人の女性が華やぐ、ヌードカラー攻略法を教えます

【6】白ワンピース×白シャツ

【6】白ワンピース×白シャツ

N.Y.のオシャレマダムといってまず思い浮かぶのは、高級百貨店、バーグドルフ・グッドマンの女帝ともいえるリンダ・ファーゴではないでしょうか。鮮烈のホワイトワンピースにシャツを一枚はおっただけの、実はとてもシンプルなコーディネートなのですが、腰位置でシャツを結ぶなど独自の視点でアレンジを加えることで、こなれ感が醸し出されています。彼女のパーソナリティを映し出すかのような、自由な着こなし術です。

【大人コーデ】洗練されて見える夏の「ホワイト」コーディネート10選