40代、50代の大人の女性に愛読者が多い女性誌『Precious』が、読者500人に対し「美容に対する意識」についてのアンケート調査を行いました。本調査では、肌のたるみやシワ、くすみなどに対して、マダムたち、キャリア女性たちがどのような対処を行っているのか?を、深堀り。その結果、スキンケア、ベースメイク、ポイントメイクなどで「これを愛用しています」というアイテムがはっきりと見えてきたのです。

常に"アンチエイジングの真実と最新情報"を追ってきた『Precious』、確かな審美眼をもつその愛読者たちが溺愛する名品ベスト3を、5つのジャンルごとに発表いたします。どのブランドの、どんなコスメがランクインしているのか? ぜひご注目ください。

若返りコスメグランプリ

「たるみ」「毛穴」「シワ」「くすみ」「シミ」に効くコスメ・ベスト3

>>【たるみケア編】脂肪もむくみも老廃物も! 本格的なたるみケアはこの3品で
>>【毛穴ケア編】翌朝には毛穴が目立たなくなる、優秀な毛穴ケアコスメはこれ!
>>【シワケア編】大人の女性の「シワ」を解消
>>【くすみケア編】難攻不落なくすみを攻め落とす名品コスメ
>>【シミケア編】この3大シミ消しコスメなら、肌が若返る!

流行に惑わされずに未来肌への投資にふさわしい効果実感が確実な名品を選ぶ傾向あり

今回、美容アンケートにお応えいただいた、500人のプレシャスキャリアの方々の「美しさを保つためにしていること」への質問の回答を分析すると、前向きに仕事に取り組み、多忙だけれど充実した日々を送っていることが垣間見えます。

そして共通するのは、”コスメオタク”ほどには偏っておらず、肌・心・体の良好なバランスを考え、ストレスをためないために定期的にジムに通う、ヨガやピラティスに通う、体によい食事を取り入れるなど、「美容」というひとつのカテゴリーに縛られず、ライフスタイル全般を向上させる、高い美容意識が感じられました。

 

美しく歳を重ねるか、一気に衰えるか…分岐点の年齢は45.1 歳! 美容意識をなくすと、一気に転がり落ちて老け印象になる年齢。だからこそ上質なコスメでのお手入れは必須の世代。肌環境の過酷さが増してきたせいか、敏感肌が増加! 2015年は14%だった敏感肌が倍以上に増えている結果に。それだけ肌環境は厳しくなったのか、ケア不足なのか…機能派コスメの効用!? お手入れの時間が朝晩ともに短縮化年々お手入れ&メーク時間が短くなる傾向に。もしかして多忙を理由に手抜きになってきているのかもしれません…。高価格=高効果を実感している!? 月々の投資額が増加47,900円。好景気でもないのに美容投資額がアップしている理由は、 少々高くても本当に効くものを選びたい、という女心の表れです。日々の生活の豊かさが人生のクオリティを上げ、その結果が肌を輝かせることを、多くの人が実感しているからでしょう。

各対処法ごとにランクインしているコスメは、大人の肌への投資にふさわしいものばかり。もし、まだ知らずにいるコスメがあるならば、自分の肌で体験を。今の肌が変われば、未来の肌はもっと変わる、その感動を味わってみてください。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.7.3 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。