女性が喜ぶ、ヘルシーで美容にもいい素材を使い、食卓を華やかに彩るオシャレな料理で大人気の料理家・寺井幸也さんが教える、自宅でも簡単にできる「幸せレシピ」連載。

【これまでの#幸也飯「幸せレシピ」連載はコチラ!】

6月の第1回目は、映画の現場やイベント時のケータリングで大人気の、見た目もオシャレな「パプリカとホワイトアスパラの冷製スープ」のつくり方を教えていただきます。

ハンドブレンダーひとつでお手軽&簡単にできて、食卓をぐっと華やかにしてくれる冷製スープはホームパーティーにも最適です。

動画で観る、色鮮やかな「夏野菜の冷製スープ」のつくり方

■材料(2人分)

パプリカとホワイトアスパラの冷製スープの材料

・ホワイトアスパラガス 4本
・赤パプリカ 1個
・生クリーム 100ml
・牛乳 200ml
・コンソメ(キューブ) 1個 
・塩こしょう 少々
・イタリアンパセリ 適宜

■つくり方(2人分)

ホワイトアスパラガスの皮をむく

(1)ホワイトアスパラの根元1〜2㎝を切り、ピーラーで下半分の硬い皮をむく。3cm幅に切り、沸騰した湯で2〜3分ゆでる。

赤パプリカを切る

(2)赤パプリカを縦半分に切り、中の種を取り除く。乱切りにする。

材料を混ぜる

(3)(1)のホワイトアスパラと(2)のパプリカ、生クリーム、牛乳、お湯で溶いたコンソメを容器に入れ、ブレンダーでなめらかになるまで混ぜる。

*コンソメを溶かすお湯の分量は、コンソメの10倍を目安に(コンソメが10gならお湯は100g)

ざるでこす

(4)(3)をざるでこしながら、小鍋に流し入れる。

スープを温める

(5)(4)を弱火でじっくり温める(沸騰させないように気をつける)。温まってきたら塩こしょうで味をととのえ、火を止めてあら熱をとる。器に移しかえ、冷蔵庫で冷やす。

『パプリカとホワイトアスパラの冷製スープ』の完成図

(5)仕上げにイタリアンパセリを添えたら完成。

時短で美味しくつくれる!ハンドブレンダーの魅力とは?【動画】

食べた人が笑顔になる♯幸也飯の「幸せレシピ」連載。6月第1回目は、食べるだけでキレイになれる、「パプリカとホワイトアスパラの冷製スープ」をご紹介しました。ホームパーティーやピクニックに喜ばれる、色鮮やかなスープレシピは、ブレンダーがあれば簡単&手軽にオシャレな1品になるので、動画を見ながら実際につくってみてください。

■読者プレゼント詳細

Panasonicのハンドブレンダー「MX-S301」

今回は、幸也さんが実際に使用した、スープやドレッシングづくりに便利なパナソニックのハンドブレンダー「MX-S301(実勢価格¥17,000前後)」を、1名様にプレゼントします。

「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立て」ができる1台4役のブレンダー。下ごしらえから仕上げのまでの一連の作業が手軽にできるので、いつもの料理の幅がぐんっと広がるはず。こちらのアンケートに答えて、ぜひ応募してください!

※実際につくった方は、ぜひ、インスタグラムで「#幸也飯つくってみた」をつけて投稿してください!

この記事の執筆者
「幸也飯」代表。素材を存分に活かした独自のアイディア満載の料理は、見た目も華やかでセンス抜群。ファッション業界や人気モデル達にも絶大な支持を得ている。2017年12月13日には初のレシピ本『幸也飯 彩り映える・おもてなしのつくりおき』(辰巳出版)を発売。https://www.instagram.com/yukiya.terai/?hl=ja
MOVIE :
大槻誠一
COOPERATION :
インソムニア 赤坂
WRITING :
広瀬蒼乃
EDIT :
石原あや乃