夏のシャツワンピースコーデまとめ。ワンピースとしてそのまま着こなしても、上着としてはおる着こなしとしても活躍するシャツワンピース。夏の爽やかなおしゃれの参考に、ぜひシャツワンピースを取り入れてみてください。

夏のシャツワンピースコーデ


【1】ブルーシャツワンピース×白ブラウス×白パンツ

【1】ブルーシャツワンピース×白ブラウス×白パンツ
ワンピース・パンツ(キートン)、ブラウス(サポートサーフェス)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、スカーフ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

色出しが難しいといわれている、黒に限りなく近いミッドナイトブルーのワンピースを主役に。あえてフロントのボタンを外したコート風の着こなしは、インに着たクリアな白の上下がポイントになります。

【2】ネイビーシャツワンピース×ネイビーワンピース

【2】ネイビーシャツワンピース×ネイビーワンピース
オールシーズン対応のウールのシャツワンピース・リネンのノースリーブワンピース・バッグ(Nobuko Nishida)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

「ネイビー」の濃淡を重ねて、さらにバッグでグリーンがかった色味を差す。絶妙なグラデーションを奏でる着こなしが、「ネイビー」に奥行きを与えてくれます。異素材で丁寧に重ねることも、ロング丈のネイビーを軽やかに見せる秘訣です。

【3】ネイビーシャツワンピース×バッグ

【3】ネイビーシャツワンピース×バッグ
ワンピース・バッグ(ランバン ジャパン)、リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

グレーがかったネイビーが一段と気品ある装いへと導いてくれるノーカラータイプのシルクワンピース。細身のシルエットながら体のラインは拾わず、袖に施された多数のタックやウエストのリボンのあしらいが、シルク生地が生み出す美しいドレープをより強調してくれます。シンプルを追求したシックな装いには、辛口なパイソン柄のクラッチバッグを合わせてほんのりエッジを効かせましょう。まじめなネイビーで終わらせない、おしゃれ賢者の心意気が光ります。

【4】ストライプシャツワンピース×バッグ

【4】ストライプシャツワンピース×バッグ
ワンピース(トリー バーチ ジャパン)、バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

グリーンストライプの効いたシャツワンピースは誰からも好感を得る優秀アイテム。ウエストのベルトがきちんと感を生むポイントです。

【5】イエローストライプシャツワンピース

【5】イエローストライプシャツワンピース
ワンピース(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

王道のマリンのイメージとはまた違う、色鮮やかなストライプも今季の注目株。みずみずしいイエロー&白のストライプが、縦に、斜めに配されて、躍動的で華やかな印象に仕上がります。シルクベースの艶やかでハリのある素材もワンピースのシンプルなシルエットを引き立てて、ドラマティックな美しさを醸し出します。

【6】ブラウンシャツワンピース×バッグ

【6】ブラウンシャツワンピース×バッグ
ワンピース・ベルト・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大地の色を思わせる赤味の強いブラウンは、生き生きとした躍動感を印象づけてくれるパワフルな色。張りのあるコットンのシャツワンピースで取り入れることで、アクティブさももたらしてくれます。今季の特徴であるレースアップが袖口にあしらわれ、ハイセンスなアクセントに。

【7】黒シャツワンピース×ベルト×ハット

【7】黒シャツワンピース×ベルト×ハット
ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ベルト(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈カミンスキーXY〉)、ブレスレット・チャーム(エルメスジャポン)、トラベルケース(グローブ・トロッター 銀座)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ベルトとサンダルのレザーで効かせたタンカラーが黒にメリハリを与えて。シンプルながらもリッチ感のあるスタイルへと導いてくれます。

【8】白シャツワンピース

【8】白シャツワンピース
ワンピース・ネックレス・靴/参考色(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

光に透けるコットンオーガンジーのシャツワンピースをまとい、さわやかな風を全身で感じて。ワンピースはシンプルでありながら、小さな襟や長めのカフスに旬が詰まった心にくいデザイン。そして、ボリュームのあるたっぷりとした裾が、なんともドラマティックです! 胸元や足首で光るゴールドがピュアな白を引き立てて。

【9】ネイビーシャツワンピース×ハット×スカーフ

【9】ネイビーシャツワンピース×ハット×スカーフ
ワンピース(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、帽子(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン×ジェームス ロック〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト・バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(ヒラオ インク〈ロベール クレジュリー〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビーのシャツワンピースは、出番の多くなるアイテム。明るいコントラストを描く、イエローのトートバッグで、目にも鮮やかな配色に仕上げましょう。そこに、白いレースアップ靴を合わせ、抜け感を加えるのが今年の流儀です。

【10】黒シャツワンピース×白タンクトップ×デニムパンツ

【10】黒シャツワンピース×白タンクトップ×デニムパンツ
ワンピース(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、タンクトップ(Theory luxe)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ベルト(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ネックレス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

さらりとはおったシャツワンピースにリズムをもたらすのが細ベルト。シャツワンピースのウエスト位置のボタンを留め、ロープベルトでアクセントをつけて、Xシルエットに。重心が上がり、すらりと見える効果があります。

【11】ストライプシャツワンピース

【11】ストライプシャツワンピース
コットンワンピース(セリーヌ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ブラックに潔い白のストライプが効いた、ハリのある厚手のコットンワンピース。オーバーサイズのワンピースは、リラックスした気分でさっとまとうだけで、ラグジュアリーな雰囲気になります。シンプルで知的、さらに洗練されていながら大人の女らしさが香る…そんな理想のおしゃれを、ストライプで実現しましょう。