フランスメゾン、エルメス(HERMÈS)が、7/11(水)より観客参加型の展覧会を、国立新美術館で開催しています。映画の撮影スタジオのような雰囲気のなか、現代女性をテーマとしたエルメス独自の世界観を堪能することができます。

映画の撮影現場を彷彿させる会場で、「時」や「空間」そして「季節」をも超える特別な体験を

ARTISTIC DIRECTION:LAURE FLAMMARION | PHOTOS:ISAAC MARLEY MORGAN

常に時代の先をゆく女性に寄り添い、新しいクリエーションを提案しつづけてきたエルメスが贈る観客参加型展覧会『彼女と。』。ひとりの「作家」が、ある女性「彼女」の存在感とアリュール(「人を惹きつける力」の意)に魅了され、その存在を追いかけるところから物語は始まります。「彼女」は自由で絶対的、そしてどことなくミステリアスな雰囲気をもち、感情豊かで情熱的に今を力強く生きる女性。それはまさに、エルメスが思い描く現代の女性像なのです。

エルメスが贈る観客参加型展覧会『彼女と。』

ARTISTIC DIRECTION:LAURE FLAMMARION | PHOTOS:ISAAC MARLEY MORGAN

展覧会では、広大な映画の撮影スタジオのような雰囲気のなかで、「作家」とともに会場内をめぐり、「彼女」の姿を追い求めます。「彼女」をよく知る人物たちとの出会いや、「彼女」を断片的に捉えた映像、さらに、会場内に点在する「彼女」が愛用しているエルメスのオブジェを通し、その人物像が徐々に明らかに。果たして「彼女」と出会うことはできるのでしょうか。

エルメスの独自の世界観を、シネマ的アプローチを通して感じることができる展覧会『彼女と。』。ほかにはないインタラクティブな体験を、この夏はぜひ国立新美術館で!

【関連記事:作家・朝吹真理子さんが譲り受けたエルメスの名品バッグ「ケリー」】

問い合わせ先

  • 彼女と。 
  • 会期/2018年7月11日(水)~7月30日(月)  
    会場/国立新美術館 企画展示室2E
    開室時間/10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00まで)
    休館日/毎週火曜日
    観覧料/予約制・無料(予約は上記URLにて6月20日11:00より受付開始)
  • TEL:0120-202-830(エルメスジャポン)
  • 住所/東京都港区六本木7-22-2

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦