お仕事コーデの参考にしたい、レティシア王妃のモノトーンスタイル5選

白いブラウスに黒いパンツなど…モノトーンでまとめたスタイルはキャリア女性のコーディネートの基本。会食や商談など、大切なビジネスシーンにも知的で上品な印象を与えてくれます。

今回は、注目を集めているスペインの美人王妃・レティシア妃の気品あふれるモノトーンコーデをご紹介。美貌と魅力的な佇い、そして洗練されたファッションで話題のプリンセスを参考に、好感度アップなお仕事スタイルをかなえましょう。

■1:ジャケット×タイトスカートの王道スタイル

レティシア王妃のモノトーンコーディネート

白のジャケットに黒のタイトスカート、ワンハンドルのバッグというクラシカルなスタイルには、ブラックパテントのピンヒールで、潔いまでの女性らしさを足元に添えて。

■2:コンサバなワンピース×コートも軽やかに着映えよく

「Luis Carandell ジャーナリズム アワード」の式典に向かうレティシア王妃

ZARAやMANGOといったスペインの国民的ブランドをさらりと上品に着こなしてしまうレティシア王妃。爽やかな白ワンピに、ミドル丈のコートをさらりと肩にかければ、コンサバなスタイルも軽やかな印象に仕上がります。白と黒のモノトーンにあわせて小物もミニマムにまとめるのが正解です。

■3:ボーダーはフェミニンに着こなすのがレティシア流

「Eixo Atlantico Do Noroeste Peninsula」のセレモニーに参加するレティシア王妃

カジュアルになりがちなボーダーを見事なまでにエレガントにまとめたスタイルは、ウエストラインを強調する膝丈のフレアスカートでフェミニンな印象に。膨張して見えるボーダーも、スカートのタイト&フレアなシルエットがスタイルをよく見せてくれます。ここでもやはりコーディネートのアクセントとなっているのはポインテッドトウのピンヒール。クラッチバッグと色をあわせた隙のない組み合わせで、さらにクラス感がアップします。

■4:オールホワイトコーデはシルエットが命

2015年ミラノ万博を視察するレティシア王妃

清潔感と品のよさを兼ね備えたオールホワイトのセットアップは、何よりもシルエットが大切! レティシア王妃の着こなしのように、ウエストから腰にかけてフレアに、さらにヒップから膝にかけてタイトな、女性らしい縦長シルエットのセットアップなら、シャープで洗練された印象に。バッグや靴はベージュを選んで涼やかにまとめて。

■5:黒のセットアップには差し色をプラス

2018年4月「Barco de Vapor' and 'Gran Angular' literature awards」に参加するレティシア王妃

ホワイトのセットアップに変わってシンプルなオールブラックのコーディネートには、高貴なロイヤルブルーの小物を差し色にチョイス。かっちりとしたパンツスーツも、靴やバッグの差し色で遊びを効かせて、髪もカジュアルなダウンスタイルにすることで、全体に清々しい抜け感を醸します。

以上、レティシア王妃のモノトーンスタイルのご紹介でした。レティシア王妃は、ロイヤルファッションとは一線を画すシャープで洗練されたセンスの持ち主。ぜひお仕事コーデの参考にしてみてくださいね。

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
アフロ
EDIT :
渋谷香菜子