男の装いにおいて基本にして究極はスーツだ。ではスーツとは何か? こう単純に尋ねられると意外に答えに窮すかもしれないが、シンプルに考えてみて欲しい。ランバンのメンズアーティスティック・ディレクター、ルカ・オッセンドライバーは以下のように答えている。

「同じファブリックを使って、ジャケットとパンツの2アイテムで構成されているもの」

これ以上わかりやすい答えはないだろう。

メンズモードを牽引してきたオッセンドライバーはこれを壊し、そして再構成する。それが2018年秋冬のランバンだ。テーマは「カモフラージュ」。再構成することでスーチングの迷彩を作り出した。

ランバンが提案するスーツコレクション|2018秋冬

アンバランスが生むレイヤリングの妙

様々に崩したスーツの着こなし。トラディショナルな生地を用いつつも新しいスタイルを提案

英国調のクラシカルな生地を用いたスーツを色んな方面から壊していく。構造は肩パッドを省き、ウエストは細め、後ろ見頃を広く取る。着こなしは共布のベストを重ねる、ポンチョを羽織るなどスーツの迷彩が様々に行われる。

目を引くモチーフはポケットだ。胸の箱ポケットをマチのあるフラップ付きにしたり、輪郭をステッチしたり、とアイコニックな仕様に変化させる。

シャツが斜めにカットされたニットから覗き、色とアイテムの迷彩となる。

提案される他のアイテムもアシンメトリーでスタイリングにカモフラージュを生む。裾が斜めのゆるいニット、開きを斜めに取ったカーディガン、重ねたシャツが見えることで、積み重なった迷彩となる。シャツは柄を利かしたものが多い。しかしシックにまとまっている。

ややもすれば若いイメージがあるランバンのメンズだが、やはりパリエレガンスの真骨頂である。ニットやカットソーは襟が少し高く設定され、大人の気品を感じさせる。足元のカラフルなスニーカーを見ても違和感なくスーツに溶け込んでいる。やはりどこか品が良い。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: