夏のピンクトップス着こなしまとめ。大人かわいく着こなしたいピンクトップスを、センス良く着こなすコーデを集めました。ピンクトップスのすっきりと美しい着こなし方をチェックしてみてください。

【目次】

夏のレディースピンクニットコーデ


【1】エストネーションのピンクニット×ベージュパンツ

【2】ピンクニット×ベージュパンツ
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、カーディガン・ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツは一見無地、よく見るとベージュにラメ糸を織り込んだグレンチェック柄。日本人体型に合うようにつくられた定番の細身シルエットです。くつろぎの時間には、ピンクのアンサンブルニットが活躍。甘さをたたえた上品配色も魅力です。

夏のレディースピンクブラウスコーデ


【1】ブルネロ クチネリのピンクブラウス×白ジャケット

【1】ピンクブラウス×白ジャケット
カーディガン・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ペンダント・バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、ブラウス(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

顔周りを華やかに彩るピンクのシルクブラウスで、きちんと感と女らしさをアピール。合わせたきれい色は甘すぎないサーモンピンクのノースリーブブラウス。シャープなVの襟開きが、首のラインと顔の輪郭をすっきり見せる効果も。ボトムインにもアウトにもできる絶妙な着丈も優秀ポイントです。

【2】キートンのピンクブラウス×黒スカート

【2】ピンクブラウス×黒スカート
ブラウス(キートン)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ゴート〉)、ピアス(デビアス) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふんわりとしたシフォンのタイとシルクサテンの艶めきがドラマティックな表情をつくり出すピンクのブラウス。夕暮れどきの空を思わせる、憂いを秘めたサンセット・ピンクなら、知的さも漂います。空気をはらんで揺れるタイを際立てるように、ヘアはキュッと束ね、ダイヤモンドのフープピアスだけをひとつ。アヌーク・エーメやフェイ・ダナウエイのように、強さを秘めた女性像を思い浮かべ、黒のタイトスカートで、キレ味よく仕上げましょう。

【3】ジバンシィのピンクブラウス×黒スカート

【3】ピンクブラウス×黒スカート
ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

女心がときめく、フェミニンなペールピンクのブラウス。クリンクル加工が施された、シワ状に縮れた素材が空気をはらんで揺れ、大胆なフリルを大げさに見せることなく、こなれ感を生み出します。黒のボトムとクラッチで引き締め、スタイリッシュに仕上げましょう。

【4】ロベルタ フルラネットのピンクブラウス×グレーパンツ

【4】ピンクブラウス×グレーパンツ
ブラウス(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、スエードパンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

「ファブリックアーティスト」と称されるデザイナーがつくるブラウスは、細かいディテールが随所にきいた一枚。淡いピンクのカラーやアシンメトリーな裾のライン、袖にあしらわれたスリット、さらに背面にはタックのデザインが駆使され、女性の体を美しく見せてくれます。

【5】ブラミンクのピンクブラウス×ベージュスカート

【5】ピンクブラウス×ベージュスカート
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンク。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。

【6】ヴァレンティノのピンクブラウス×デニムパンツ

【6】ピンクブラウス×デニムパンツ
ヴァレンティノのブラウス・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのスニーカー(ヴァレンティノジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

繊細なフラワー柄をあしらったレースのトップスは、デニムとスニーカーでテイストをミックスさせてラフに仕上げて。ビビットなピンク色でも、品のいいフェミニンな旬のカジュアルが完成します。

【7】ステラ マッカートニーのピンクブラウス×デニムスカート

【7】ピンクブラウス×デニムスカート
ブラウス・スカート(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

女性ならだれもが心惹かれるピンク。甘いのは苦手…と思っていても、この季節になるとなぜか心がときめいてしまいます。ボリュームのあるパフスリーブが愛らしいピンクのブラウスは、咲き誇る花のように華やか。大人だから似合うピンクで、女性に生まれた喜びをまとって。

【8】エスカーダ スポートのピンクブラウス×グレーワイドパンツ

【8】ピンクブラウス×グレーワイドパンツ
パンツ(Theoryluxe)、ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、ストール(三喜商事〈アリュード〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

落ち着いたグレーのパンツを、ピンクのブラウスと合わせてフェミニンに着こなすのが大人のセンスの見せどころ! マット×艶のトップスと透け感のあるスカーフが醸すピンクの陰影、パールとパテントパンプスが放つグレーの艶めきで、上品な色香のある着こなしを完成させましょう。パンツは青みのあるグレーのジョーゼット仕立て。両サイドに深めに入れたタックが、歩いたときの流麗な表情を後押ししてくれます。

【9】ジャンバティスタ ヴァリのピンクブラウス×黒スカート

【9】ピンクブラウス×黒スカート
ブラウス(ストラスブルゴ〈ジャンバティスタ ヴァリ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

鮮やかなピンクのシルクブラウスをデザインスカートに合わせれば、ワンピースにも負けない華やぎが生まれます。シャープなVラインが浮かぶブラウスは、イレギュラーヘムのスカートがもつ、モードな雰囲気とも好相性。デザイン性がありつつ、伸縮性のある素材を使用しているため、会食シーンにもふさわしい、快適な着心地です。