髪が細かったり毛量が少ないと、まとめ髪にすると余計に少なさが際立ってしまう…と感じたことはありませんか? そんなミディアムヘアの女性にこそ取り入れてほしい、便利なまとめ髪アレンジを、Doubleの副店長・西村光太郎さんが提案してくれました。

「ミディアム丈だと、髪の重みで頭頂部あたりがペタ~ッとつぶれやすいので、よけいに毛量が少なく見えてしまうんですよね。このアレンジは、頭頂部の髪を引き出すので、ボリューム不足を解消できます。クセが出やすかったり、うねりやすい方にもおすすめです」

また、このアレンジはトップがふんわり立ち上がり、毛先がスッとすぼまって、全体的なシルエットが菱形になります。あごのラインがキュッと引き締まって見えるので、小顔効果も狙えるのがうれしいポイント。

まとめ髪は手先が器用でないと難しい…というイメージがありますが、このアレンジはとても簡単。「髪を束ねる、毛束を引き出すだけなので、いたってシンプル。たとえ束ねるときに後れ毛が出てしまってもスタイルに影響が出ないので、時間がないときでもサッとアレンジできます」(西村さん)

2つの毛束を交差させるため、バックスタイルにも立体感が!

完成
サイド
バック

杉浦加奈子さん(42歳/会社員)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★

髪がやわらかく、すぐにペタンコになりやすい杉浦さんの髪。

「結び目から髪を引き出しているので、根元から髪を立たせるスタイルよりも、頭頂部のふんわり感が長持ちします。また、彼女は白髪の量が多いのですが、このスタイルは分け目がなく、フェイスラインや地肌が見えにくいので、白髪をカバーすることもできます」(西村さん)

アレンジ前

■1:頭頂部の髪をとり、両サイドの耳の先端を結んだラインの高さに結ぶ

毛量によって個人差がありますが、束ねる髪は直径1㎝を目安に。

■2:束ねたゴムを抑えながら、頭頂部の髪を引き出す

2~3㎜のごくわずかな毛束をつまんで、束ねた部分からまんべんなく10ヶ所位を目安に髪を引き出す

■3:両サイドの耳の上にかかる髪を束ねてゴムで結ぶ

サイドの髪を束ねたら、最初に結んだゴムとほぼ同じ高さに結び目がくるように束ねる。

■4:3で束ねた結び目の間から、サイドの髪を束ねた毛束を通す

結び目の間にサイドをまとめた毛束を通す「くるりんぱ」をする。

■5:毛束を左右から引っ張り、結び目のゆるみを締める

「くるりんぱ」をした根元を締めるように、サイドの髪を束ねた毛束だけを左右に引っ張る。

「くるりんぱをすることで、後頭部にも立体感が生まれます。簡単なアレンジなのに、正面はもちろん、サイド、後ろ姿、どの方向から見てもスタイルにメリハリができるんですよ」(西村さん)

Double副店長・西村光太郎さん。「ドラムが趣味で、サロンのスタッフたちとバンドを組んでいます。曲はニール・ヤングのカバーが中心です」

問い合わせ先

  • Double
  • 住所/東京都渋谷区神宮前4-13-13 フォレストプラザ表参道1F
  • TEL:03-3475-6060
  • 営業時間:月・火・水・日祝10:00~19:00、木・金12:00~21:00、土10:00~20:00
  • 定休日:第3月、火
大人の女性ならではの髪悩みに応えたスタイルを提案してくれる
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑