ONでもOFFでも着こなしたいベージュトップスを、センス良く着こなすコーデを厳選! ベージュ&ピンクベージュトップスの女性らしく美しい着こなし方をチェックしてみてください。

【目次】

ベージュトップスのコーデ


【1】シクラスのベージュプルオーバー×白タイトスカート

【1】ベージュプルオーバー×白タイトスカート
トップス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、コットンリネンのスカート(ebure)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パーティーで、グラスを持つ手が映えるような、袖の深いスリットで魅せるベージュのプルオーバートップス。ケープをまとうようにエレガントな一着を、オフ白~ベージュにパールでまとめて、圧倒的な気品を醸し出しましょう。長めのボリュームスリーブ×コンパクト丈のシルエットは、スタイルアップして見えるところもおすすめです。

【2】ブラミンクのベージュブラウス×白パンツ

【2】ベージュブラウス×白パンツ
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

体の線を強調しすぎないリネンコットンのベージュのブラウスをインすれば、テーパードのシャープなシルエットが生きて、すっきりとしたかっこいいスタイルが完成します。パンツの色とリンクした白いパンプスがスリムなラインを強めて。

【3】ロロ・ピアーナのベージュブラウス×白ワイドパンツ

【3】ベージュブラウス×白ワイドパンツ
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、トップス(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、ストール・靴(キートン)、バッグ(八木通商〈ジェローム ドレフュス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

明るい白に合わせるニュアンスカラーは落ち着きのあるグレージュで。小物のこっくりとしたグレージュが、あいまいな色合いを引き締めてくれます。エレガントなボディーラインがかなうガウチョパンツは、ヒールではなくフラットサンダルを合わせることで、旬のボトムバランスへと近づいて。

【4】イプセのベージュブラウス×ベージュハーフパンツ

【4】ベージュブラウス×ベージュハーフパンツ
ブラウス(イプセ)、パンツ(キートン)、帽子(三喜商事〈イレブンティ〉)、ネックレス・ネックレストップ・バングル(ファンエンパヤ)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リラックス感のある淡いベージュのトップス&ハーフパンツのワントーンでまとめた着こなしも、黒小物をちりばめてキレ味よく。景色を楽しみながら木陰の道をゆっくり歩いていると、心地よい風が通り抜けていきます。

【5】シクラスのノースリーブ×グリーンスカート

【5】ベージュブラウス×グリーンスカート
ノースリーブトップス(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、スカート(バーニーズ ニューヨーク)、ピアス・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、靴・バッグ『ロケット プティ』(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

さりげない肌見せをかなえる、ヌーディーなベージュのトップスで、センシュアルに。ジュエリーを控えめにしたぶん、スタッズやストーンがきらめくバッグでナイトシーンにふさわしい華を添えましょう。

【6】VINCE のベージュブラウス×カーキワイドパンツ

【6】ベージュブラウス×カーキワイドパンツ
ブラウス(VINCE 表参道店)、ストール(オルドス ファッションジャパン)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、ネックレス・ブレスレット(ケイテン)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュのブラウスには、ベージュのニュアンスを含んだカーキパンツを軸にして全体を柔和な配色でまとめて。最愛のクリーミーグラデーションにクールなカーキが加わることで、ぐっと今っぽい装いにグレードアップします。

【7】feeriqueのベージュのノースリーブ×ストライプパンツ

【7】ベージュブラウス×ストライプパンツ
パンツ(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、トップス(feerique)、ピアス(ドゥロワー 青山店〈ソフィ ブハイ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

シンプルなベージュのトップスには、ピアス、バッグ、パンプス…と縦に黒の小物をちりばめて印象をぴりりと引き締めるものを合わせて。パンツの1色をリフレインしたウエストコンシャスなベージュのニットで、すっきり見えて女らしいシルエットを演出しましょう。パンツは上品な艶としなやかさを備えたレーヨン素材。前から見ると端正なワンタックパンツだけれど、後ろウエストにゴムを入れているので快適な着用感です。

【8】ジョルジオ アルマーニのベージュブラウス×グレーパンツ

【8】ベージュブラウス×グレーパンツ
パンツ・ブラウス・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・ブレスレットにしたネックレス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

最愛のグレージュスタイルも、シルクの艶を効果的に取り入れることで、華やぎシーンにふさわしい装いに。パールジュエリーを中心に、バッグや靴も抜け感のある白でリンクさせ、ベージュメインのコーディネートにメリハリを。パンツはひと目で上質とわかる、シャイニーなシルクコットン素材。肉感を拾わない、程よい厚みとゆとりのあるシルエットで、パンツスタイルに自信を授けてくれます。同素材のベルト付きで、トップスをインしてもバランスよく決まります。

【9】ヌメロ ヴェントゥーノのベージュブラウス×サーモンピンクパンツ

【9】ベージュブラウス×サーモンピンクパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈スタルク アイズ〉)、時計(パテック フィリップ)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)  撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

落ち感のきれいなベージュのブラウスは、肌触りもよく夏から秋へのブリッジアイテムとしても活躍。淡いサーモンピンクのパンツと合わせて、優しげなムードを楽しんで。ブラウスはセットインのタイプを、パンツはセンタープレスを選んで、すっきりとしたラインを目指すのがおすすめです。仕上げにスタッズ付きのバッグやビジューモチーフのパンプスで輝きをちりばめると、着こなしにメリハリが生まれます。

【10】レ・コパンのベージュブラウス×イエロースカート

【10】ベージュブラウス×イエロースカート
スカート・ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ネックレス・リング(フレッド)、時計(オメガ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

端正なベージュブラウスも、変形ラップスカートを合わせることで、ぐっとこなれた雰囲気に。淡色カラーの着こなしで膨張しないよう、シャツのVゾーンから肌をのぞかせて、キレ味をプラス。明るい印象へと導く、イエローのスカートを主役に、初夏のワードローブを一新させましょう。さらりと心地よいリネンコットンのスカートは、これからのシーズンに活躍。すっきり見えるタイトなシルエットながら、ラップ仕立てのデザインや、斜めにあしらった大きなポケットがアクセントになります。

ベージュニットのコーデ


【1】エス マックスマーラのベージュニット×カーキワイドパンツ

【1】ベージュニット×カーキワイドパンツ
エス マックスマーラのニット・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ケイテン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

繊細なラメがきらめくゴールドベージュのニットに、カーキ色の優美なフレアパンツをなじませた配色。「色合わせ」の妙が目を引くスタイリングは、ウエストインで脚長効果を強調しましょう。アイレット(鳩目)付きバッグやパテントパンプスは黒で統一して、全体をコンパクトに引き締めて。

【2】エストネーションのベージュニット×キャメルスカート

【2】ベージュニット×キャメルスカート
エストネーションのニット・ペランのバッグ(エストネーション)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック、シャルリエ〉)、アルテミス・ジョイエリのペンダント・ネックレス・マッティオリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品な光沢のラメがぎっしりあしらわれた、ミラノリブのベージュのニットを主役に。Tシャツ型でどこかカジュアルなところも、今の気分にぴったりです。

【3】ドゥロワーのベージュニット×ベージュ柄パンツ

【3】ベージュニット×ベージュ柄パンツ
ニット・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、イヤリング・時計・ブレスレット・リング(シャネル) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャカード柄のパンツに着映え力があるぶん、カシミヤシルクのベージュニットは、すっきり見えるVネックを選びましょう。ホワイトセラミックの時計で、ハンサムな味つけを。きれい色とシックカラーのちょうど中間のような、絶妙なオリーブグリーンのバッグがあれば、センスよくベージュを着こなすことが可能になります。

【4】エリザベス アンドジェームスのベージュニット×白スカート

【4】ベージュニット×白スカート
ニット(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブローチ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ストール(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

黄みの強いゴールドラメで、顔周りを華やかに演出するベージュニットをトップスに。胸元のブローチのきらめきも重要なポイントです。スカートには、フロントのゴールドボタンが、クラシカルな雰囲気を醸す白いフレアスカートを。ハリのあるコットン素材だから、甘すぎず程よくカジュアルなのが今年風です。

【5】マックスマーラのベージュニット×白パンツ

【5】ベージュニット×白パンツ
マックスマーラのカーディガン・ニット・靴・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白からシャンパンベージュにいたる優しい女らしさに満ちたシャイニー・グラデーションに、クリアな白いパンツの効果は絶大。淡いベージュにラメのストライプをあしらった上品な輝きが魅力のアンサンブルニットをはおれば、肩の力が抜けた美しい日常スタイルが完成します。そこにやや渋めガンメタリックのバッグを加えると、着こなしに奥行きが生まれ、鮮度の高い着こなしに仕上がります。

【6】ラルフ ローレンのベージュニット×白パンツ

【6】ベージュニット×白パンツ
パンツ・ニット・ストール・バッグ・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、時計(ラルフ ローレン 表参道〈ラルフ ローレン〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

シンプルなベージュニットには、ハイウエストパンツがメリハリをつくり出します。たおやかなクリーミーグラデーション配色にあっても、きりりとエッジの効いた印象に。ゴールドの時計やバングル、バッグでリッチなアクセントを。パンツはスタイルアップに効果的なベルト付きクロップドパンツ。とろみのある素材が美しい落ち感を演出します。

ピンクベージュトップスのコーデ


【1】シクラスのピンクベージュノースリーブ×白パンツ

【1】ピンクベージュノースリーブ×白パンツ
コットンのトップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル(トッズ・ジャパン)、バッグ(アオイ〈ロートル ショーズ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ピンクベージュのトップスは背中のベルト飾りが高い位置で視線を集める着映えの一着。合わせるのは、きれいな白とリッチなゴールドだけで十分です。ニュアンスカラーをクリアに引き立てるのがピュア白の効果。夏はすっきりとしたなじませ配色が、ひとつ上の洗練へと導いてくれます。