蒸し暑い夏の盛りに「ノースリーブトップス」は頼りになります。おしゃれの名手とされ、世界中にファンを持つ、スペインのレティシア王妃もノースリーブがお好きなようです。大胆に両腕を見せながらも、気品を損なわない着こなしは、アレンジのうまい王妃ならでは。涼しげに見えて、しかもノーブル感の漂うスタイリング技があちこちに散りばめられています。

ノースリーブのブラウスやワンピースはこれからまだまだ重宝するから、王妃の装いを参考に、コーディネートの選択肢を増やしておきましょう。

美人王妃に学ぶ!猛暑日に役立つ「上品ノースリーブ」の着こなし4選

◼️1:ボディーシェイプを叶える「カシュクール×花柄」テクニック

ノースリーブの白シャツに花柄のサーキュラースカートを着たレティシア王妃
気品とフェミニンを両立させる、白とピンクのキーカラー

艶やかな花柄のサーキュラースカートに目が奪われます。花柄にも使われているピンクをシューズに生かして、統一感を演出。白のブラウスはノースリーブですが、斜めに打ち合わせるカシュクール仕立てで、艶やかな動きが加わっています。花柄スカートとカシュクールのダブルで視線をつかむ作戦です。

カシュクールは身ごろを斜めに横切るから、ボディーラインを引き締めてくれる効果があります。ボリューミーなスカートを引き立てるうえでも好相性です。

■2:甘すぎないクール&エレガンスを演出する「黒レース」の存在感

ピンクのノースリーブシャツと黒スカートを着たレティシア王妃
ハイウエストで、きゅっとしたウエストを演出

公式行事に向かうレティシア王妃ですが、陽射しが強かったこの日はジャケットをオフ。涼しげなノースリーブの襟付きブラウスで現れました。袖がなくても、襟付きなら、きちんと感を出せますし、縦に入った黒レースがエレガント感とシャープさを引き立てています。

ノースリーブは素っ気なく見えることがありますが、目を惹くネックレスやスカーフは退屈さを遠ざける小技に使えます。黒のスカートもハイウエストが目をひきます。ヒールが高めのミュールは、よく見ると透明のPVC素材が足の甲に。新トレンドを取り入れ、艶めきも乗せています。

ノースリーブのブラウスに黒いパンツを履いたレティシア王妃
縦に走るレースと、ほっそりしたパンツで縦ラインを強調

カリブ海に浮かぶ島国、ハイチを訪問したレティシア王妃は、暑い国にふさわしく、ノースリーブのブラウスを選びました。先ほどのブラウスと同じものですが、こんなにムードが違います。シンプルなパンツルックなのに、凛々しく映るのは、黒の縦ラインを意識したまとめ方だから。

ブラウスはウエストアウトして、スリムパンツの細感を引き立てています。黒主体で整え、色数を抑えたおかげで、全体がシャープに見えています。フラットシューズの斜めに走るストラップが、ブラウスに入った黒レースや黒パンツと響き合って、シックなムードが生まれています。

◼️3:首元の露出バランスで高貴に魅せる「ホルターネック」選び

ドット柄のワンピースを着たレティシア王妃
優しい雰囲気を呼び込む、自然に揺れ動く裾デザイン

ノースリーブより大胆なホルターネックのワンピースも、露出を抑えて、気高いムードでまとっています。どこが工夫ポイントかというと、首の詰まり加減。水着のように見えがちなホルターネックでも、これぐらい首元が詰まったタイプを選べば、節度を保ちやすくなります。

細かいドット柄を全体に迎えることで、愛らしさも漂わせました。共生地のリボンベルトでウエストマークしているのも、視線を引き込むテクニックです。

◼️4:体型カムフラージュに最適なのは「アシンメトリー」デザイン

白いセットアップを着こなすレティシア王妃
涼やかでノーブルな印象を与える、靴までそろえたオールホワイトのサマーコーデ

トレンドのアシンメトリー(非対称)デザインは、意外性あるバランス感が、シンプルめのコーデでも手の込んだように見せてくれます。この日彼女が選んだ白パンツのセットアップは、アートライクなカッティングに目が誘われる仕掛けです。

実はアシンメトリーには体型のカムフラージュ効果も。たっぷりと裾を遊ばせている分、脚がほっそり見えています。こちらのトップスも首元が詰まっていて、デコルテを隠しているので、肌露出が控えめに感じられます。締め付けられないリラクシングなシルエットのおかげで、伸びやかな気分で過ごせそうです。

夏のノースリーブは、カジュアルに見えすぎない、上品寄りのスタイリングが肝心です。今回のレティシア王妃の着こなしから分かるのは、カシュクールやアシンメトリーといった「シルエット」、首の詰まった「フォルム」、レースやサテンでの「異素材ミックス」などが、華やぎやクラス感を印象づけるうえで効果的だということです。バッグや靴で彩りを添える小技も有効ですから、こういったアレンジを組み合わせて、「ノースリーブトップス」を賢くデイリーコーデに組み込んでいきましょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃