毎日、大変な暑さが続いております。
そんな日は、見た目にも涼しげな装いを…と思うもの。
バランスのいい着こなしを心がけるとすっきり感が生まれ、
暑苦しさも回避できる気がしませんか?

アコーディオンプリーツのスカートは、Precious7月号117ページにも登場しています。モデルさんが着るとくるぶし丈ですが、私の場合はマキシ丈に。あえてそのままで着て、縦長効果を狙ってみました。ブラウス/ユニクロ スカート/エイトン サングラス/ブルガリ バッグ/DRAGON 靴/UGG

そこで今日は、白のマキシスカートを主役に
全身白のコーディネートにトライしました。
背が低いと、マキシ丈は難しいと思いがちですが
フルレングスのパンツと思えば気軽になります。
さらにウエストマークが流行の昨今ですから
トップスのブラウスをインで(ちょっと苦しいけれど)
着こなしてみました。
上半身が小さくなって、バランスよく見えません?

このマキシスカートは布地をふんだんに使った
アコーディオンプリーツもポイント。
素材自体に重みがあって、落ち感がよく
動いていないときのシルエットがすっきり!
歩いているときは風をはらんで
それが視覚的な涼感も生み出してくれるように思います。

ブルガリらしく、ブルーのカラーストーンがちりばめられたようなデザイン。ぱっと見は派手? と臆してしまいそうですが、全体にブラウンを上掛けしたようなカラーだから、肌なじみもよく、シック。サングラス/ブルガリ バッグ/DRAGON

全身白のすっきり感を生かすために、バッグも白、
靴はシルバー×ゴールドの肌見せサンダルにし、
限りなく色の印象をそいでみました。
でも、それだけだと少し寂しい?
そこで活躍するのがデザインサングラスです。
ブラウンをベースに、フレーム上部にだけ
ブルーのダイヤモンド状の柄が入って
肌色になじみつつ、アクセントに。
色や柄を、服や靴・バッグで加えるよりさりげなく
コーディネートを盛り上げてくれます。

一説によると、“まぶしい”と感じただけで
メラニンの発生が促されるといいます。
おしゃれのためにも、美肌のためにも、
夏はサングラスがいい仕事をしてくれそうですね。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら