小柄な私の基本ボトムといえば、クロップドパンツ。
わずかでも足首が見えるだけで重心が上がり、
小さな体を軽快に、すらりと見せてくれるようです。

Tシャツのように首がつまったデザインなので、少々エレガントさを加えたくてパールのネックレスをあしらってみました。靴はフラット派の私にしては珍しく、プラットホームサンダルを。これはかごバッグとの色合わせを考えた結果です。ブラウス/T-mat; パンツ/インコテックス ネックレス/ミキモト バッグ/Sans Arcidet 靴/JIMMY CHOO

クロップドパンツは、だれもが1本はもっているだろう
超ベーシックアイテムだけに、
トップスもシンプルにしてしまうと
あっさりした寂しい着こなしになる危険性も…。
そこで今年らしさや自分らしさのあるトップス、
あるいは小物合わせで、表情を加えるようにしています。

この春夏は、そでにフリルをあしらったトップスが
多く見られましたが、これも、その一枚。
シーズンは昨秋冬のものですが、
コットン素材のため、春夏まで活躍してくれています。
しかもそでが大きく広がっているので風通しがよく、
見た目よりも涼しいんですよ。

左から白のネップが入った水色のパンツはインコテックス、ネイビーのサマーウールはバーニーズ ニューヨーク、シルク・コットン混のグリーンはJ.crew、梳毛のグレーはM・filのもの。ネイビーとグレーは薄手とはいえウールなので、春夏だけでなく秋冬でも着用可能。シルク混のグリーンは独特の光沢があるので、少しフォーマルに装いたいときにも活躍します。

クロップドパンツは素材や色を変えて
一年中はいているMYエッセンシャルアイテムですが、
春夏はコットンや、梳毛という薄手のウールが主体に。
足首の肌の見え加減は、流行や着こなし方で
多少変わってくるので、アップデートも欠かせません。
今年だったら、くるぶし上くらいが気分ですが
今日はボーダーのカジュアル感に合わせ、
あえて短め丈で、軽やかさを意識してみました。

さらにトップスの選び方しだいでは
カジュアルからフォーマルまで
シーンを問わず活躍するクロップド。
白・黒・グレーなどのベーシックカラーは、
シーズンごとに更新して、そろえておきたいと思います。
ちなみにすでに秋冬用に、カシミア混の黒をget!
カシミアならではの艶感が、新調の決め手になりました。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら