大人女性の気温22度の服装まとめ。昼夜の寒暖差が激しくなってくるこの時期におすすめの、「気温22度の服装」を20選ピックアップ。最高気温22度の日と、最低気温22度の日におすすめの服装を参考に、この時期のおしゃれを楽しんでみてください。

【目次】

最高気温22度の日におすすめの服装


【1】イエローニット×ベージュパンツ

【1】イエローニット×ベージュパンツ
バッグ『ボーイ シャネル』・プルオーバー・パンツ(シャネル) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

温もり漂うツイード素材をイエローのラムレザーが取り囲むバッグは、手にするだけでハッピーな気分を誘います。存在感のあるメタルチェーンが効いて、フェミニンなだけでなく、クールな表情が漂うことも、このチェーンバッグの魅力。斜めがけにして、小粋な休日スタイルを楽しみましょう。

【2】白ブラウス×黒デニムパンツ

【2】白ブラウス×黒デニムパンツ
ブラウス・デニム(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、バングル(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シャルロット シェネ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『アルファ クロス ボディ』(ピエールアルディ 東京)  撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

白シャツ+デニムに深みのある配色バッグを投入。着心地は涼しく、印象は秋…と賢いおしゃれを満喫しましょう。

【3】ネイビーワンピース×タンカラーバッグ

【3】ネイビーワンピース×タンカラーバッグ
バッグ・ワンピース(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ネックレス・バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)、BAG DATA『ミニ アルファ ヴィル』(ピエール アルディ 東京) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

しなやかな知性美が香り立つネイビーストライプのワンピース。バッグとリンクさせたネックレスや靴ですっきり仕上げるのが正解です。

【4】オレンジブラウス×カーキフレアスカート

【4】オレンジブラウス×カーキフレアスカート
ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(ハンティング ワールド ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

グレージュのニュアンスを含んだカーキ色に、ビターな秋色オレンジを重ねた軽妙なコントラスト。ブラウス、スカートともに、素材に程よい光沢感があるので、落ち着きすぎず華やかな印象がかないます。ミリタリーカーキのバッグでカーキ感を強調しつつ、足元はヌーディーなシルバーサンダルで軽やかに仕上げましょう。

【5】グレーブラウス×グリーンスカート

【5】グレーブラウス×グリーンスカート
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(レキップ)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス・時計(ショーメ)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ブラウスとフレアスカートでつくる、好感度の高いオンスタイル。グレーとダークグリーンのシックな色合わせや、ハンサムな小物使いで、辛口に仕上げると、センスよく見えます。

【6】グレージュシルクシャツ×グレージュプリーツスカート

【6】グレージュシルクシャツ×グレージュプリーツスカート
マウリツィオ ペコラーロのシャツ・スカート・イレブンティのベルト(三喜商事)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

異なる色調のグレージュのヘリンボーン柄を組み合わせたシルクシャツに、ひだ山にグレージュ、カーキ、キャメルのレザーを配したダークグレージュのプリーツスカートを合わせて。凝ったアイテムも品よく調和するのがグレージュの魔法です。幅広ベルトで美シルエットを強調し、モードを心得た大人の進化系フェミニンスタイルに仕上げましょう。

【7】ベージュジャケット×白ブラウス×白パンツ

【7】ベージュジャケット×白ブラウス×白パンツ
ジャケット(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バッグ『PADDED BAG』(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)  撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

こっくりとしたグレージュのバッグがテーラードジャケットでつくるキャリアスタイルにこなれ感をもたらします。晩夏から初秋は白の分量を多めにしてさわやかに。

【8】黒ジャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ

【8】黒ジャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ
ハイアリンのジャケット・オルウェルのTシャツ(ストラスブルゴ)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ウノアエレのネックレスチャーム・チェーン・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バッグ『Bucket』(ドゥロワー青山店〈パコ ラバンヌ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ピンストライプのジャケットを肩からはおり、休日ならではのハンサムなカジュアルを満喫。

【9】ベージュブラウス×カーキワイドパンツ×ストール

【9】ベージュブラウス×カーキワイドパンツ×ストール
ブラウス(VINCE 表参道店)、ストール(オルドス ファッションジャパン)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、ネックレス・ブレスレット(ケイテン)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュのニュアンスを含んだカーキを軸に全体を柔和な配色でまとめて。最愛のクリーミーグラデーションにクールなカーキが加わることで、ぐっと今っぽい装いにグレードアップします。

【10】グレーニット×ブラウス×グレージュスカート

【10】グレーニット×ブラウス×グレージュスカート
ニット(アオイ〈マルゴン〉)、ブラウス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、ブレスレット(ケイテン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

淡グレージュのスカートは、イレギュラーなヘムがかわいらしい一着です。同系色のブラウスで縦ラインを強調しつつグレーのカシュクールでアウトラインを引き締めて、スタイルよく。端正なトープのバッグもショルダー使いでどこまでも軽やかさを意識しましょう。

最低気温22度の日におすすめの服装


【1】黒レースブラウス×黒パンツ

【1】黒レースブラウス×黒パンツ
バッグ『ツイストPM』・ブラウス・パンツ・ピアス・リング(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

レースブラウスと美シルエットパンツを黒で統一。辛口エレガントな着こなしにバッグを投入して、モノトーンの「モノグラム・カラーロック」を際立たせましょう。最旬モードをクールに楽しむワンランク上の美意識を表現して。

【2】黒ブラウス×ブラウンタイトスカート

【2】黒ブラウス×ブラウンタイトスカート
ブラウス(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ベルト付きタイトスカート(三喜商事〈ストラネス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バッグ『トッズ セラ バッグ』 (トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

愛せずにはいられない、黒×キャメルの着こなし。バッグもリンクさせてオンスタイルの完成度を高めましょう。

【3】黒ワンピース×黒バッグ

【3】黒ワンピース×黒バッグ
バッグ『アルファ クロス ボディ』(ピエールアルディ 東京)、バッグ ・ワンピース・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

表面感のあるブルーブラックのワンピースに、モンドリアン調に色と素材を切り替えた配色バッグを投入。着こなしにリズムが生まれていきいきとした印象に仕上がります。

【4】黒ニット×カーキパンツ×オレンジスカーフ

【4】黒ニット×カーキパンツ×オレンジスカーフ
ニット(クルチアーニ銀座店)、スカーフ(グローブ・トロッター 銀座)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)、バッグ『セラ』(トッズ・ジャパン)、 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

黒の半袖ニット+カーキのパンツに、オレンジのスカーフをプラス。タンカラーの大きめバッグと調和して、大人の女性ゆえのこなれた華やぎと知的な迫力が香る着こなしが完成します。

【5】ベージュノースリーブ×グリーンスカート

【5】ベージュノースリーブ×グリーンスカート
ノースリーブトップス(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、スカート(バーニーズ ニューヨーク)、ピアス・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、靴・バッグ『ロケット プティ』(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

さりげない肌見せをかなえる、ヌーディーなベージュのトップスで、センシュアルに。ジュエリーを控えめにしたぶん、スタッズやストーンがきらめくバッグでナイトシーンにふさわしい華を添えましょう。

【6】カーキワンピース×ベルト

【6】カーキワンピース×ベルト
ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベルト(Theory luxe〈Maison Boinet〉)、ストール(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュ色のベルトのスエード、パンプスのポニースキン、ゴールドの艶の多彩な質感が、ワンピースのカーキに奥行きを与えてくれます。

【7】オリーブカーキトップス×白タイトスカート

【7】オリーブカーキトップス×白タイトスカート
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードな個性を加えましょう。

【8】グレージュタンクワンピース×黒バッグ

【8】グレージュタンクワンピース×黒バッグ
ワンピース(ビームス ハウス 丸の内〈エリン〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コクーンシルエットやフィッシュテールの仕立てが新鮮なタンクワンピース。小物は黒のパテント素材で統一。フラット靴で、気負いのないカジュアル感をキープしつつも、バッグはあえて、クラシックなデザインでクラスアップすることで、大人の洗練を強調しています。手元には、ピンクゴールド×ダイヤモンドのバングルで存在感のある輝きを添えましょう。

【9】黒ブラウス×キャメルタイトスカート

【9】黒ブラウス×キャメルタイトスカート
靴(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)、マックスマーラのトップス・ベルト・バッグ・エス マックスマーラのスカート(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

体のラインを拾いすぎず、理想のシルエットをキープしてくれるセミタイトスカートは、知的な女性のデイリーアイテム。ほんのり肌の透ける黒ブラウスに、キャメルスカートをハイウエストに合わせたレディーライクな着こなしには、フラットでもヒールに匹敵する女らしさを取り入れたいところ。黒だからといって決めすぎることなく、リボンディテールで甘さも楽しめる余裕は、おしゃれ上級者の証です。フラットシューズは甲を美しく見せる深めのVカットに沿うよう、斜めにあしらわれたリボンがスタイリッシュです。

【10】黒レースワンピース×黒バッグ

【10】黒レースワンピース×黒バッグ
ワンピース(ブラミンク)、チョーカー(hum 伊勢丹新宿本店)、バッグ(和光)、靴(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ビジネス関連での祝いの場など、着物姿の女性もちらほらと見られるような場面では、黒のレースワンピースで迫力を。ゴールドの繊細なチョーカーやクリア素材とのコンビパンプスで、黒レースにモダンな香りを添えましょう。玄関で靴を脱いだときに、美しく見える一足を選ぶのも大人のたしなみ。ワンピースは庭先を歩く姿も優雅に映えるミモレ丈です。なめらかな着心地を約束するシルクの裏地や、リップなどが収納できるポケット付きで実用性も十分。