イタリアを代表するデザイナーズブランド、ジョルジオ アルマーニ。メンズ&ウィメンズのプレタポルテからインテリアなどに至るまで幅広く展開しているが、同ブランドにて近年充実しているのがオーダーメイドのサービスだ。

オーダーメイドの扉を叩く絶好の機会

ジョルジオ アルマーニのオーダースーツフェア

生地だけでなく、ボタンなどもいくつかの選択肢がある。担当者のアドバイスを受けながら、あなたの好みに合わせた一着が追求できる。「メイド トゥ オーダー」はセットアップスーツ ¥325,000〜、ジャケット ¥230,000〜。「メイド トゥ メジャー」はスーツ ¥365,000〜(ジョルジオ アルマーニ ジャパン) ※オーダーの際は店舗への事前予約が必要です。

2017年よりスタートした「メイド トゥ オーダー(MTO)」は、クラシックシルエットとスリムフィットシルエット、さらにジャケットとしてアンコンストラクテッドで柔らかな着心地のモデル、3種のスタイルから選んで、サイズや生地などを選びオーダーする形。オーダーに慣れていない人にもわかりやすい明快なシステムで人気を博しているという。オーダーから約1ヶ月でミラノにて仕立てられたスーツやジャケットがデリバリーされるスピード感も大きな魅力だ。

その一方で、「メイド トウ メジャー(MTM)」では、2種の基本スタイルをベースに、スペシャリストによる40箇所以上の細やかな採寸、400種以上の多彩なバリエーションからの生地選択などを経て、顧客の要望にあわせた服がつくられる。スーツやジャケット以外にシャツやタイのオーダーメイドも展開していて、さらにはハンドメイドの仕上げも選ぶことができ、より深みあるオーダーメイド体験を味わうことができる。

そしてジョルジオ アルマーニでは、9月15日(土)から10月8日(日・祝)の期間でMTOとMTM双方の「オーダースーツフェア」を全国17店舗にて開催する。フェア開催中にスーツ、ジャケットまたはパンツをオーダーした方には、オーダーシャツが1枚プレゼントされる。MTOならば本格的な秋冬シーズンに間に合うタイミングで、仕上がった品を受け取ることができるかもしれない。デザイナーのクリエイティヴィティを軸とした、イタリアのクラフツマンシップ溢れるオーダーメイドを体験する、まさに絶好のチャンスだ。

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク