レディースカーディガンに合わせるインナー着こなしまとめ。肌寒い季節へと移行する秋に活躍するカーディガン。今回は、シャツやニットなどカーディガンに合わせるインナーの着こなしをご紹介します。秋らしいコーデをお手本に、カーディガンとインナーの組み合わせを選んでみてください。

レディース秋のカーディガンに合わせるインナーコーデ


【1】ベージュカーディガン×白シャツ×パンツ×ストール

【1】ベージュカーディガン×白シャツ×パンツ×ストール
「メイプルベージュ」のカーディガン・ストール・シャツ・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

カーディガン×白シャツに、マドラスチェックのストールを重ねて、穏やかなベージュトーンの着こなしを。ベルトマークで凛とした美しさが生まれます。

【2】グレーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビータイトスカート

【2】グレーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビータイトスカート
アリュードのロングカーディガン・ステファノ モルタリのブラウス・アルトのスカート(三喜商事)、ネックレス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、靴(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カーディガンのカジュアル度を軽減するには、全体を洗練配色にまとめることがいちばん。ブラウスをボトムインして、縦長シルエットを計算しました。

【3】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ティアードスカート

【3】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ティアードスカート
「メイプルベージュ」のカーディガン・Tシャツ・スカート・ネックレス・靴(ブルネロ クチネリジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

木の実を連想するようなざくろ色のチュール素材のティアードスカートには、ボレロのような感覚でショート丈のカーディガンを合わせて。シンプルな白Tシャツをインすれば、こなれ感のあるカジュアルなドレスアップが叶います。

【4】カーディガンジャケット×ノースリーブトップス×ネイビードロストパンツ

【4】カーディガンジャケット×ノースリーブトップス×ネイビードロストパンツ
カーディガンジャケット(レリアン)、ノースリーブトップス(レキップ)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス・ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さは一切なし! 上品なカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルが実現します。

【5】ネイビーカーディガン×ネイビーブラウス×グレーラップスカート

【5】ネイビーカーディガン×ネイビーブラウス×グレーラップスカート
スカート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、カーディガン(Theory luxe)、眼鏡(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉)、時計(和光〈クレドール〉)、ドキュメントケース(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

うっすら透けるウールを、巧みなバイアス使いでかなえたラップスカートは、仕事服にふさわしいピンストライプ柄。ふくらはぎのいちばん太い部分が隠れるミモレ丈だから、パンツ派の女性にも挑戦してほしいアイテムです。

【6】カーキカーディガン×カーキブラウス×黒スカート

【6】カーキカーディガン×カーキブラウス×黒スカート
バッグ・ブラウス・カーディガン・スカート(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・ペンダント・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキの装いになじみつつ、シックな華を添えるメタリックカーキのバッグ。絶妙な色出し、上質な一枚革で仕立てた軽量なつくりに魅了されます。

【7】チャコールグレーカーディガン×ピンクベージュブラウス×チェックスカート

【7】チャコールグレーカーディガン×ピンクベージュブラウス×チェックスカート
「チャコールグレー」のカーディガン・ブラウス・スカート(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

チャコールグレー×ウッドベージュの、コクのあるニュアンスカラー配色が、ひと目で旬を感じさせる装い。堅い印象になりがちなタイトスカートの着こなしに、艶やかなブラウスが優しさを添えてくれます。ボトムインして上半身をコンパクトにすれば、縦ラインがさらに際立って、都会的なキレのあるいい女に。

【8】カーキカーディガン×ライトグレートップス×カーキパンツ

【8】カーディガン×ライトグレートップス×カーキパンツ
トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、カーディガン(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーディガンとパンツの、グレーみを帯びた濃淡カーキを繊細になじませるライトグレーのトップス。丁寧に色を重ねたカーキスタイリングは、大人の気品が香るような佇いです。

【9】グレージュカーディガン×グレージュニット×オレンジスカート

【9】グレージュカーディガン×グレージュニット×オレンジスカート
カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(プティローブノアー)、ブレスレット(ジュリーサンドラゥ アジア パシフィック)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

仕立て映えするダブルフュースのAラインスカート。グレージュのメランジ調ニットアンサンブルをリフレッシュさせてくれます。

【10】ネイビーカーディガン×赤プルオーバー×白パンツ

【10】ネイビーカーディガン×赤プルオーバー×白パンツ
マックスマーラのパンツ・エス マックスマーラのカーディガン(マックスマーラ ジャパン)、プルオーバー(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、バッグ(エリオポール銀座〈フランシス バレンティーヌ〉)、靴(アマン〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ネイビー×テラコッタのこっくり配色に白も加わり、上品トリコロールの完成です。ひと足早く季節を先取りした着こなしも、しなやかな白ボトムやかごバッグを合わせることで、夏の余韻を感じさせましょう。

【11】黒カーディガン×黒カットソー×黒ロングスカート

【11】黒カーディガン×黒カットソー×黒ロングスカート
カットソー・カーディガン(スローン)、スカート(VINCE 表参道店)、ピアス·バングル·ブレスレット(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ニットやローファーなど、おなじみのアイテムもチェック柄のアシンメトリースカートを合わせることで、たちまち新鮮に。チェックでも黒ベースならば、こんなにもシックに見えるなんて…、この秋の新発見です!

【12】ネイビーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビーパンツ

【12】ネイビーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビーパンツ
パンツ(ADORE)、カーディガン(三喜商事〈アリュード〉)、ブラウス(ADORE)、ミッレのピアス・ネックレス・ルーナのネックレス(チェルキ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは太いベルト幅に白いボタンが印象的。深いタック入りで、ハイウエストに仕立てられたエレガントなデザインです。白いインナーをボトムインして、ウエスト位置を明確に。さらにボトムと同色のロングカーディガンが額縁効果を発揮します。

【13】ネイビーカーディガン×白Tシャツ×ベージュパンツ

【13】ネイビーカーディガン×白Tシャツ×ベージュパンツ
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、トロリーケース(グローブ・トロッター 銀座)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リラックスしていたいときには、ストレッチ性の高いドロストパンツが大活躍。体を締めつけないゆとりあるシルエットながら、センタープレスのおかげできちんと感をキープできます。インナーに合わせた白Tシャツが、ロング&リーンなシルエットにすっきりとした抜け感を与えて。