昨日は夏日だったのに、朝起きたらいきなり涼しい曇り空。
雨も降るらしいとの天気予報に、着るものに迷います。
気温は低めだけれど、湿度が高くて蒸し暑い…そんな日は
素材は夏、色や柄に秋を感じる服を選びます。

カーディガンを1枚で着て、首元を少しだけ開けてみました。夏から秋への季節の変わり目に、暑苦しく見えないように…。カーディガン/J.crew パンツ/バーニーズ ニューヨーク バッグ/DRAGON 時計/カルティエ  靴/ロジェ ヴィヴィエ

そこでコットンストレッチのゼブラ柄のカーディガンを、
モノトーンでまとめてみました。
ちなみにこの秋は、久しぶりにアニマル柄が
ファッションの表舞台に帰ってくるとの噂。
茶系が基調のヒョウ柄は、秋が深まってからと思いますが
モノトーンのゼブラ柄なら、晩夏からでもOK。
適度にクールな印象があるから、
9月という曖昧な季節感にもちょうどいいかなと…。

さらにカーディガンは、1枚で着たときの襟の開け具合や
そでのまくり具合で
着ている当人の温度感だけでなく、
人目に与える温度感も調整できるのが便利ですね。
暑苦しくも、寒々しくも見えない着こなしが狙いです。

実はこの日、このカーディガンから着こなしを発想したのも
事実ではありますが、実は靴もポイントになりました。

バックル付きのデザインが優秀な、ロジェ ヴィヴィエの靴たち。かつてカトリーヌ・ドヌーヴが主演した『昼顔』という映画で、このバックルの付いた靴をはいたことから有名に…。左からゴールドメタルのバックル靴は、かかとがゴム入りではきやすいのも魅力。ブルー系のアニマルプリントはポニースキン素材。素材感は暖かみがあるけれど、色は涼しげなので、通年はけるお気に入り。右の2足は、ぺたんこ派の私には珍しいヒールパンプス。但し太めのチャンキーヒールだから、安定感は抜群です。

夕方以降は雨になるかもとしれないということから、
足が濡れて不快なサンダルは避けたい
→水がしみ込んでくる表革や裏革も避けたい
→ロジェ ヴィヴィエのエナメル靴という結論に。
エナメルも雨に無敵というわけではないので
皆さまにお勧めできるわけではありませんが
小雨のときなどには、ついエナメルを選んでしまいます。

この靴は、ロジェならではのアイコン=バックルが
ゴールドで大きめに付いているのもポイント。
さらに時計やジュエリーもゴールドと黒でまとめれば、
コーディネートに華やかな統一感が生まれます。
ロジェのバックル靴はいくつかもっていますが
はきやすさはもちろんのこと、
シンプルな着こなしのアクセントになってくれる
バックルの存在感が何より優秀なんですよね。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら