男を悩ませるのが贈り物だ。これから近づいてくるクリスマスや誕生日など、イベントは人それぞれだが、成熟した男性なら、センスのいいアイテムを選ぶ必要があるだろう。ここで紹介するグッド グッズ イッセイ ミヤケなら、贈る側、貰う側どちらの需要を満たしてくれること請け合いだ。あなたのギフトリストに加えてみてはいかがだろうか。

ブランドが「いいもの」を出し合った新コンセプトショップ

ブランドと呼応するショップ「グッド グッズ イッセイ ミヤケ」

グッド グッズ イッセイ ミヤケ2階。小物をメインにセレクト。壁面のラインがブランドシグネチャーであるプリーツのようだ。

オープン当初はイッセイ ミヤケ、ミー イッセイ ミヤケ、132 5. イッセイ ミヤケ、バオ バオ イッセイ ミヤケの小物をラインアップする。

イッセイ ミヤケらしく、どれもカラーとフォルムに目が引かれる。かつ、ユニセックスで使えそうなものが多く夫婦で共有できるのも魅力的だろう。また、価格は6千円代から10万円代と幅広く設定されているので、さまざまなニーズに応えられそうだ。

ミー イッセイ ミヤケのソリッド バッグ

ミー イッセイミヤケのソリッド バッグ。ニットを強縮して作り上げる手の込んだアイテムだ。

限定のアイテムも揃えており、イッセイ ミヤケのプラモデルのように組み立てるのが楽しいハンドバッグ・ファントムや隣接するオム プリッセ イッセイ ミヤケからはショップロゴをプリントしたTシャツを用意する。

  • イッセイ ミヤケのファントムバッグ。グッド グッズ イッセイ ミヤケ限定
  • 左の写真を組み立てるとバッグになる

店内デザインはイッセイ ミヤケのプロダクトや建築に関わってきた吉岡徳仁がデザインした。近未来的な空間は、壁面のハンガーは自由に位置を変えられ、季節やイベントによってその表情を都度変え、アイテムと呼応するかのよう期待に胸が踊ることだろう。吉岡徳仁がデザインしたモダンな空間を楽しみながら買い物を楽しんでみてはどうだろうか。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
WRITING :
海老原光宏