大人女性のベージュスカートコーデまとめ。ファッションに取り入れやすい定番カラー、ベージュ。今回はベージュスカートを使った秋のコーデをご紹介します。ベージュロングスカートコーデや、ベージュスカートに合わせるアウターも提案します。

【目次】

レディース秋のベージュスカートコーデ


【1】ベージュスカート×カーキニット

【1】ベージュスカート×カーキニット
ニット(Theory luxe)、スカート(アオイ〈マルゴン〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

鎖骨見せのボートネックと袖口が広がったデザインが女らしいプリーテッドニットを、Aラインシルエットのスカートでフェミニンに着こなしましょう。クロコ調ベルトやブロンズバッグ、スエードパンプスの多様な質感でメリハリを。

【2】ベージュスカート×ベージュニット×ストール

【3】ベージュスカート×ベージュニット×ストール
ニット・スカート・バッグ・ストール(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

温もりのあるウールカシミヤのケーブルニットに、ジベリン仕上げのベビーキャメルのフレアスカートを合わせて、大人の愛らしさが漂う着こなし。遠目にも伝わるリッチなテクスチャーと、トーンをそろえたキャメルベージュが洗練度をアップしてくれます。

【3】ライトベージュスカート×ライトブルーシャツ

【4】ライトベージュスカート×ライトブルーシャツ
シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

バンドカラーのすっきり感をさらに高める比翼仕立てのストレートシルエット。カフリンクスをあしらい、折り返した袖口が知的な手元を演出。シンプルなたたずまいに、自然な光沢をたたえたオックスフォード生地の上質な素材感が引き立ちます。明度をそろえたライトベージュのハイウエストスカートを合わせた着こなしは、上品なフレッシュ感が魅力です。

【4】ベージュスカート×カーキシャツ

【5】ベージュスカート×カーキシャツ
季節感ある異素材ミックスで最旬スタイルへ

ワードローブに秋服が出そろっていないのなら、まずは1点、季節を感じさせる「素材」を選出しましょう。例えば、こちらのマダムのように、スエード素材のスカートを取り入れるだけで一気に秋ムード漂うスタイルへと昇華させることができます。シャツは「肩落ち」めに着て、トレンドも意識することで、さりげなく女子力の高さを感じさせることができます。

カーキにも品格を!今すぐオフィスで役立つ「アースカラー配色」の大人コーデ10選

レディース秋のベージュロングスカートコーデ


【1】ベージュロングスカート×白カットソー

【1】ベージュロングスカート×白カットソー
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

夏に映える、白カットソーとリネンのスカートの装い。ドットのスカーフや、ユニークなフォルムのかごバッグ、ビジューサンダルなど個性豊かな小物を効かせると、シンプルシックが見違えます。

【2】ベージュロングスカート×グリーン&ベージュトップス

【2】ベージュロングスカート×グリーン&ベージュトップス
トップス・スカート・スニーカー(セリーヌ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

アースカラーの配色トップスは、サイドのアイレットがポイントに。プリーツスカートは、大胆なスリット入り。一見エレガントでもキレ味のよさが漂う着こなしが、今、大人の女性をとびきり美しく見せてくれます。

【3】ベージュロングスカート×ブラウンシャツ×ハット

【3】ベージュロングスカート×ブラウンシャツ×ハット
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、帽子(タア トウキョウ〈タア〉)、ピアス・ブレスレット(日本橋三越 ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

辛口のシャツに甘口のフレアスカートを合わせると、それだけでニュアンスのある着こなしに。さらにかごバッグとスニーカーで「甘×辛」ミックスを繰り返すと、シンプルでも奥行きのある着こなしが完成します! 

【4】ベージュロングスカート×黒ニット×カーディガン

【4】ベージュロングスカート×黒ニット×カーディガン
スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、カーディガン(スローン)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・腕時計(カルティエ)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

大人の女性の気品や知性を際立たせる、黒ニットとベージュのフレアスカートの組み合わせ。フェミニン度の高い着こなしには、ワンハンドルバッグや端正な時計など辛口小物を添えると、引き締まってぐっと洗練されます。

【5】ベージュロングスカート×ベージュシャツ

【5】ベージュロングスカート×ベージュシャツ
SALVATORE FERRAGAMO(サルヴァトーレ フェラガモ)のルック画像

組み合わせるアイテムのレパートリーが広がってきたのは、セットアップという表現の深まりを示しています。SALVATORE FERRAGAMO(サルヴァトーレ フェラガモ)から登場したのは、ロングカフス袖のシャツとマキシ丈フレアスカートという、量感たっぷりのコンビネーションはありそうでなかったマッチングです。

「セットアップ」が女性らしくグレードアップ!今どきシェイプの最旬スタイル4選

ベージュスカートに合わせたい秋のアウターコーデ


【1】ベージュスカート×ベージュジャケット

【1】ベージュスカート×ベージュジャケット
バッグ『バンブー クラシック』・ジャケット・スカート・ピアス(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

襟やポケットなどにエッジィな遊びがきいた、ブークレーツイードのベージュスーツ。そこにスムースレザーバッグではなく、あえて質感のあるホワイト・オーストリッチバッグを。これこそが、ラグジュアリーを愛する大人の流儀です。

【2】ベージュスカート×ベージュブラウス×ベージュコート

【2】ベージュスカート×ベージュブラウス×ベージュコート
スカート(ebure)、コート(エストネーション〈アルマローザ ファー〉)、ブラウス(キートン)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス・ブレスレット(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

最愛のベージュを使ったワントーンは、素材の上質感が決め手です。ウール、シルク、ファーが美しく溶け合った豊潤な印象に魅せられて。