世界88の国と地域で展開するブランド「SHISEIDO」から2018年9月1日に発売された全15品目124品種・用具6種の新メイクアップアイテム。この新商品の発売を記念し、「SHISEIDO」新メイクアップの世界観を体感できるアート空間「SHISEIDO POP UP “be an ARTIST MUSEUM”」が2018年9月8日(土)、9日(日) の2日間限定で原宿にオープン! 速報でレポートをお届けします。

2日間限定の「SHISEIDO POP UP “be an ARTIST MUSEUM” 」に潜入!

9月1日に発売された「SHISEIDO」の新メイクアップのテーマは「VISIBLE FEELS INVISIBLE」。日本ブランドSHISEIDOならではの、 繊細で軽いまるでスキンケアのようなテクスチャーと、ニューヨークを拠点にする「メイクアップ・センター・オブ・エクセレンス」にて発想された大胆でクリアな発色。軽い付け心地で美しい仕上がりが長時間続くメイクアイテムと聞けば、実際に試してみたくなりますよね?

この週末に2日間のみオープンする「SHISEIDO POP UP “be an ARTIST MUSEUM”」では、口紅・グロス・アイシャドウなど全15品目の124品種、ブラシなどの用具6種をすべてお試しOK。

最新の美を楽しむスタジオセットがお出迎え!

さらに、9月3日より公開されている高橋 愛さん、 三吉彩花さん、 ラブリさんなどが参加した広告ビジュアルやムービーも展示。 撮影で実際に使用されたスタジオセットを再現したフォトスポットが用意されているので、最新のメイクを楽しんで写真を撮るのも楽しそうです。ちなみに、パッケージのスリムなデザインや漆のような赤いラインは「モダンジャパン」をテーマにしているそうなので、それに合わせたスタイルで行くとより写真映えするかも。

深紅のタクシーが目印。渋谷と原宿のちょうど間ぐらいの場所です。
SHISEIDOのアイテムの世界に入り込める不思議なアート空間を演出。
こちらのフラットソファーは実はファンデーションのスポンジパフをデザインしたもの。触った感じは会場で確認してみて。

衝撃のテクスチャーは実際につけて確認すべし

2階では、新商品のコンセプトを伝える一角と、全商品をお試しできるブースに分かれています。手前では、 「GELS(ジェル)」「DEWS(デュウズ/しずく)」「INKS(インク)」「POWDERS(パウダー)」の4つのテクスチャーで商品をカテゴライズ。これは、「目もと」「口もと」などパーツ毎のカテゴライズではなく、「なりたい私」を作り出す商品コンセプトにつながっています。入口にも掲げられている「be an ARTIST.」の言葉のように、誰かがおすすめしたものではなく、自分の顔と向き合って「なりたい私」をつくり出すためのアイテムを探してみて。

手前の白いテーブルが、パッケージから出されて展示されている見本。奥の黒いカウンターが自由にタッチアップできるコーナーです。
「GELS」群の「カラージェル  リップバーム」「ヴィジョナリージェルリップスティック」。「ヴィジョナリージェルリップスティック」には店舗限定色3色もあるので、一気にチェックできるチャンス!
リップメイクのアイテムは「GELS」群以外にもあるので、まずはどんな質感の仕上がりにしたいのかから考えて。

SHISEIDOの新商品を一気に試すことのできるチャンス!2日間だけの開催なので、ぜひ足を運んでください!

SHISEIDO POP UP “be an ARTIST MUSEUM”

日時/2018年9月8日(土)・9日(日)11:00〜20:00
会場/原宿 CASE B
入場料/無料
住所/東京都渋谷区神宮前6-16-26

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT :
北本祐子