秋の定番・スーツの着こなしをご紹介。ネイビースーツ、グレースーツなどを大人の女性らしく着こなすコツをマスターしましょう。

【目次】

ネイビースーツの着こなし


【1】ジョルジオ アルマーニのネイビースーツ×黒パンプス

【1】のネイビースーツ×
ブラウス・ジャケット・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

キリッと見せたいときには、ネイビーのスーツ×黒小物でハンサムな着こなしに。

【2】ヒューゴ ボスのネイビースーツ×ボルドーバッグ

【2】のネイビースーツ×
ジャケット・パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、シャツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピンブローチ(ミキモト)、時計(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

男性と肩を並べても引けを取らないネイビースーツは、大人たるもの、マストでおさえて。インナーにシャツ襟タイプを合わせると堅苦しいので、ノーカラーや小ぶりタイプの襟での着こなしをおすすめします。

【3】アクリスのネイビースーツ×ネイビートップス

【3】のネイビースーツ×
ジャケット・ノースリーブトップス・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス(ミキモト)、チョーカー・ペンダント(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、時計(ジャガー・ルクルト)、リング(ケイテン)、ドキュメントケース(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、机の上に置いたバッグ(バーニーズニューヨーク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

シンプルなネイビースーツのコーデ。着丈に長さをもたせたボックスシルエットのネイビーのジャケットは、凛としたパンツの着こなしを引き立てます。ジャケットの素材はカシミヤ混のものがおすすめです。

【4】ネイビースーツ×ブルーシャツ

【4】のネイビースーツ×
© Afro BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャケットの袖からのぞくカフスの長さやネイビーのスタンドカラーが絶妙。スーツスタイルでもメンズっぽくなりすぎず、古臭くならない高度な着こなし技に脱帽です!

グレースーツの着こなし


【1】マックスマーラのグレースーツ×グリーンブラウス

【1】のグレースーツ×
ジャケット・パンツ・ブラウス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ザ・ウールマーク・カンパニーとコラボレートしたグレースーツの着こなし。ソフトでしなやかな肌触りのバージンウールに、程よくストレッチをきかせた生地は、動きやすくのびやかな着心地。シワになりにくいのもうれしい特徴です。シルククレープのグリーンのボウブラウスで、女性らしい華やかさをプラスしましょう。

【2】フィラージュのグレースーツ×黒ニット

【3】のグレースーツ×
ジャケット・ニット・パンツ(ルック〈フィラージュ〉)、アイウエア/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

イタリア屈指のテキスタイルメーカー、クレヴァクオーレ社のウール地を使用した、旬のグレンチェック柄のテーラードジャケットでつくるレディーススーツの着こなし。仕立て映えするハリのある素材と、着用時のフィット感を高めた構築的なフォルムで美しいジャケット姿が実現します。カジュアルにも対応する活躍アイテムです。

【3】イレブンティのグレースーツ×白シャツ

【4】のグレースーツ×
シルクスカーフ(wb)、ジャケット・パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、シャツ(ブラミンク)、ピアス(ケイテン)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ビジネスライクなグレースーツ&白インナーの着こなし。襟元が寂しいときは、ロングスカーフの出番です! 首元に大判スカーフでボリュームをもたせると、もっさり見えますが、ロングスカーフなら布地の分量も抑えられて、フェースラインもすっきりします。

ビジネススーツの着こなし


【1】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの黒スーツ×黒シャツ

【3】のスーツ×
ジャケット・シャツ・パンツ・バングル・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

オンタイムのジャケットを、黒でそろえるなら、ほんのりドレスアップ感覚の「スモーキング」が今、マストです。今季はほっそり長め丈のパンツを使ったスーツの着こなしが人気。最速でかっこいい黒に仕上げてくれます。

【2】グッチのベージュスーツ×ベージュオーストリッチバッグ

【4】のスーツ×
バッグ『バンブー クラシック』・ジャケット・スカート・ピアス(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

襟やポケットなどにエッジィな遊びがきいた、ブークレーツイードのベージュスーツ。そこにスムースレザーバッグではなく、あえて質感のあるホワイト・オーストリッチバッグを。これこそが、ラグジュアリーを愛する大人の流儀です。