レディース秋のデニムパンツコーデまとめ。季節、年代問わず活躍するデニムパンツ。どんなコーデにも取り入れやすいからこそ、秋らしいおしゃれな着こなしで周りに差をつけませんか? 今回は、秋におすすめのスキニーデニムパンツの着こなし方、40代の大人女性におすすめのデニムパンツの着こなし方をご紹介します。デニムパンツコーデのレパートリーを増やして、秋のおしゃれを楽しんでください。

【目次】

レディース秋のスキニーデニムパンツコーデ


【1】スキニーデニムパンツ×ロングカシミヤニット

【1】スキニーデニムパンツ×ロングカシミアニット
ニット(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、デニム(ラグ & ボーン 表参道〈ラグ & ボーン/JEAN〉)、バングル・リング・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ドゥロワー 青山店〈パコ ラバンヌ〉)、靴(ビームス ハウス 丸の内〈チェンバー〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

アシンメトリーなワザありデザインにモードな個性が光る、ロング丈のシルクカシミヤニット。細身のブラックデニムを合わせて、フィット&フレアーなシルエットでスマートに着こなしましょう。

【2】スキニーデニムパンツ×黒ニット×ケープコート

【2】スキニーデニムパンツ×黒ニット×ケープコート
ヴァレンティノのデニム・ケープ・ニット・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

量感のあるケープコートをバランスよくまとめるブラックのスキニーデニムは、ワードローブの必須アイテム。すっきりとした脚線美を描くモードなシルエットと、快適な着心地を両立したヴァレンティノは究極の一本です。

【3】スキニーデニムパンツ×白Tシャツ×黒レザージャケット

【3】スキニーデニムパンツ×白Tシャツ×黒レザージャケット
レザージャケット・Tシャツ・デニム・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

女らしくて、かっこいいスタイルづくりに欠かせないライダースジャケットをお供に、楽しい夜を満喫。ラムレザーのなめらかな質感や細身のシルエットが大人にちょうどよく、晩夏には肩からはおるように、初秋にはストールと合わせて…と、オールマイティーに活躍します。ロゴ入りのTシャツで、ちょっぴりメンズライクな遊びを取り入れたぶん、シルバーのチェーンバッグで、艶やかなアクセントを加えましょう。

【4】スキニーデニムパンツ×黒ニット×ファージレ

【4】スキニーデニムパンツ×黒ニット×ファージレ
デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ジレ(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、ニット(ウールン商会〈ジェントリー ポルトフィーノ〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈レイバン〉)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シルバーのファージレをリッチになじませながら、黒ニットで引き締めたシックなスタイル。

40代大人女性のデニムパンツコーデ


【1】デニムパンツ×グレーニット×ストール

【1】デニムパンツ×グレーニット×ストール
デニム(showroom SESSION〈サージ〉)、ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、ストール(ウィム ガゼット 青山店〈ファリエロ サルティ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、時計(IWC)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

生地を天然の花オイルに漬け込むことで、自然なアタリ感としなやかさを実現。ざっくりニットを合わせてもすっきりとまとめる、適度にルーズなワイドシルエットが魅力です。

【2】デニムパンツ×黒プルオーバー

【2】デニムパンツ×黒プルオーバー
プルオーバー・デニム(フェンディ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

どこか懐かしさを感じさせるロゴトップスが、この秋はトレンドに急浮上。カジュアルすぎ? と思いがちだけど、イエロー×白のエンブロイダリーでロゴの入ったこんな黒ニットなら、大人も臆せず楽しめます。ブラックデニムに合わせ、ヘルシー&アクティブな休日を。

【3】デニムパンツ×黒タートルニット×レオパードブルゾン

【3】デニムパンツ×黒タートルニット×レオパードブルゾン
ニット・ブルゾン・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒タートルとレオパード柄に含まれた黒をリンクさせて、統一感とクールな印象を演出。ブルゾンの裾からニットをちらりとのぞかせるのが、こなれ感のポイントです。バッグと靴も黒で統一して全体のトーンを落ち着かせる一方、抜け感のあるデニムを投入して、圧巻の大人カジュアルを完成させましょう! 

【4】デニムパンツ×白カットソー×グレージュコート×ハット

【4】デニムパンツ×白カットソー×グレージュコート×ハット
コート(クルチアーニ銀座店〈クルチアーニ〉)、カットソー(コロネット〈エアロン〉)、デニム(showroom SESSION〈サージ〉)、帽子(ADORE〈スーパードゥーパーハッツ〉)、ネックレス〈短〉・〈長〉(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

インディゴの深いブルーとともに、重みのあるチョコレートブラウンでまとめた小物使いが、グレージュの着こなしにリッチなコントラストを生み出します。

【5】デニムパンツ×タンクトップ×黒ジャケット×ストール

【5】デニムパンツ×タンクトップ×黒ジャケット×ストール
ラムスキンのジャケット・タンクトップ・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・リング(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈ハム〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ここではおっていたのがニットアウターだったら…この洗練感は生まれなかったはず。カットソー×デニムというおなじみの合わせも今どきに導く、レザーアウターの実力を感じて。袖口を開け、素肌をのぞかせてラフさを加味すると、デニムのカジュアル感とちょうどいいバランスに仕上がります。

【6】デニムパンツ×Tシャツ×ベージュニット

【6】デニムパンツ×Tシャツ×ベージュニット
ニット・Tシャツ(VINCE 表参道店)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(バリー 銀座店)、バッグ(テアトル アッシュ・ペー・フランス〈デルフィーヌ・ドゥラフォン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カシミヤニットとデニムで着こなしをシンプルにしたぶん、バケツ型バッグで旬のエッセンスを。シンプルなデザインながら、ワイドショルダーや大きなゴールド金具にセンスのよさが凝縮されています。

【7】デニムパンツ×白ニット×ニット帽

【7】デニムパンツ×白ニット×ニット帽
ウールのニット・デニム・バッグ『パズル バッグ』・スニーカー(ロエベジャパン)、ニット帽(プレインピープル丸の内〈マリヤ〉)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ふっくらケーブルニットケーブル(縄目)、ニットに、さらにふっくらとしたケーブルを重ねて、ニット本来の豊かさを堪能できる一着。気品のあるオフホワイトと、ビッグスリーブシルエットが、休日スタイルにエレガンスと真の贅沢さをもたらしてくれます。

【8】デニムパンツ×白シャツ×ノーカラーコート

【8】デニムパンツ×白シャツ×ノーカラーコート
デニム(リー・ジャパン〈リー〉)、コート(ADORE)、シャツ(三喜商事〈バンフォード〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

デニム界の名門ブランドがつくるトレンドデニムなら、大人世代も安心感のあるはき心地。白のバンドカラーシャツと、グレージュのノーカラーコートで、すっきりと上品にまとめましょう。

【9】デニムパンツ×白カットソー×黒ジャケット

【9】デニムパンツ×白カットソー×黒ジャケット
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クラシックモダンな黒ジャケットには、カジュアルなオンスタイルが似合います。きれいめデニムと男靴で辛口に。パールネックレスと巾着バッグの白で愛らしさを投入しましょう。

【10】デニムパンツ×ネイビーカーディガン

【10】デニムパンツ×ネイビーカーディガン
デニム(A.P.C.)、カーディガン(ドゥロワー 丸の内店)、M/G TASAKIのピアス・リング・TASAKIのネックレス(TASAKI)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

アー・ペー・セーを代表するロングセラーデニム「プチ スタンダード」。ミニマルな佇たたずまいで旬のグラニーニットも大人っぽく仕上げる、リジッドデニムの大定番モデルが今また新鮮です! 

【11】デニムパンツ×黒ニット×黒ジャケット

【11】デニムパンツ×黒ニット×黒ジャケット
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力とシルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。

【12】デニムパンツ×黒トップス

【12】デニムパンツ×黒トップス
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

プールでのんびり過ごして、夜はディナーに…。そんな日にはアクネ ストゥディオズの黒デニムに、YOKO CHANのAライントップスが好相性。首の詰まったトップスが多いので、ロングネックレスで首元を華やかに。ナノサイズのカルティエ『パンテール』とともに、イエローゴールドでそろえると、リッチ感が生まれます。ショルダータイプの『ケリー』はボックスカーフ×ゴールド金具がポイントです。

【13】デニムパンツ×白ブラウス

【13】デニムパンツ×白ブラウス
ブラウス・デニム(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、バングル(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シャルロット シェネ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『アルファ クロス ボディ』※ストラップ付き(ピエールアルディ 東京)  撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

白シャツ+デニムに深みのある配色バッグを投入。着心地は涼しく、印象は秋…と賢くおしゃれを。

【14】デニムパンツ×白シャツ×ファーコート

【14】デニムパンツ×白シャツ×ファーコート
デニム・コート・シャツ・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フレアデニムの旬の抜け感を生かして、ラムファーのジャケットコートを先取りした着こなし。インは白のとろみブラウスで軽やかに。足元はエレガントなパンプスを選ぶと、クロップド丈の女らしい肌見せが引き立ちます。