上質なレザーは、使う人と共に美しく歳をとる。ほどよく馴染み、耐久性にも優れる逸品は、だから一生手放せない。高級車のレザーシートで知られる英国のコノリーは、そんな無二の価値を備え、多くのドライバーを虜にしてきた。そんな名門が新たに、レザーグッズを中心としたリブランディングを果たした。この秋から始まったポップストアで、その魅力を体感してほしい。

高級車で体感した極上の手触りをこの手で!

使い込んだ時の表情が楽しみな財布2種。
発色の良さと品格溢れるデザインが特徴のトラベルバッグ。

 1990年代まで、英国車を中心に、高級車のレザーシートはコノリー製が王道だった。どのようになめしたのか不思議になるほど滑らかな手触りと風合いの良さ、そして使い込むほどに柔らかさを増して豊かな表情を見せる品質は、高級車の品格をあらわす、大きな魅力となっていた。

 95年から、ヘルメットやゴーグルなどのモータースポーツ用品やレザーグッズを手がけるようになったコノリーは2016年、新オーナーのイザベル・エッティギィの下でロンドンのクリフォードストリートにブティックをオープン。長きに渡って継承されてきたレザーの触感を思わせる、文字通りしなやかなリブランディング(ブランド再構築)を行い、ラグジュアリーライフスタイルブランドとして2018年の秋冬シーズンから、日本での本格展開が始まる。

ポップアップストアに足を運ぶことをおすすめする理由

こちらは上で紹介した財布の色違い。しっとりとしたレザーの質感がうかがえる。

 高級車で体感したことのあるメンズプレシャス世代なら、クラフツマンシップから生まれる、美しく上質なコノリーレザーの逸品を手に入れたくなるに違いない。直営店のオープンは2019年の春を予定しているが、いち早くその魅力を堪能できるポップアップストアが9月20日から10月14日までユナイテッド アローズ六本木店で開催されている。

 その後もソブリンハウス(10月18日〜11月11日)、サンモトヤマ 銀座本店(10月5日〜21日)、バーニーズ ニューヨーク 銀座店(11月9日〜12月2日)、同・横浜店(12月7日〜25日)、DIETRO LE QUINTE(ディトロ レ クインテ/南青山・10月より常設)と続くので、多忙な紳士も訪れやすい。

 それに、いち早く手に入れる理由は他にもある。コノリーレザーの新たな幕開けを多くの日本人が知る頃、すでに入手された人は、手元のレザーグッズを使い込んでいるはず。無二の味を誰よりも早く手に入れるという意味で、名品に敏感な紳士は一にも二にもポップアップストアへ足を運ぶべきなのだ!

※掲載した写真は全てイメージです。コノリーでは、ブリーフケースやボストンバッグ、ウォレット、トラベルグッズをはじめとしたレザーグッズ。レザーヘルメト、ゴーグル、レザーグローブが揃うドライビング・コレクション。さらにジャケット、コートやニットなどのウエアを展開予定です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク