辛党さん必見!人気のベトナムサンドイッチにかける斬新な調味料が誕生

ベトナム語で「パン」という意味の「バインミー」とは、やわらかめの小ぶりなバゲットに香草や肉、酢漬けの野菜などをはさんだベトナムサンドイッチのこと。フランス植民地時代に根付いたパン食文化から生まれた、ベトナムのソウルフードです。

手軽さと携帯性のよさ、そしてフォトジェニックなビジュアルで、今や世界中で大人気のバインミー。ここ1年ほどで日本でも続々と店舗がオープンするなど、ブームとなっています。

ジューシーバインミー特製の米粉入りバゲットに、なますやパクチーやお肉などをはさんだ「バインミークラシック」¥680(税込)

このブームに先駆けて東海エリア初のバインミー専門店として2014年にオープンした人気店、ジューシーバインミーが、このたび創業280年を誇る七味唐辛子の老舗の八幡屋礒五郎とコラボレーションした「バインミー専用七味唐辛子」をつくり上げました。

「バインミー専用七味唐辛子」¥800(税抜)

ベトナム人スタッフが試行錯誤を重ねて調合した新感覚の調味料!

配合したのは8つの素材。アジア圏でよく使われ、通常の七味に使う唐辛子より辛味の強い唐辛子「バードアイ」、清涼感のある香りとピリリとした辛さの「ブラックペッパー」、旨味と甘みを添える「オニオン」、さわやかさが広がる「レモン」、エスニック料理に欠かせない「ガーリック」、独特の風味がたまらない「コリアンダー(パクチー)」、華やかな香りとビリビリくる刺激をもたらす「花椒」、温州みかんの皮を使用した香辛料「陳皮」。

ベトナム人スタッフが試行錯誤を重ねて調合した新感覚の調味料!

出来立てのバインミーに適量を振りかけるだけで風味がグンとアップ!

出来立てのバインミーに振りかけるだけで、バインミーの具材にも使われる生唐辛子のフレッシュな辛味を華やかな香りやさわやかな旨味とともに引き出し、ワンランク上のエスニックな味わいを楽しめます。

バインミーにかけるほかにも用途はいろいろ。ベトナム料理のフォーやそうめんなどの汁物系の麺類や、チャーハンにかけてアクセントにするのもオススメの使い方。また、唐揚げやフライドポテト、ポテトチップス等にかけると香り立つ辛味でクセになるおいしさに! 揚げ出し豆腐や納豆ご飯にも合うのだそう。「バインミー専用七味唐辛子」の風味をしっかり楽しむため、できるだけ温かい食べ物に振りかけるのがポイントです。

そんな「バインミー専用七味唐辛子」は2018年10月4日(木)より店頭、公式HPで販売開始。“東海こだわりの手土産 BEST100”に選ばれたジューシーバインミーのバインミー。手土産のバインミーと一緒に旨味と話題を添えてもよし、自宅でバインミーや料理を楽しむ際の仕上げに使うもよし。日本×ベトナムの新感覚の調味料をご賞味あれ!

問い合わせ先

  • ジューシバインミー専用七味唐辛子 
  • 販売開始日/2018年10月4日(木)
  • 価格/¥800(税抜)
  • 内容量/12g
  • 販売店/ジューシーバインミー店頭またはホームページ
     
  • ジュージーバインミー 
  • 営業時間/(月・火)11:00〜14:30、(金)11:00〜14:30 17:30〜19:00、(土・日)11:00〜17:30
  • 定休日/水・木曜
  • ※祝日の営業時間は変則的
  • ※定休日が祝日の場合は営業する場合あり
    TEL:052-977-9199
    住所/愛知県名古屋市北区大曽根2-1-16 タカギビル1F

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
大貫香織