髪が短いと動きを出しやすいぶん、白髪やボリューム不足といった悩みが目立ちやすい…と感じたことはありませんか? そんなお悩みにベストアンサーを出してくれるのが、kakimoto arms MUSASHIKOSUGIのディレクター林 麻美さん。

「シルエットに丸みをつけて、視線が上に来るようにすると、頭頂部のボリューム不足は目立たなくなります」とのこと。さらに詳しく、そのスタイリングテクニックを教わります。

【お悩み】すぐにペタ~ッとなるトップにボリュームがほしい

ショート代表:原田眞美さん(42歳/バレエ講師)のお悩みを解消するには…

■髪型:全体のシルエットを丸くしてボリュームゾーンを上につくる

完成
サイド
バック

原田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★

白髪の量もちょっと多めの原田さん。「実は白髪染めをしていません。白髪を生かすようにハイライトを入れているだけなんですよ。根元からしっかりハイライトを入れておくと、髪を立ち上げたときに立体感が出るので、おすすめです。セピアアッシュ系の色を使うと肌色もトーンアップするので、若々しい印象になります」(kakimoto arms MUSASHIKOSUGI カラーディレクター・太田桂子さん)

■スタイリング:カールアイロンで根元から立ち上げ、ボリュームと動きを出す

カールアイロンを使うのは毛先ではなく、根元が中心。「ボリュームが欲しい頭頂部の根元を立ち上げ、動きを出すのが目的です。キューティクルの流れが整うので、つや出し効果も狙えます」(kakimoto arms MUSASHIKOSUGI ディレクター・林 麻美さん)

スタイリング前

■1:頭頂部の髪をカールアイロンで毛束の根元を起こすように外巻きに

分け目をまたぐように毛束をとり、カールアイロンに巻き込むこと。

■2:巻き終わったら、手ぐしで髪をほぐす

ジグザグに指の腹で地肌を擦るようにして髪をほぐす。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■全体的なシルエットを丸くして視線を上に集める
  2. ■ハイライトを効果的に使って白髪カバーと同時に立体感をつくる
  3. ■巻きっぱなしにせず、必ず「ほぐし」を行う

「白髪の本数が少ない方なら、髪に動きがあるだけで目立たなくなります。丸みのあるシルエットにすると、毛先の動きもつくりやすいし、あごのラインをシャープに見せる効果もあるのでおすすめです」(林さん)

kakimoto arms MUSASHIKOSUGI ディレクター・林 麻美さん。「今、ハマっているのがオイル美容。オイルを頭皮になじませてからシャンプーすると毛穴から汚れが落ちてスッキリしますよ」
kakimoto arms MUSASHIKOSUGI カラーディレクター・太田桂子さん。メイク道具を集めるのが趣味。「カラーリストなので、真っ先にアイシャドーや口紅など色物をチェックします」

問い合わせ先

バギーのまま個室を利用できる「Mama&Baby's Room」を完備した、ママにうれしいサロン。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑