冬の定番・黒ニットのコーディネートをピックアップ。スーツやデニムなどとのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

黒ニットとスーツのコーデ


【1】ボスの黒ニット×ベージュスーツ

今季らしいキャメルのフランネル素材のスーツはスタイル美人も約束
ジャケット・パンツ・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、TASAKIのピアス・ネックレス・M/G TASAKI のリング(TASAKI)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとしたVノーカラーのジャケットを黒のニットにあわせて、スタイルアップ効果抜群。深めのネックラインにあしらわれた艶やかなサテン素材や絶妙なウエスト位置も、メリハリのあるシルエットを強調してくれます。

【2】ステファノ モルタリの黒ニット×グレーチェックスーツ

ウエストマークのデザインが新しい、落ち着きすぎない英国調チェック
ジャケット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

やや高めのウエスト位置に施された幅広ブラックのあしらいが、端正なチェックのスーツから女らしさを引き出すアクセントに。黒のタートルネックニットをインにして防寒対策も意識しましょう。

【3】トラデュイールの黒ニット×ツイードスーツ

ウエストマークして着たいやわらかなツイードのスーツ
ジャケット・パンツ(ジュン アシダ〈TAE ASHIDA〉)、ニット (トラデュイール)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ピンクやイエロー、オレンジの色味が入ったツイード素材のジャケットは、薄手でやわらかな風合い。分量感のあるワイドパンツも、落ち感がよく、軽やかでフェミニンな印象に。インナーに黒ニットを摂り入れるとメリハリが生まれ、さらにスタイルアップ。

【4】トラデュイールの黒ニット×ライトグレースーツ

カーディガン感覚で着られるノーストレスなジャケットで格好よく
ジャケット・パンツ(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(トラデュイール)、M/G TASAKIのネックレス・TASAKIのバングル(TASAKI)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

袖下から腰位置にあるポケットまでの脇にダーツを施して、腰の丸みを強調するなど細かな配慮を取り入れた、女性らしいシルエットが絶妙。温もりの漂うフランネル素材のグレーも、シンプルな黒のニットに上品な印象を与えてくれます。

黒ニットとデニムのコーデ


【1】ルイ・ヴィトンの黒ニット×デニムパンツ

0
ケープ・ニット・パンツ・靴(ルイ・ヴィトン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

サイドのテントラインとイレギュラーな裾が、軽やかな躍動感とスタイルアップ効果を後押ししてくれるケープ! フロントは襟元にニュアンスを生み出すジップ使いの黒のハイネックニットと、両サイドが下がったシルエットが、スタイリッシュでいて豊かな表情を演出してくれます。バックはリッチなカシゴラウールの風合いが際立つシンプルデザイン。ちらりと見える「モノグラム・モチーフ」がさりげなく特別感を醸し出します。 

【2】ドルチェ&ガッバーナの黒ニット×デニムパンツ

迫力柄をシックに導き、こなれた佇いを完成!
ニット・ブルゾン・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒タートルニットとレオパード柄に含まれた黒をリンクさせて、統一感とクールな印象を演出。ブルゾンの裾からニットをちらりとのぞかせるのが、こなれ感のポイントです。バッグと靴も黒で統一して全体のトーンを落ち着かせる一方、抜け感のあるデニムを投入して、圧巻の大人カジュアルを完成させましょう! 

【3】ジェントリー ポルトフィーノの黒ニット×デニムパンツ

着こなしに気品を授けるプラチナグレーデニム
デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ジレ(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、ニット(ウールン商会〈ジェントリー ポルトフィーノ〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈レイバン〉)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シルバーのファージレをリッチになじませながら、黒ニットで引き締めたシックなスタイル。ボトムスはシルバーデニムをセレクトして辛口に仕上げましょう。

【4】アリクアムの黒ニット×デニムパンツ

デニムスタイルもゴージャスなジャケットで女らしさと抜け感を演出
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力を引き出すため、インナーには黒のニットを。

黒ニットと黒スキニーパンツのコーデ


【1】ヴァレンティノの黒ニット×黒スキニーパンツ

ミニマルな佇いが美しい万能のブラックスキニー
ヴァレンティノのデニム・ケープ・ニット・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

量感のあるケープコートをバランスよくまとめるブラックのスキニーデニムは、ワードローブの必須アイテムです。すっきりとした脚線美を描くモードなシルエットのパンツと、黒のニットでスマートな印象に。

【2】ebureの黒ニット×黒スキニーパンツ

コンパクトボトムがボリュームコートの魅力を最大限に引き出す!
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、コート(ebure)、ニット(オールウェイズ〈M・fil〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ロンハーマン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはおなか周りがすっきり見えるウールストレッチのノーベルトタイプ。形状記憶のセンターシームで、すらりとしたレッグラインを実現。潔くインナーを黒ニットのⅠラインでシックに締めれば、ムートンコートの存在が際立って、海外セレブのようなこなれ感が漂います。

黒ニットと白パンツのコーデ


【1】ミラ・ショーンの黒ニット×白パンツ

リッチなパンツスタイルでグルメな友人推薦のイタリアンへ。サタデーブランチを堪能
パンツ・ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

冬の定番の黒ニットに、フォックスファー付きの軽やかなジャケットと白パンツを合わせ、ミラノマダム風のこなれたモノトーンスタイルに。

黒ニットの今旬【冬】コーデ


【1】ルシアン ペラフィネの黒ニット×黒スカート

贅沢に流れる時間を端正な靴とともに…
靴『VAZZA』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ニット(ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店)、スカート(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、眼鏡(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、リング/3点セット・バングル(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

黒のニットと柄ジャケットには、風合い豊かな「ツイード靴」を足元に添え、穏やかな季節の到来を楽しんで。温もりあるツイード素材と、澄んだ光を放つジュエルバックルが魅せる、美しいコントラストにうっとりします。

【2】ソニア リキエルの黒ニットワンピース×チェックニットジャケット

フリンジの遊び心で英国調チェックニットをモードに着こなして
ウールのニットジャケット・ニットワンピース・バッグ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ブリティッシュなチェック柄を大人が着るなら、デザイン性の高いニットジャケットがおすすめ。インは黒のニットワンピースですっきりIラインに。ワンピースはシンプルなリブニットながら、裾のあしらいや体を美しく包み込むシルエットには、さすが「ニットの女王」の誇りが宿ります。

【3】ソニア リキエルの黒ニット×ベージュトレンチコート

ベージュ×黒の王道配色はビッグシルエットで今年らしく見せて!
トレンチコート・ハイネックのニット・パンツ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力です。トラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技! 肩を覆うほど広いラペルや、ゆったりとした袖などトレンドを重ねることで、ベージュコート×黒ニットの王道の洗練配色が、ひときわ新鮮に見えます。

【4】エミリオ・プッチの黒ニット×ピンクパンツ

おしゃれの楽しさを呼び覚ます奥行きのあるピンクの威力
ニット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、椅子(hhstyle 青山ショールーム〈ClassiCon〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ほんのりスモーキーで、絶妙なニュアンスのあるペールピンクのパンツを主役に。ごくシンプルな黒タートルニットを合わせ、シャープに引き締めれば、甘いだけではなく洗練された大人の表情で着こなせます。

【5】トリー バーチの黒ニット×カーキグレージュニット

配色とシルエットのバランスが生み出す理想的なこなれ感
ニットジレ(三崎商事〈マロ〉)、タートルニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(ニール バレットGINZA SIX)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カーキグレージュのカシミヤニット×カーキブラウンのパンツ…、というカーキ系の濃淡に、引き締め役の黒タートルニットをレイヤード。渋い配色がむしろ心地よい大人のカジュアルが完成します。

【6】ミラ・ショーンの黒ニット×チェックタイトスカート

念願かなって手に入れた新車とともに、ドライブ。イタリア車に合わせて、着こなしもリッチに
ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、イヤリング・ペンダント・バングル(ピアジェ)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

飾らないしなやかな着心地の黒ニットは、フォックスファー付きのジャケットを主役に辛口な小物使いで、凛とかっこよく着こなしましょう。

【7】レ・コパンの黒ニット×黒スカート

女性のためのカーライフをテーマにした講演会に出演。黒×赤でオーラをまとって
スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ・ストラップ(サードカルチャー〈シモネッタ ラヴィッツァ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒ニットと黒スカートのオールブラックできちんと感を出しつつも、赤をスパイスに効かせて。

【8】レ・コパンの黒ニット×グレーパンツ

ワイドパンツでハンサムに。雑誌連載の撮影に向けてビジュアル探し
ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (ブルーベル・ジャパン〈ランカスター パリ〉)、靴 (ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ワイドパンツのウエスト部分にあしらわれた、シルバーボタンを生かし、黒ニットをイン。ネイビーに映える、ボールペンダントで胸元にリズムをつけましょう。

【9】ルイ・ヴィトンの黒ニット×黒パンツ

ルイ・ヴィトンのスポーティケープ
コート・ニット・パンツ・サングラス・リング・バングル・バッグ(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

黒のタートルネックニッとコートがスポーティーな印象。リブ編みニットと細身パンツの黒は、ケープのまろやかなミルクティーカラーを引き立てます。