冬の定番・黒ニットのコーディネートを、ラグジュアリーマガジン『Precious(プレシャス)』(小学館刊)よりご紹介します。明日のスーツやデニムなどとのコーディネートのお手本になる、39のスタイリングです。

【目次】

黒ニットとスーツのコーデ


【1】アバティの黒ニット×黒スーツ

【1】アバティの黒ニット×黒スーツ
ジャケット・パンツ(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、ピアス・バングル(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)112 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

タキシードジャケットを、黒のタートルネックニットで着崩す、女らしくかっこいいハンサムウーマンスタイル。一見ストイックなタキシードジャケットも、黒タートルをインすることで、肩の力の抜けたこなれ感が実現します。ジュエリーのようなミニバッグで、個性を添えて。

カシミヤのハイゲージニットは、暖かな空気をまとっているかのような軽い着心地。体につかず離れず絶妙なシルエットで、ボディをほっそり見せる効果もあります。

【2】ボスの黒ニット×ベージュスーツ

今季らしいキャメルのフランネル素材のスーツはスタイル美人も約束
ジャケット・パンツ・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、TASAKIのピアス・ネックレス・M/G TASAKI のリング(TASAKI)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとしたVノーカラーのジャケットを黒のニットにあわせて、スタイルアップ効果抜群のセットアップコーディネート。深めのネックラインにあしらわれた艶やかなサテン素材や、絶妙なウエスト位置も、メリハリのあるシルエットを強調してくれます。

【3】ステファノ モルタリの黒ニット×グレーチェックスーツ

ウエストマークのデザインが新しい、落ち着きすぎない英国調チェック
ジャケット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

やや高めのウエスト位置に施された幅広ブラックのあしらいが、端正なチェックのスーツから女らしさを引き出すアクセントに。黒のタートルネックニットをインにして防寒対策も意識しましょう。

【4】トラデュイールの黒ニット×ツイードスーツ

ウエストマークして着たいやわらかなツイードのスーツ
ジャケット・パンツ(ジュン アシダ〈TAE ASHIDA〉)、ニット (トラデュイール)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ピンクやイエロー、オレンジの色味が入ったツイード素材のジャケットは、薄手でやわらかな風合い。分量感のあるワイドパンツも、落ち感がよく、軽やかでフェミニンな印象に。インナーに黒ニットを摂り入れるとメリハリが生まれ、さらにスタイルアップ。

【5】トラデュイールの黒ニット×ライトグレースーツ

カーディガン感覚で着られるノーストレスなジャケットで格好よく
ジャケット・パンツ(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(トラデュイール)、M/G TASAKIのネックレス・TASAKIのバングル(TASAKI)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

袖下から腰位置にあるポケットまでの脇にダーツを施して、腰の丸みを強調するなど細かな配慮を取り入れた、女性らしいシルエットが絶妙。温もりの漂うフランネル素材のグレーも、シンプルな黒のニットに上品な印象を与えてくれます。

黒ニットとデニムのコーデ


【1】クルチアーニの黒ニット×デニム

【1】クルチアーニの黒ニット×デニム
ニット(クルチアーニ 銀座店)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴下(真下商事〈パンセレラ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ブラックデニムと黒タートルニットに、ボリューミーなシルバージュエリーを合わせ、色を抑えることでパリジェンヌ風の装いを実現。黒タートルにブラックデニムという王道のカジュアルスタイルを、新鮮に見せるのが、ドレスシューズ×ラメソックスという選択。そこにボリューミーなシルバージュエリーをちりばめれば、黒に溶け込みながらもクールに際立ち、インパクトのあるスタイルが実現します。

【2】ルイ・ヴィトンの黒ニット×デニムパンツ

0
ケープ・ニット・パンツ・靴(ルイ・ヴィトン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

サイドのテントラインとイレギュラーな裾が、軽やかな躍動感とスタイルアップ効果を後押ししてくれるケープ! フロントは襟元にニュアンスを生み出すジップ使いの黒のハイネックニットと、両サイドが下がったシルエットが、スタイリッシュでいて豊かな表情を演出してくれます。バックはリッチなカシゴラウールの風合いが際立つシンプルデザイン。ちらりと見える「モノグラム・モチーフ」がさりげなく特別感を醸し出します。 

【3】ドルチェ&ガッバーナの黒ニット×デニムパンツ

迫力柄をシックに導き、こなれた佇いを完成!
ニット・ブルゾン・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒タートルニットとレオパード柄に含まれた黒をリンクさせて、統一感とクールな印象を演出。ブルゾンの裾からニットをちらりとのぞかせるのが、こなれ感のポイントです。バッグと靴も黒で統一して全体のトーンを落ち着かせる一方、抜け感のあるデニムを投入して、圧巻の大人カジュアルを完成させましょう! 

【4】ジェントリー ポルトフィーノの黒ニット×デニムパンツ

着こなしに気品を授けるプラチナグレーデニム
デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ジレ(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、ニット(ウールン商会〈ジェントリー ポルトフィーノ〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈レイバン〉)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シルバーのファージレをリッチになじませながら、黒ニットで引き締めたシックなスタイル。ボトムスはシルバーデニムをセレクトして辛口に仕上げましょう。

【5】アリクアムの黒ニット×デニムパンツ

デニムスタイルもゴージャスなジャケットで女らしさと抜け感を演出
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力を引き出すため、インナーには黒のニットを。

黒ニットと黒スキニーパンツのコーデ


【1】ヴァレンティノの黒ニット×黒スキニーパンツ

ミニマルな佇いが美しい万能のブラックスキニー
ヴァレンティノのケープ・ニット・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

量感のあるケープコートをバランスよくまとめるブラックのスキニーデニムは、ワードローブの必須アイテムです。すっきりとした脚線美を描くモードなシルエットのパンツと、黒のニットでスマートな印象に。

【2】ebureの黒ニット×黒スキニーパンツ

コンパクトボトムがボリュームコートの魅力を最大限に引き出す!
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、コート(ebure)、ニット(オールウェイズ〈M・fil〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ロンハーマン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはおなか周りがすっきり見えるウールストレッチのノーベルトタイプ。形状記憶のセンターシームで、すらりとしたレッグラインを実現。潔くインナーを黒ニットのⅠラインでシックに締めれば、ムートンコートの存在が際立って、海外セレブのようなこなれ感が漂います。

黒ニットと白パンツのコーデ


【1】フェンディの黒ニット×白パンツ

【1】フェンディの黒ニット×白パンツ
コート・バッグ『ミニ ピーカブー』・ニット・パンツ・時計(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

黒のタートルネックニットにセンタープレスのウールの白パンツを合わせ、ファーポケットのついたケープコートをはおったモノトーンスタイル。アクティブな予定があったり、雨が降りそうな日は、バッグに付属のカバーとショルダーストラップを付けてクロスボディにすれば、最旬のおしゃれが楽しめるうえ、移動時も動きやすく安心。

【2】フェンディの黒ニット×白パンツ

【2】フェンディの黒ニット×白パンツ
コート・ストール・パンツ・バッグ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

黒のウールコートと黒タートル、細身の白パンツにブーティという、モノトーンを生かしたシンプルシックなスタイリング。バッグとストールの立体的な素材感で、リッチな華やかさをプラスしています。

【3】フェンディの黒ニット×白パンツ

【3】フェンディの黒ニット×白パンツ
コート・ニット・パンツ・ストール・バッグ『ミニ ピーカブー』・チャーム・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ファーポケット付きのケープコートに、ロゴ入りの黒タートルと、白の細身パンツ、ブーティを合わせた、モノトーン+1色コーディネート。赤と黒の、どちらを表にしてもロゴのメタルプレートが映えるバッグのショルダーストラップは、プレイフルな魅力が満載!

【4】ミラ・ショーンの黒ニット×白パンツ

リッチなパンツスタイルでグルメな友人推薦のイタリアンへ。サタデーブランチを堪能
パンツ・ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

冬の定番の黒ニットに、フォックスファー付きの軽やかなジャケットと白パンツを合わせ、ミラノマダム風のこなれたモノトーンスタイルに。

黒ニットの今旬【冬】コーデ


【1】ラルフ ローレン コレクションの黒ニット×ワイドパンツ×ネイビージャケット

【1】ラルフ ローレン コレクションの黒ニット×ワイドパンツ×ネイビージャケット
パンツ・ジャケット・ニット・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ドレスアップ気分で臨みたい日のパンツスタイルは、素材にこだわることがなにより重要。シャイニーな質感やハリ感のある素材を選ぶだけで、ハイセンスなパンツスタイルが完成します。

細かいシルバーのラメが施された、とろみのあるパンツは、ドラマティックなシーンにも映える一本。王道のネイビージャケットにしなやかな「華やぎパンツ」を合わせれば、ヴィクトリア・ベッカムのような、ハンサムで女らしい最旬の装いが完成します。

【2】トラデュイールの黒ニット×グリーンワイドパンツ×黒ジャケット

【2】トラデュイールの黒ニット×グリーンワイドパンツ×黒ジャケット
ジャケット(リビアナ・コンティ)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ウィークエンド マックスマーラ)、その他/スタイリスト私物  撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

「鮮やかなグリーンもたっぷりとした分量感も今年らしい」ウィークエンド マックスマーラのパンツで華やぎスタイルをアップデート。ボリュームボトムをバランスよく見せる秘訣は、ウエストを意識させること。トラデュイールの黒タートルをインにし、リビアナ・コンティの黒レザーのショート丈ブルゾンをはおってコントラストをつけると、理想のメリハリが生まれます。

【3】ドゥロワーの黒ニット×スカーフ

【3】ドゥロワーの黒ニット×スカーフ
ニット(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、スカーフ・時計(エルメスジャポン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

一枚で絵になる佇たたずまいが成立するのが、黒タートルの魅力。潔いまでのシンプルさゆえ、パリマダムを真似て、プリントスカーフによるヘアアレンジにも違和感なく挑戦できそう。細くたたんだスカーフを後ろから前に、額の上でクロスさせて、後ろで結び、ヘアバンド風に。耳を隠すくらいが素敵です。

【4】スローンの黒ニット×黒スカート

【4】スローンの黒ニット×黒スカート
ニット(スローン〈スローン〉)、ブラミンクのスカート・フラテッリジャコメッティの靴(ブラミンク)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(マドリガル 南堀江店〈エバゴス〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

黒タートルにAラインの巻きスカートを合わせたシンプルな着こなしは、ひざ下のミモレ丈が今年らしさの鍵。おしゃれなジェーン・バーキンのように、冬の着こなしに、あえてかごバッグで媚びない華を添える…そんな自由な発想がかっこいい。

【5】カオスの黒ニット×黒パンツ×赤コート

【5】カオスの黒ニット×黒パンツ×赤コート
コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、ニット(カオス表参道〈カオス〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

シンプルな黒に、鮮やかなコートをふわり。ドラマが生まれる瞬間です。コートは、トマトレッドのウール生地をたっぷり使ったビッグシルエット。こんなコートを、黒一色のスリムな着こなしに合わせたら…、コントラストの美しさに、ドキッ。極細18ゲージウールで編み上げたニットは、肌に吸い付くようななめらかさが魅力。

【6】ebureの黒ニット×黒プリーツスカート

【6】ebureの黒ニット×黒プリーツスカート
ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(Theory)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

オフタートルニットに、流麗なプリーツスカートのボリュームラインが新鮮なスタイリング。リラックス感と旬の気分を備えたラウンドフォルムのニットには、ロングプリーツスカートを合わせ、今年らしいボリュームONボリュームシルエットを楽しんで。

メインの黒タートルは、思わず頬ずりしたくなるふっくらとしたカシミヤローゲージニット。包み込まれるようなオーバーシルエットと、前後差のあるすそが個性的。

【7】Theory luxeの黒ニット×黒パンツ

【7】Theory luxeの黒ニット×黒パンツ
ニット(Theory luxe)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

程よく地厚なカシミヤニットは、ドロップショルダーや身ごろのボリューム感が魅力。ゆったりとしたオフタートルがリラックス感を高めて。パンツまで黒一色でまとめたカジュアルな着こなしこそ、小物使いで旬を添えましょう。伝説のアイコンバックルが輝くショルダーバッグを斜めがけすれば、パリを連想させるクールな美意識が香り立ちます。

【8】フェンディの黒ニット×黒パンツ×黒コート

【8】フェンディの黒ニット×黒パンツ×黒コート
コート・ニット・パンツ・バッグ『ミニ ピーカブー』・サングラス・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ファーポケット付きのケープコートに、薄手のタートルニットと黒パンツをコーディネート。バッグのリッチなブラウンが映えるオールブラックの装いで、ホテルのティーラウンジへ。

【9】フェンディの黒ニット×黒パンツ×ジレ×ストール

【9】フェンディの黒ニット×黒パンツ×ジレ×ストール
コート・ニット・パンツ・バッグ『ピーカブーエッセンシャリー』・別売りのショルダーストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

フェンディの『トラベルミンク』のジレは、フードと身ごろのネイビーパーツを外して、ショート丈にアレンジ。ぐるぐる巻きにした、FFロゴのニットストールをポイントにした、オールブラックスタイル。

【10】フェンディの黒ニット×グレーパンツ×ジレ

【10】フェンディの黒ニット×グレーパンツ×ジレ
ジレ・ニット・パンツ・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのショルダーストラップ・靴(フェンディジャパン)、ピアス/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ミンクファーのフーデットジレに、黒のタートルニット、カーキのバッグ、グレーのデニムを合わせたリッチカジュアルなコーディネートです。動きやすく軽やかな『トラベルミンク』のジレは、毛が密集したミンクファーが背中をすっぽりと覆って、驚くほど暖か。フード付きデザインは体温を逃しにくいので、寒い日にも重宝します。

トップジップでしっかり閉まる、スマートな『バイ ザ ウェイ』をショルダーがけにして、万全の着こなしで臨んで! 

【11】wbの黒ニット×黒スカート×ストール

【11】wbの黒ニット×黒スカート×ストール
ストール(エルメスジャポン)、ニット(wb)、スカート(Vince 表参道店)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

若々しい印象のあるチェックのアイテムは、上質な素材と合わせてコーディネートするのが成功の秘訣です。このコーディネートにおいては、それはレザースカート。そのリッチな雰囲気が、チェック柄の凛とした一面を引き出しています。

用いたのはダークトーンの装いに華やぎをもたらす、タータンチェックのカシミヤの大判ストール。温かな風合いは、黒レザーのクールな表情と好対照。印象の異なる素材を組み合わせることで、メリハリが生まれ、絵になる着こなしに。

【12】ボスの黒ニット×グリーンレザースカート

【12】ボスの黒ニット×グリーンレザースカート
ニット・スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザーのタイトスカートで、トレンドのボリュームニットを大人っぽくシックに仕上げたコーディネート。モヘアのローゲージニットを大人顔に仕上げるなら、レザースカートの引き締め効果を活用して。ミニマルな配色も、スタイリッシュなムードにひと役買っています。

【13】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの黒ニット×黒ロングスカート

【13】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの黒ニット×黒ロングスカート
ニット・スカート・バッグ『モノグラム・サンローラン ミディアム・ノリータ』・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ハイゲージのニットにロングのプリーツスカートを合わせた、モード感あふれる黒のコーディネート。合わせたバッグは、ヴィンテージ加工を施したレザーによる、しなやかなフォルムが女らしいチェーンバッグ。レザーと同色のロゴも、シックな印象です。

【14】和光の黒ニット×黒パンツ×チェック柄コート

【14】和光の黒ニット×黒パンツ×チェック柄コート
和光のコート・ニット・ピアス・M-filのパンツ・ベグ アンドコーのストール・ジョルジュ・モランのグローブ・マウロ・ゴベルナのバッグ(和光) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

チェック柄を配したウールカシミヤのコートを主役にした真冬スタイル。コート以外をオールブラックでまとめ、チェック柄を際立たせて仕上げれば、辛口の女性らしさが引き立って。アクティブかつヘルシーな雰囲気が漂うコートだから、切れのいい細身のパンツが似合います。

【15】ルシアン ペラフィネの黒ニット×黒スカート

贅沢に流れる時間を端正な靴とともに…
靴『VAZZA』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ニット(ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店)、スカート(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、眼鏡(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、リング/3点セット・バングル(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

黒のニットと柄ジャケットには、風合い豊かな「ツイード靴」を足元に添え、穏やかな季節の到来を楽しんで。温もりあるツイード素材と、澄んだ光を放つジュエルバックルが魅せる、美しいコントラストにうっとりします。

【16】ソニア リキエルの黒ニットワンピース×チェックニットジャケット

フリンジの遊び心で英国調チェックニットをモードに着こなして
ウールのニットジャケット・ニットワンピース・バッグ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ブリティッシュなチェック柄を大人が着るなら、デザイン性の高いニットジャケットがおすすめ。インは黒のニットワンピースですっきりIラインに。ワンピースはシンプルなリブニットながら、裾のあしらいや体を美しく包み込むシルエットには、さすが「ニットの女王」の誇りが宿ります。

【17】ソニア リキエルの黒ニット×ベージュトレンチコート

ベージュ×黒の王道配色はビッグシルエットで今年らしく見せて!
トレンチコート・ハイネックのニット・パンツ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力です。トラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技! 肩を覆うほど広いラペルや、ゆったりとした袖などトレンドを重ねることで、ベージュコート×黒ニットの王道の洗練配色が、ひときわ新鮮に見えます。

【18】エミリオ・プッチの黒ニット×ピンクパンツ

おしゃれの楽しさを呼び覚ます奥行きのあるピンクの威力
ニット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、椅子(hhstyle 青山ショールーム〈ClassiCon〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ほんのりスモーキーで、絶妙なニュアンスのあるペールピンクのパンツを主役に。ごくシンプルな黒タートルニットを合わせ、シャープに引き締めれば、甘いだけではなく洗練された大人の表情で着こなせます。

【19】トリー バーチの黒ニット×カーキグレージュニット

配色とシルエットのバランスが生み出す理想的なこなれ感
ニットジレ(三崎商事〈マロ〉)、タートルニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(ニール バレットGINZA SIX)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カーキグレージュのカシミヤニット×カーキブラウンのパンツ…、というカーキ系の濃淡に、引き締め役の黒タートルニットをレイヤード。渋い配色がむしろ心地よい大人のカジュアルが完成します。

【20】ミラ・ショーンの黒ニット×チェックタイトスカート

念願かなって手に入れた新車とともに、ドライブ。イタリア車に合わせて、着こなしもリッチに
ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、イヤリング・ペンダント・バングル(ピアジェ)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

飾らないしなやかな着心地の黒ニットは、フォックスファー付きのジャケットを主役に辛口な小物使いで、凛とかっこよく着こなしましょう。

【21】レ・コパンの黒ニット×黒スカート

女性のためのカーライフをテーマにした講演会に出演。黒×赤でオーラをまとって
スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ・ストラップ(サードカルチャー〈シモネッタ ラヴィッツァ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒ニットと黒スカートのオールブラックできちんと感を出しつつも、赤をスパイスに効かせて。

【22】レ・コパンの黒ニット×グレーパンツ

ワイドパンツでハンサムに。雑誌連載の撮影に向けてビジュアル探し
ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (ブルーベル・ジャパン〈ランカスター パリ〉)、靴 (ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ワイドパンツのウエスト部分にあしらわれた、シルバーボタンを生かし、黒ニットをイン。ネイビーに映える、ボールペンダントで胸元にリズムをつけましょう。

【23】ルイ・ヴィトンの黒ニット×黒パンツ

ルイ・ヴィトンのスポーティケープ
コート・ニット・パンツ・サングラス・リング・バングル・バッグ(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

黒のタートルネックニッとコートがスポーティーな印象。リブ編みニットと細身パンツの黒は、ケープのまろやかなミルクティーカラーを引き立てます。