冬の定番・白ジャケットのコーディネートをピックアップ。フォーマル、オフィス向けの白ジャケットのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

白ジャケットのオフィスコーデ


【1】Theory luxeの白ジャケット×白パンツ

こなれ感と洗練を生むニュアンスホワイト
ジャケット・パンツ/ともに店舗限定(Theory luxe)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ティー マット マサキ パリ〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZASI X)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

コンパクトな肩幅や袖周りがポイントのロングシルエットの白ジャケット。薄手のウールストレッチ素材で落ち感がよく、体にしなやかに沿うからオフィスワークにも最適です。

【2】カール ドノヒューの白ジャケット×グレージュニット

多彩な素材感のソフトグレーで、グレージュをセンスアップ
ニット(yoshie inaba)、ジャケット(showroomSESSION〈カール ドノヒュー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈テンサウザンドシングス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ローゲージニットの優しげなグレージュに、白のジャケットを合わせたオフィスにも◎な着こなし。ムートンのの艶やかなファーやパテントローファーの光沢、シルバー小物で緩急をつけましょう。

【3】アクリスの白ジャケット×グレーワイドパンツ

コンパクトジャケット×ワイドパンツのメリハリでカジュアル&モードを実践!
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(レリアン)、ブラウス(エストネーション)、ネックレス・ブレスレット(バーニーズ ニューヨーク〈サスキア ディアス〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

人気のワイドパンツは、主役の白ジャケットに品よくなじむ配色をセレクト。オレンジブラウスを差し色に加えることで、スーツとは異なる、カジュアル&モードなオフィススタイルが楽しめます。

白ジャケットのフォーマルコーデ


【1】フェンディの白ジャケット×白ワイドパンツ

バニラ色のニュアンスが贅沢素材のもつ幸福感を女らしく後押し!
ファー付きダブルフェースカシミヤのコート・カシミヤのニット・パンツ・ピアス・バッグ(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ふわふわのフォックスファー、すべすべの肌触り、そしてとろけるようなカシミヤ素材の白ジャケット。極上素材同士の組み合わせが、はおるたびにこのうえない高揚感をもたらす、フォーマルシーンにはおりたいアイテムです。上品なバニラグラデーションの装いは、ピュアな白パンツでクリアに。そしてグレージュのバッグでシャープさも添えましょう。

【2】アクリスの白ジャケット×白スカート

女らしさが香るニュアンスカラーのスカートスーツは、最強
ジャケット・スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、ピアス(ミキモト)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ピエールアルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コンパクトな白のジャケット&スカートのスーツは、ともすればコンサバに陥りやすいアイテム。でもアクリスにかかれば、フェミニンなテーラード仕立てで、凛とした雰囲気に。アイボリーは、印象がくすみがちな大人の女性を、イキイキと見せる効果もあるので、フォーマルな場面にもおすすめです。

【3】インドゥエリスの白ジャケット×ネイビーパンツ

0
ジャケット(インドゥエリス)、カットソー(レキップ)、カーディガン(Theory luxe)、パンツ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ゴート〉) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

白ジャケットのインナーとボトムの繋ぎ役には、ボトムスと同系色のメンズもののベストをチョイス。自分らしいジャケットスタイルをかなえるための裏テクニックです。

白ジャケットのかわいいコーデ


【1】ドゥロワーの白ジャケット×グレージュワイドパンツ

カシミアのやわらかさが伝わるドレープニットで、女らしい抜け感を
ファー付きカシミヤジャケット・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

身ごろと袖がゆったりとつながり、背中にきれいなドレープが生まれる白ジャケットは、襟ぐりのふんわりファーが華やかでかわいいシルエット。プリーツスカートに見えるグレージュのパンツに、ポインテッドトウのパンプスで細い足首を強調して、甘く淡いグラデーションをキリッと引き締めましょう。バッグのゴールドチェーンの煌めきも効果的です。

【2】ロロ・ピアーナの白ジャケット×白ストール

ハイスペックな白をスポーティにまとめてこなれた着こなしに!
カシミヤのニットジャケット・カシミヤのストール・コットンストレッチのパンツ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、バングル・時計(ブルガリ ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ワッフルのような編み目から生まれる白のニットジャケットの陰影が、カシミヤの優しい質感を引き立てます。重ねた白が絶妙なトーンで、異素材の組み合わせから表情も豊かに。スポーティーかつ、かわいい印象を与えてくれる小物選びも、バッグだけはトップハンドルでエレガントに。

【3】白ジャケット×グッチのバッグ

冬にこそ映える明るく淡い色の着こなしにコクを出してくれる
バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

白ジャケットと白ニット、グレージュパンツという、優雅なハイトーンの着こなしをぴりりと引き締めつつ、大人の迫力を演出。濃厚だけれど、決して下品にはならないバランスが絶妙なかわいいバッグを添えましょう。

【4】ブルネロ クチネリの白ジャケット×白プリーツスカート

ニュアンスカラーの温もり素材を溶け込ませるように重ねて
カシミヤニット・ムートンファーベスト・スカート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(プレインピープル丸の内〈バルバート〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

白のムートンファージャケットは、かわいい表情をつくり出してくれる冬の一級品。カシミヤニットとのレイヤードは、頬に当たる冷気も心地よく感じられるほど暖かな着心地です。

【5】ロロ・ピアーナの白ジャケット×白パンツ

極上の素材だけが出せる繊細なトーンのリュクスなミルキーホワイト
カシミヤパンツ・ムートンファージャケット・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

Aラインシルエットにかわいい雰囲気が漂う手の込んだシアリングファーの白のムートンジャケットに、ワイドシルエットのベビーカシミヤニットパンツを合わせて。スニーカーまで美しいホワイトでまとめた装いに、グレージュバッグのシックな差し色が映えます。