冬の定番・ブラウンパンツのコーディネートをピックアップ。ブラウンパンツ、ブラウンワイドパンツのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

ブラウンワイドパンツのコーデ


【1】ファビアナフィリッピのブラウンワイドパンツ×ブラウンニット

チェスナッツブラウン×フォックスファーで完成する垂涎のワントーン
ニット(ファーは取り外し可)・シャツ・パンツ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

まるでマントのように体を覆う、オーバーサイズのローゲージニットは、襟元にフォックスファーをあしらったラグジュアリーなデザイン。シックなチェスナッツブラウンに、シルバーラメを加えているので、動くたびにさりげなく輝きを放ちます。マットなブラウンパンツ、艶のあるシルクシャツ…と全身をブラウントーンに統一し、それぞれの微妙な質感の違いを楽しみましょう。

【2】ファビアナフィリッピのモカグレージュブラウンワイドパンツ×ブラウンファーベスト

濃厚なマルサラブラウンにさらに濃淡のブラウンを絶妙に重ねて奥行きを演出
ベルト付きカーディガン・ベスト・ニット・パンツ・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

タートルニット×ダブルジップのダウンベストといった完成されたカジュアルに、さらに上からマルサラブラウンのロングカーディガンをふんわりはおって。これぞ冬レイヤードの楽しさ全開! パンツ、バッグや靴にいたるまで、ニュアンスあるブラウンの濃淡を、丁寧に重ねた着こなしで、冬カジュアルを満喫しましょう。

【3】TAE ASHIDAのモカグレージュブラウンワイドパンツ×黒タートルネックニット

ウエストマークして着たいやわらかなツイードのスーツ
ジャケット・パンツ(ジュン アシダ〈TAE ASHIDA〉)、ニット (トラデュイール)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ピンクやイエロー、オレンジの色味が入ったツイード素材のモカグレージュブラウンのジャケットは、薄手でやわらかな風合い。分量感のあるモカグレージュブラウンのワイドパンツも、落ち感がよく、軽やかでフェミニンな印象に。ベルトでウエストマークするとメリハリが生まれ、さらにスタイルアップがかないます。

【4】ソニア リキエルのモカグレージュブラウンワイドパンツ×チェック柄トレンチコート

ベージュ×黒の王道配色はビッグシルエットで今年らしく見せて!
トレンチコート・ハイネックのニット・パンツ・ブーツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力。モカグレージュブラウンのパンツというトラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技です。トレンドのゆったり感を重ねることで、ベージュ×黒の王道の洗練配色が、ひときわ新鮮に。

【5】ブルネロ クチネリのモカグレージュブラウンワイドパンツ×グレージュカーディガン

柄も無地も「グレージュ」なら上品に華やぐ
コート・ニット・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

世界的にグレージュ人気に火をつけたのがブルネロ クチネリ。でもその洗練の秘訣は、グレージュ一色を重ねているわけではなく、青みのグレーと黄みのベージュの合わせ方が絶妙で、全体の印象として絶妙なグレージュに仕上がっているというもの。このカーディガンとモカグレージュブラウンのパンツがまさにそれ。迫力のシルエットで優雅に楽しみたい。

【6】マックスマーラのブラウンワイドパンツ×ブラウンコート

プラリネのような配色が、ハンサムなワイドパンツにクラス感をもたらす
コート・ブラウス・パンツ・ストール・サングラス・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

ブランドが誇るアイコンマテリアル・キャメルのコートを主役に、シルクブラウスやブラウンのベロアパンツで艶を重ねたワントーン。ショコラトリーのショーケースをのぞいたような甘美な配色に、心がときめいて。パンプスのヒールにゴールドを配するなど、さりげないディテールも完成度を高める秘訣です。

メンズライクなブラウンパンツコーデ


【1】ボスのモカグレージュブラウンパンツ×モカグレージュブラウンジャケット

今季らしいキャメルのフランネル素材のスーツはスタイル美人も約束
ジャケット・パンツ・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、TASAKIのピアス・ネックレス・M/G TASAKI のリング(TASAKI)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとしたモカグレージュブラウンのVノーカラージャケット&パンツは、スタイルアップ効果抜群。深めのネックラインにあしらわれた艶やかなサテン素材や絶妙なウエスト位置も、メリハリのあるシルエットを強調してくれます。

【2】ブルネロ クチネリのブラウンパンツ×ミリタリーグリーンファーブルゾン

温もりが恋しくなる季節は、ふっくらととろけるようなミンクブルゾンに包まれて…
ブルゾン・ニット・パンツ・ストール・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計(ショパール ジャパンプレス)、グローブ(キートン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

重たくなりがちなブラウンパンツに合わせたいのは、スポーティーなフードデザインでありながら、希少価値の高いデンマーク産のミンクファーという贅沢な素材を使用したジップアップブルゾン。自然の景色に溶け込むようなミリタリーグリーンのファーブルゾンには、ほんのり光沢のあるクミン色のベルベットパンツを合わせ上品配色に。

この冬、旬なブラウンパンツコーデ


【1】シクラスのブラウンパンツ×ベージュムートンコート

こっくりと濃厚なブリックレッドでモードに
コート(VINCE 表参道店)、ニット(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

落ち着きのあるグレージュと旬のオーバーサイズ感で、たちまちこなれて見えるムートンコートが主役のコーデ。地味めなブラウンパンツを合わせたら、トップスにはルージュのようなブラウン系レッドのニットをチョイスして、メリハリに華やぎを加えましょう。

【2】マックスマーラのブラウンパンツ×ブラウンコート

ムートンファーのように仕立てた進化系コート
コート・カシミヤニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

テディベアのように愛らしい、ふわふわのビッグシルエット。一見、ムートンファーと見紛うこのコートは、シルク混のキャメルヘアをファーのように仕立てた、オリジナルの進化素材。キャメルの確かな温もりと、ムートンにはない軽やかさで、手放せない一着に。パンツもブラウンで合わせ、全体をワントーンで統一するのが決め手です。

【3】エスカーダのモカグレージュブラウンパンツ×白ニット

ハイトーンでまとめた マニッシュスタイルが 大人の余裕を物語る
コート(三喜商事〈イレブンティ〉)、ニット・パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・チャーム(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライトグレージュのコートにエクリュのトップス+モカグレージュブラウンのパンツを合わせて。繊細な濃淡で爽やかな知性を感じさせてくれるコーデです。コートはなめらかなウールシルクの一枚仕立て。辛口のステンカラーも明るい杢グレージュだから繊細なニュアンスを演出できます。