MOREAU PARIS(モロー・パリ)のハンドメイドのバッグ&レザーグッズは、パートナーとも使えるデザインが充実!

トートバッグは、男女問わずに使えるシンプルで洗練されたデザインが多いのがうれしい。

フランスの伝統的なレザークラフト技術を継承した職人によって一点一点ハンドメイドでていねいにつくられる、「MOREAU PARIS(モロー・パリ)」のバッグやレザー小物たち。

ブランド創業は19世紀と古く、パリの上流階級の人々に愛されてきました。一時期活動を休止していたものの、2011年に再始動を果たし、人気が再熱。現在も、憧れ的存在のブランドとして、世界中で支持されています。

日本橋三越本店の内装

10月10日(水)にオープンした日本橋三越本店は、パリ本店と同様にアンティークのトランクが目を引く内装に。ブランドの歴史とともに、モダンなテイストも併せ持ったバッグやレザーグッズが、数多くラインナップされています。

使い込む程に味わい深くなりそうな、上質レザーのバッグやレザー小物は、レディースはもちろん、メンズコレクションも人気。ブランドのアイコン的存在であるトートバッグは、ユニセックスなデザインも多く、パートナーと一緒に使えるデザインも満載です。

ペイントで、世界でたったひとつのバッグにカスタム

10月24日(水)に1日限定で行われる、オープン記念イベントには、ブランドの専属ペインティング職人、Enzo Bisserier(エンゾ・ビザリア)氏が来日。エンゾ氏は、ストリートのペインティグアートから人気を得て、スニーカーペインターとして独自のペインティング手法を確立後、モロー・パリの専属職人に。ペインティングによるカスタマイズは、現在パリで最も熱く、フレッシュなトレンドとして注目されています。

当日はブティック内にてペインティングの実演が行われる他、この日に限り、職人と直接相談しながら「MOREAU PARIS(モロー・パリ)」のアイテムをカスタマイズできるという、特典も。

■唯一無二、モダンな手描きペイントが自分のものに!

イベント当日は、購入したバッグはもちろん、レザー小物にもペイントを施してくれます。普通のイニシャルペイントだけでは終わらない、アートフルなペイントを施してもらいたいもの。
ブランドの専属ペインティング職人、エンゾ・ビザリア氏。ストリートアート出身ならではの、モダンでユニークなペイントとラグジュアリーバッグのセッションが面白い。
エンゾ・ビザリア氏のペインティングツール。ビビッドな色も豊富。レザーにペイントする特殊な塗料を使用。

パリで話題のペインティング職人によってオリジナルペイントを施してもらえる夢のようなイベントは、10月24日(水)に日本橋三越本店で行われるほか、10月25日(木)には、青山店でも実施されます。

出張や旅行の多いキャリア女性は、お気に入りのバッグやトラベルバッグにアレンジすることで、世界でたったひとつの宝物になるはず! 時が経つほどに味わいが出てくるレザーグッズとともに、これからの人生の歴史を刻んでいけたら素敵ですね。

ハンドペインティング スペシャルオーダーイベント 詳細

  • 日時①/ 10月24日(水) 12:00 – 19:00
    場所/日本橋三越本店 モロー・パリ
    住所/東京都中央区日本橋室町1-4-1日本橋三越本店 本館1階 ハンドバッグ 
  • TEL:03-3241-2400(直通)

  • 日時②/10月25日(木) 15:00 – 21:00

    場所/モロー・パリ 青山店
    住所/東京都港区南青山5-3-2
  • TEL:03-6427-3021(直通)
  •  

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
阿部有希
EDIT :
石原あや乃