冬の定番・カーキコートのコーディネートをピックアップ。カーキコートに合う色の組み合わせ方などのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

カーキコートと合う色とのコーデ


【1】ヌメロ ヴェントゥーノのカーキコート×グレージュシャツ

アクティブなカジュアルにグレージュを投入したら大人シックなスタイルに
コート・パンツ・ソックス(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、シャツ(サザビーリーグ〈フランク&アイリーン〉)、サングラス(アイヴァン 7285トウキョウ)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カーキナイロンのリバーシブルコート×ダークカラーのラムファーにデニムという、アクティブな装いを上品に印象づけているのが、グレージュのシャツ。ナチュラルな風合いの上質なコットンシャツが洗練を宿しています。

【2】ファビアナフィリッピのカーキコート×グレーストール

ローデングリーン×ミドルグレーの辛口配色がセンスのよさを証明
コート・タートルニット・スカート・ストール・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カーキのウールカシミヤのダブルフェースコートと同素材のひざ下丈スカートとのセットアップを主役に。カーキに近いローデングリーンとミドルグレーの男前な配色に、さらにグレーのストールを加え、グレーの比率を上げることで、より都会的で大人の雰囲気に。足元は重めのブーツでカジュアルに外すのが今年の気分です。

【3】J&M デヴィッドソンのオリーブカーキコート×グレージュニット

グレージュをシックに昇華するドライなオリーブカーキ
スカート(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、ニット(スリードッツ青山店)、コート(J&M デヴィッドソン 青山店)、リング(ストラスブルゴ〈ハム〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

アコーディオンプリーツのミモレ丈スカートがつくる流行のシルエットも、配色美で魅せるグレージュなら、若い世代とは一線を画す装いに仕上がります。アンゴラ混のラメニットを同系色でそろえつつ、コートでオリーブカーキを投入して変化に富んだ洗練配色を堪能しましょう。

オススメのカーキコートコーデ


【1】ブルネロ クチネリのカーキチェスターコート×グレーパンツ

端正なチェスターコートはカーキのカシミアで上質なこなれ感をまとう
カシミヤのコート・ハイネックのカットソー・パンツ・バッグ・ブローチ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

キャリアの冬アウターとして欠かせないカシミヤのカーキのチェスターコートも、オフショルダーのややリラックス感のあるフォルムにアップデートしましょう。ニットのように軽くしなやかなカシミヤ素材なので、細身ながら、絶妙なメリハリのある美シルエットに。新たなベーシックカラーのカーキも、上品な質感で、くだけすぎない印象。ミリタリー調で大人かっこいいスタイルに仕上がります。

【2】ドゥロワーのカーキコート×ベージュパンツ

深いカーキが印象的な襟元のボリュームファーで視線を上に集める
パンツ(プルミエ アロンディスモン)、コート(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、手袋(アマン〈アルポ〉)、イヤリング・リング(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(オンワードグローバルファッション〈マルベリー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは深めタックのワイドシルエットで、スカートのような優雅さを実現。ロング丈のカーキコートも足首見せですっきり。ボリュームあるポケットと襟元のファーで視線を上に逃すのもテクニックです。

【3】オルドス ファッションのカーキコート×カーキスカート

鮮度の高いカーキ色はカジュアルになりすぎず、どこか女らしさを添えて
スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、コート(オルドス ファッション ジャパン)、カットソー(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、ストール(エルメスジャポン)、ピアス(showroom・SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは比翼仕立てのシンプルデザイン。さらっとしたコットン素材だから、3シーズン活躍しそう。
ワントーン明るいカーキコートとカットソー。それだけでは物足りないので、大判のストールを投入。白いプリント模様が浮き出し、清潔感のある着こなしが完成します。

コート代わりのカーキジャケットコーデ


【1】ブルネロ クチネリのカーキファージャケット×ブラウンパンツ

温もりが恋しくなる季節は、ふっくらととろけるようなミンクブルゾンに包まれて…
ブルゾン・ニット・パンツ・ストール・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計(ショパール ジャパンプレス)、グローブ(キートン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

スポーティーなフードデザインでありながら、希少価値の高いデンマーク産のミンクファーという贅沢な素材を使用したジップアップのカーキジャケット。自然の景色に溶け込むようなミリタリーグリーンのファーブルゾンには、ほんのり光沢のあるクミン色のベルベットパンツを合わせ上品配色に。ストールを巻いてトップに立体感をつくったぶん、ボリュームのあるブーツで重心を下におきバランスを調整するのがポイントです。