無地のステンカラーもいいが、仕立てのいいスーツには少し遊びを効かせてもいいだろう。コートでお洒落をするのは秋冬の楽しみのひとつでもある。派手めな柄や色も素敵であるが、スーツを着る前提で考えるなら少し抑えめでアレンジの効いたものがいいだろう。

スーツスタイルにぴったりな派手すぎずちょうど良いロングコート

「パルト」の英国調ロングコート

コート¥98,000(アマン〈パルト〉)※サイズ:48・着丈105cm 編集部調べ

パルトを代表するモデル「BARTOLOMEO」のベージュのバルマカーンコートは、ボルドーとブラックのガンクラブチェックで今季のトレンドである英国調を表現。ラグランスリーブも相まってクラシックな印象のコートだ。絶妙なAラインの緩やかなシルエットは、ベルトを絞ることで自由にアレンジが効くので自分らしい着こなしが楽しめる1着になるだろう。写真では見えないが、襟裏はブラウンのコーデュロイ生地のため、襟を立ててニュアンスをつけるのも良い。

バーガンディーのチェックが鮮やかな「コヒーレンス」のロングコート

コート¥153,000(コヒーレンス)※サイズ:M・着丈108cm 編集部調べ

全体に配された大胆なチェックが目を引くコヒーレンスのコートは、デザイン性だけでなく、確かな物作りと優雅なシルエットにも注目だ。希少性の高いインド超長綿(綿の中でも繊維が細く、手触りの良さとシルクのような光沢を持つ)を糸の段階で染色・防水加工を施し、日本のコート専業工場で縫製。サイドポケットはヴィンテージに見られる貫通式を採用し、コートの上からパンツのポケットにも手が伸ばせ、ポケット自体もハンドウォーム用とA4サイズがらくらく入るマガジンポケットの2層と機能性も盛り込んだ。コート本来のディテールを継承しながらも、クラシックとモダンを融合させた大人のためコートである。ライナーは別売り。

買った時からヴィンテージ!?「アクアスキュータム」のロングコート

コート¥130,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム〉)※サイズ:38・着丈110cm 編集部調べ、ライナーは別売り、撥水加工無し

パッと見はベージュのシンプルなバルマカーンコート。しかし、よく見ると生地は使い込んだような風合い、ところどころにあるパッチワーク風のステッチ、生地端の擦り切れ具合など、長年着古したコートのような佇まいだ。そう、これは加工によるもの。ゆったりした身幅に着丈の長い「FILEY」を、先染めコットン100%に素材変更を行い、ウォッシュ加工、アタリやタタキなどのダメージを加えている。

以上、少しアレンジの効いたおしゃれなロングコートを紹介した。定番の無地もいいがヴィンテージや柄ものなど少しデザイン性のあるコートもいいだろう。1着と言わず無地のコートと合わせて持ちたいものである。

※ここでのロング丈の定義は、およそ180cmの身長で膝丈の長さになる105cm以上とし日本サイズL、イタリアサイズ48、UKサイズ38を基準としている。※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊