2018年10月15日、京都にオープンした全く新しいホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」。アクセス抜群の立地ながら、日常の京都を感じられる地域に5棟のホテルを点在させ、これらを相互利用してもらうことで、“5棟でひとつのホテル”として提案している「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」とは、どのような場所なのでしょうか?

ホテル間を行き来できる、5棟でひとつという新発想

同じ町で複数の系列ホテルが点在しているケースはありますが、5棟でひとつのホテルと考え、しかも同じタイミングで5棟が一斉にオープンするのは前代未聞です。

アクセス抜群の立地ながら、京都の日常が色濃く残っているエリアに5棟が点在

京都の中心市街地である四条通と五条通に挟まれたエリアに5棟が点在する。

また、5棟が点在するのは、京都の中心市街地である四条通と五条通に挟まれたエリアで、それぞれ徒歩で回ることができる距離に位置し、チェックインの相互連携から施設の相互利用までも可能に。どこに行くにもアクセス抜群の立地ながら、昔ながらの住宅街であり、京都の日常が色濃く残っています。周辺を歩きながらホテル間を行き来し、ホテル主催のアクティビティーに参加することで、京都の本物の生活文化や感覚に触れたり、新たな発見ができるのです。

多様なクリエーターが結集。各棟ごとに違う趣を楽しめる

「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通I)」はアーティスト・日比野克彦氏、「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通II)」はデザイナー・アトリエ・オイ、「ENSO ANGO FUYA I(麩屋町通I)」は陶作家・安藤雅信氏、「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通II)」は内田デザイン研究所、「ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通I)」は建築家でありデザイナーの寺田尚樹氏と、内田デザイン研究所のディレクションのもと、5つある棟ごとに違った分野で活躍するクリエーターが手掛けているのも注目です。

ENSO ANGO FUYA I(麩屋町通 I)

「ENSO ANGO FUYA I(麩屋町通 I)」は間口が狭く、奥に長い京都らしいウナギの寝床で、奥には坪庭もあり、客室やパブリックスペースにも安藤雅信さんの陶芸作品が飾られていて、ホテル自体がギャラリーのようです。

「ENSO ANGO FUYA I(麩屋町通 I)」の坪庭に面したラウンジスペース。
「ENSO ANGO FUYA I(麩屋町通 I)」には安藤雅信さんの陶芸作品がギャラリーのように配置されている。
部屋番号の文字はその棟を手掛けたアーティストによるもので、各棟ごとに違ったデザインになっている。

ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)

また「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」最大の広さを誇る「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」は茶室や立礼卓、畳の空間がある和の文化と調和した棟に。立礼卓と茶室は世界の美術館にもコレクションされている内田 繁氏のオリジナルデザインになっています。

和の文化と調和した「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」。世界の美術館にもコレクションされている内田 繁氏のオリジナルデザインの茶室。
「Tatami Salon」と名づけられた「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」の畳の部屋。書家、樋口雅山房氏による書き下ろしの書”心”が目をひく。

ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通 I)

「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通I)」の客室や通路など、さまざまなところに「食」をテーマにした日比野克彦氏のアートが飾られている。
「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通 I)」の客室には「食」をテーマにした日比野克彦氏のアートが飾られている。
「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通 I)」のスーペリアキングルーム。
エントランスにある手水も各棟の担当アーティストが手掛けたものに。写真は日比野克彦氏作。

ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)

「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)」には「ENSO ANGO」唯一のレストランがあり、朝食とディナーがいただける。天井の照明は京都の和傘職人と「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通II)」を手掛けた「アトリエ・オイ」とのコラボ。
「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)」の中央にある吹き抜けのテラス。
「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)」のバーカウンター。壁の照明には清水焼の陶器をあしらっている。
「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)」のラウンジ。スイスのデザイングループ「アトリエ・オイ」が日本を表現した装飾が随所に。壁の照明は扇子をイメージしている。
「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)」のスペイン料理レストラン。朝食には、ピンチョスや生ハム、タパスなど、スペイン料理のブッフェが楽しめる。

ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通  I)

「ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通 I)」を手掛けたのは建築家でありデザイナーの寺田尚樹さん。フロントには京都の四季を表現した立体アート「テラダモケイ(ENSO ANGO オリジナル版)」が飾られている。
「ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通 I)」の客室には寺田尚樹作の模型アート「テラダモケイ」が。目覚めた時に視線の先にある高さに設置されている。
「ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通 I)」のエントランスには宿泊客以外も利用できるバーもあり。
「ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通 I)」の外観。5つあるホテルのうち唯一、鴨川の東側の祇園エリアに位置している。

巡って楽しいファシリティーやアクティビティーも充実

5つの棟それぞれに特徴のあるファシリティーの使い方は利用者次第。また、「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」にはさまざまなアクティビティーも用意されています。

ゲストキッチンやバー、ジムなどのファシリティー

5つの棟には、16室の小さい棟もあれば86室の大型棟もあり、グループや家族で利用できるゲストキッチンを備えた「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通 I)」や、宿泊客以外も利用できるバーを併設した「ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通  I)」、庭を見ながら瞑想×運動ができるジムのある「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」、レストランでスペイン料理の朝食ブッフェが楽しめる「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)」など、それぞれのファシリティーもさまざま。5つの棟それぞれが独特の表情、特徴をもち、宿泊客は各棟を歩き回ることができます。

ゲストキッチンを備えた「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通 I)」

自由に料理ができるキッチン付きのパーティールーム。

宿泊客以外も利用できるバーを併設した「ENSO ANGO YAMATO I(⼤和⼤路通  I)」

スタイリッシュなENSO ANGOの本格的なバー。

ジムのある「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」

旅先でもリフレッシュできるフィットネス空間。

朝食ブッフェが楽しめる「ENSO ANGO TOMI II(富⼩路通 II)」

京の食材を使ったスペインやバスク料理でおもてなし。

おばんざい教室や坐禅、ナイトヨガなどのアクティビティー

さらに宿泊者用アクティビティーも充実していて、「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通I)」のプロ仕様のキッチンがあるラウンジではおばんざい教室などを開催。「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」のTatami Salonでは建仁寺の塔頭、両足院の住職による坐禅を体験できたり、就寝前に穏やかな心で自分と向き合うナイトヨガも実施されています。また、京都の町を巡るナイトランなど、ホテルの外で行うアクティビティーもあり、今後もますます増える予定だそう。

「ENSO ANGO TOMI I(富⼩路通 I)」でのおばんざい教室

和食の基礎、お料理の旨味を出す「だし」作りから学べるおばんざい教室。

「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」での坐禅体験

日本初、建仁寺塔頭、両足院の坐禅をホテルで体験。

「ENSO ANGO FUYA II(麩屋町通 II)」でのナイトヨガ

就寝前に心地よく穏やかな心で自分と向き合う時間。

京都の町を巡るナイトラン

日中の観光とはまた違う、京都の町をランニング。

「ENSO ANGO」では、従来の観光では見逃してしまいがちな本物の生活文化に触れ、京都に暮らすような目線から町を見て、京都に何度となく訪れた人にも発見の多い旅になること間違いなしです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
天野準子
TAGS: