レディース黒靴コーデまとめ。黒スニーカーや黒ブーツ、黒パンプスなど、どんなファッションとも合わせやすい黒靴コーデを41選ピックアップしました。ボトムスやアウターとの合わせ方を参考に、この冬はぜひワンランク上の黒靴コーデにチャレンジしてみてください。

【目次】

レディース冬の黒靴コーデ


【1】黒パンプス×グレードレス×グレーコート

【1】黒パンプス×グレードレス×グレーコート
コート・ドレス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バングル(ブシュロン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

最愛のグレーグラデーションには品のある黒パンプスが最適。しなやか素材のスリットドレスに、フェザーをあしらったコートで、異素材を表情豊かに重ねて。普段使いのシックカラーでドレスアップする上級センスが大人のゆとりを印象づけます。

【2】黒パンプス×白パンツ×カットソー×白ジャケット

【2】黒パンプス×白パンツ×カットソー×白ジャケット
 撮影/?AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年

N.Y.で開かれたアナ・ウィンターのホームパーティーに参加したヴィクトリア・ベッカムは、ジャケット×パンツでクールな装いに。光沢のあるサテン地のパンツをベースにした、オールホワイトの着こなしは夜のシーンでこれ以上ないほど映えます。靴&バッグは黒でまとめた洗練モノトーンスタイルです!

【3】黒ブーツ×キャメルシャツワンピース

【3】黒ブーツ×キャメルシャツワンピース
 撮影/?AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年

キャメルのシャツワンピースがあれば、削ぎ落とした着こなしでも、センスよい華やぎスタイルが実現可能! グリーンのストーンピアスとモスグリーンのバッグをリンクさせて、絶妙な配色コーディネートに。ビッグフォルムのサングラスとボリュームブーツも装いにメリハリをもたらす鍵です。

【4】黒パンプス×ブルーワイドパンツ×黒ブラウス

【4】黒パンプス×ブルーワイドパンツ×黒ブラウス
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ベルト(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス・イヤーカフ・バングル・ソフィー ブハイのリング(ストラスブルゴ)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

艶めくパンツを主役に、トレンド感が光る着映えスタイルを。ボトムが印象的なぶん、シンプルなシルクブラウスでバランスをとり、黒パンプスで引き締めましょう。

【5】黒パンプス×白ワンピース×ファーストール

【5】黒パンプス×白ワンピース×ファーストール
ワンピース(デザインワークスドゥ・コート銀座店〈デザインワークス〉)、ピアス・リング(ラリック銀座店)、ファーストール(ドゥロワー日本橋店〈ドゥロワー〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

優しげなニュアンスホワイトのワンピースにニュアンスのある黒ブーティを合わせて。ワンピースは、ジョーゼット素材のやわらかい質感を生かした、ボリューム袖やフレアスカートが、上品なオーラを漂わせます。揺れるゴールドのピアスも、ドラマティックな余韻をもたらす鍵になります。

【6】黒ブーツ×グレーツイードワンピース

【6】黒ブーツ×グレーツイードワンピース
ワンピース・ベルト・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ポメラート〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

グレーのツイード素材のワンピースが、端正なイメージへと導いて。ごく薄手のバージン・ウール素材が、美しいタックを生み出す秘訣に。スタイルを美しく見せる切り替えが施されているので、ワンピースを一枚まとうだけで華やいだ印象に。仕上げにビジューベルトやショートブーツなど、辛口テイストの小物をちりばめるのが鉄則。

【7】黒ブーツ×黒パンツ×グリーンブラウス×黒ケープ

【7】黒ブーツ×黒パンツ×グリーンブラウス×黒ケープ
ケープ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ブラウス(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、パンツ(ニールバレット ギンザ シックス〈ニールバレット〉)、グローブ(ebure〈ガーラ グローブス〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

極上のカシミヤ×ミンクのケープを細身パンツとパンプスですっきりと見せて。ケープは、カシミヤのダブルフェースで、ハンドメイドで仕上げられた逸品です。

【8】黒パンプス×黒ワンピース

【8】黒パンプス×黒ワンピース
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

甘めのフリルディテールが華やぎ感を高めるヴァレンティノのブラックドレスで、すっと背筋が伸びるような場面にも映える着こなしを。足元は、大きめビジューがポイントのフラットシューズマノロ ブラニクの『ハンギシ』。ミニバッグもマノロ ブラニクを。オーラのある小物を効かせることで、モノトーンがドラマティックに仕上がります。

【9】黒パンプス×グレージュワンピース×ファーストール

【9】黒パンプス×グレージュワンピース×ファーストール
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ドレープが美しいランバンのグレージュワンピースには、ジャンニ・キアリーニのバッグやフィリップ オーディベール&ヴィンテージのブレスレット、セルジオ ロッシのパンプスで鈍い輝きのシルバーをグラデーションで添えて。このグレージュの着こなし、実は少し日焼けした肌のほうが似合いそう。洋服の組み合わせはもちろん、そんな肌感とのマッチングも重要です。

【10】黒ロングブーツ×黒スカート×黒ニット

【10】黒ロングブーツ×黒スカート×黒ニット
ニット(スローン〈スローン〉)、ブラミンクのスカート・フラテッリジャコメッティの靴(ブラミンク)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(マドリガル 南堀江店〈エバゴス〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ごくベーシックなリブニットは、細身シルエットゆえレイヤードもしやすく、それでいてアームホールなどの動きやすさもしっかり考慮されています。黒タートルにAラインの巻きスカートを合わせたシンプルな着こなしは、ひざ下のミモレ丈×ブーツが今年らしさの鍵です。おしゃれなジェーン・バーキンのように、冬の着こなしにかごバッグで媚びない華を添える…そんな自由な発想がかっこいい。

【11】黒ローファー×黒パンツ×黒ニット×赤コート

【11】黒ローファー×黒パンツ×黒ニット×赤コート
ニット(カオス表参道〈カオス〉)、コート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

極細18ゲージウールで編み上げたニットは、肌に吸い付くようななめらかさが魅力。トマトレッドのウール生地をたっぷり使ったビッグシルエットのコート。こんなコートを、黒一色のスリムな着こなしに合わせたら…、コントラストの美しさに、ドキッとします。

【12】黒パンプス×黒パンツ×黒ニット×黒コート

【12】黒パンプス×黒パンツ×黒ニット×黒コート
ニット・パンツ・バッグ『ミニ ピーカブー』・サングラス・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

バッグのリッチなブラウンが映えるオールブラックの装い。足元は品格の宿るブラックパンプスできちんと感をアピールしましょう。

【13】黒パンプス×グレースカート×白ブラウス

【13】黒パンプス×グレースカート×白ブラウス
ブラウス・スカート・バッグ『ピーカブー エッセンシャリー』・プレキシガラス付きショルダーストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

トラペーズフォルムのミニバッグを、ショルダーストラップでカスタマイズして持つのが最近のマイブーム。遊び心のあるパンプス選びで大人の余裕を見せつけましょう。

【14】黒ショートブーツ×白パンツ×黒ニット×黒コート×ストール

【14】黒ショートブーツ×白パンツ×黒ニット×黒コート×ストール
ストール・パンツ・コート・バッグ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

モノトーンのシンプルシックなパンツスタイルには、黒のショートブーツが好相性です。バッグとストールの立体的な素材感で、リッチな華やかさをプラスして。

【15】黒ブーツ×黒パンツ×黒ニット×黒ジレ×ストール

【15】黒ブーツ×黒パンツ×黒ニット×黒ジレ×ストール
コート・ニット・パンツ・バッグ『ピーカブーエッセンシャリー』・別売りのショルダーストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

フェンディの『トラベルミンク』のジレは、フードと身ごろのネイビーパーツを外して、ショート丈にアレンジ。ぐるぐる巻きにした、FFロゴのニットストールをポイントにした、オールブラックスタイル。

【16】黒ブーツ×黒スカート×黒トップス×ベージュコート

【16】黒ブーツ×黒スカート×黒トップス×ベージュコート
靴『BボーディンモッドORDINMOD』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ピアス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、トップス・スカート・タイツ/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

極上の「黒ブーツ」は、控えめなレースアップが、足元のアクセントになり、ラグジュアリーな冬のコートスタイルに奥行きが生まれます。

【17】黒ショートブーツ×ピンクニット×ベージュスカート×ストール

【1】黒ショートブーツ×ピンクニット×ベージュスカート×ストール
スカート(ザ シークレットクロゼット〈シクラス〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ストール(チェルキ〈ピノロッソ〉)、バッグ・ストラップ(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ピンク色のニットやチェックのスカートで、大人かわいい着こなしで印象に変化をつけて。足元をブラックブーツで引き締めれば、甘くなりすぎません。

【18】黒パンプス×黒ニット×デニムパンツ×グレーケープ

【2】黒パンプス×黒ニット×デニムパンツ×グレーケープ
ヴァレンティノのデニム・ケープ・ニット・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

量感のあるケープコートをバランスよくまとめるブラックのスキニーデニムは、ワードローブの必須アイテム。すっきりとした脚線美を描くモードなシルエットと、快適な着心地を両立した究極の一本で、端正な黒パンプスと好相性です。

【19】黒ロングブーツ×黒ニット×黒スカート×ベージュコート

【3】黒ロングブーツ×黒ニット×黒スカート×ベージュコート
コート・ニット・スカート・ベルト・サングラス・バッグ・ブーツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

1980年代のマックスマーラのアーカイブを現代に蘇らせたワイドラペルコート。アームを細めにし、体に沿うようなシンプルなシルエットは少しフレア感を足して今年らしくアレンジ。上質なアルパカに、伝統的なジベリン仕上げを施して、波打つような光沢を出したベージュがノーブルな雰囲気。黒のロングブーツでバランスを調整しましょう。

【20】黒ローファー×デニムパンツ×黒コート

【4】黒ローファー×デニムパンツ×黒コート
バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ビジュー付きでもポップな遊び心が魅力のバッグ。だからこそ夜よりも昼のイメージで、デニムスタイルに合わせてデイリースタイルを更新! 黒ローファーで小粋にまとめましょう。

【21】黒パンプス×黒ワンピース×ケープ

【5】黒パンプス×黒ワンピース×ケープ
ワンピース・ケープ・バッグ・靴(ジバンシィ表参道店)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、グローブ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ガラ グローブ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

フォーマルなシーンに選びたいブラックワンピース。ストレッチがきいているので、体に寄り添うラインながら、着心地も良好。リボンをサイドに垂らせば、裏地の白が軽やかなスパイスに。後ろで結んでコンパクトなシルエットを楽しむこともできます。サテン襟のケープとパンプスも黒で小粋にまとめたら、赤のバッグを差し色にして、ドラマティックな装いを目指しましょう。

【22】黒パンプス×黒ニット×グレーブルゾン×黒ワイドパンツ

【6】黒パンプス×黒ニット×グレーブルゾン
パンツ(アオイ〈マントゥ〉)、ブルゾン(ヴァルカナイズ・ロンドン〈カール ドノヒュー〉)、ニット(ブラミンク)、ピアス・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

フォーマルシーンに活用する黒ボトムこそ、何シーズンも更新しないのは野暮! 黒パンプスを合わせて、足首を意識したバランスが、今は新鮮です。

【23】黒パンプス×イエローブラウス×グレージュパンツ

【7】黒パンプス×イエローブラウス×グレージュパンツ
ブラウス(ebure)、パンツ(三崎商事〈エルミダ〉)、時計・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ADORE〈エレナ ギセリーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

軸となるグレージュのアイテムは、ベーシックな定番を選ぶと、より配色の妙が際立ちます。イエローの絶妙な色調が醸し出す深みと、透け感素材のバルーンスリーブブラウスのドラマティックな佇いが、グレージュのフランネルパンツを最新にブラッシュアップ。足元は黒パンプスで、全体を引き締めましょう。

【24】黒パンプス×黒ニット×ツイードパンツ×黒ジャケット

【8】黒パンプス×黒ニット×ツイードパンツ×黒ジャケット
パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ジャケット(バイ マレーネ ビルガーGINZA SIX〈バイ マレーネ ビルガー〉)、ニット(IZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、ピアス(TOMORROWLAND〈シャーロット・シェネ〉)、バッグ(キートン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツはシックな風合いのツイードに、ダブル裾が特徴的な英国調パンツ。ワイドな裾幅と8分丈が新鮮です。メンズライクなジャケットも、ベルテッドでウエスト位置を明確にすれば、スタイルアップ効果も。パンプスまでダークトーンで統一し、縦ラインをつなげることもすっきり見せるコツです。

【25】黒パンプス×黒ワンピース×黒ライダースジャケット

【9】黒パンプス×黒ワンピース×黒ライダースジャケット
ジャケット(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ワンピース(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バッグ(ジョルジオ アルマーニジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

くつろいだシーンには、ウールカシミヤのワンピースを選んで。ライダースジャケットやスタッズ付きのパンプスで、辛口なテイストをトッピング。仕上げにファーのバッグで遊び心を加えましょう。

【26】黒パンプス×黒ニット×黒スカート×ベージュコート

【10】黒パンプス×黒ニット×黒スカート×ベージュコート
エナメルパンプス『ベル ヴィヴィエ』・バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ピアス(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉)、コート・ニット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、スカート・グローブ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

アイコニックなメタルバックルと、存在感のあるトランペットヒールに、心ときめく一足。シンプルな黒パンプスは、ヒールやトウのデザインで、センスに差がつくもの。ひるがえるコートからのぞく黒パンプスのシルエットは印象的で、さらに女っぷりを高めてくれます。

【27】黒ロングブーツ×グレーニット×チェック巻きスカート

【11】黒ロングブーツ×グレーニット×チェック巻きスカート
スカート(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、手袋(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)、リング(TOMORROWLAND〈ジェニーバード〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴( ブルーベル・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは英国調のチェック柄は、カジュアルなフリンジがアクセント。体型に合わせて調整がしやすいラップタイプです。トラッド色の強いスカートだから、ふんわり袖のローゲージニットやニーハイブーツでハズすのが正解。丸いレザーバッグやブーツも都会的なアクセントになってくれます。

【28】黒ロングブーツ×デニムパンツ×ベージュコート×ファー

【12】黒ロングブーツ×デニムパンツ×ベージュコート×ファー
コート(モンクレール ジャパン)、デニム(Theory〈JBRAND for Theory〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

フォックスファーのトリミングが分量感たっぷりに配されたダウンベストのライナーに、ダッフルコートをレイヤード。今季豊富な、付属のライナーにファーが付いたアイテムも、コンテンポラリーにファーを楽しむ選択肢です。シンプルな王道アウターに端正なブーツを合わせれば、ハッとさせるドラマティック感が生まれます。

【29】黒ブーツ×ネイビーニット×黒パンツ×ネイビージャケット×スヌード

【13】黒ブーツ×ネイビーニット×黒パンツ×ネイビージャケット×スヌード
ジャケット(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スヌード(コロネット〈アバティ〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ハリウッド女優をお手本に、ネイビーのスヌードを取り入れて、ジャケットスタイルを小粋に。メンズライクなブーツを合わせたのもおしゃれポイントです。

【30】黒パンプス×黒ワンピース×ブラウンコート

【14】黒パンプス×黒ワンピース×ブラウンコート
コート・ワンピース・バッグ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

やわらかく、暖かなベビーキャメルを使用した、とびきり上質なコート。すっきりとしたシルエットのなかに、ドロップショルダーや、パフスリーブで今年らしいボリュームも感じさせます。黒で襟元を引き締めて、ハイヒールでエレガントにまとめながら、赤をポイントにクラシックモダンに仕上げましょう。

【31】黒ショートブーツ×グレーニット×ピンクパンツ×グレーコート

【15】黒ショートブーツ×グレーニット×ピンクパンツ×グレーコート
コート(アパルトモン 東京店〈ソヤ〉)、ニット(アストラット 青山店〈アストラット〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ベグ アンド コーのストール・コースのグローブ(ボーダレス)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 淳(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

プラムピンクのパンツは挑戦色ですが、グレーのグラデーションにミックスすることで取り入れやすくなります。一見おとなしく見えて、よく見ると華やか! ブーツはブラックを選択して、全体をまとめましょう。

【32】黒ロングブーツ×グレージュニット×グレーパンツ×ファージレ

【16】黒ロングブーツ×グレージュニット×グレーパンツ×ファージレ
ブラミンクのニット・ジャコメッティの靴(ブラミンク)、ファージレ(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(H.P.FRANCE〈メリ メロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

しなやかなミドルゲージのカシミヤニットに、レオパード柄のフォックスファージレを合わせて。グレージュカジュアルのブーツスタイルをこっくりとリッチに仕上げましょう。

【33】黒パンプス×黒ニット×タイトスカート×ライダースジャケット

【17】黒パンプス×黒ニット×タイトスカート×ライダースジャケット
ジャケット(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライダースのインに黒のタートルニットを着て、波打つような艶をたたえたタイトスカートを合わせた装い。黒パンプスを合わせて、配色でコントラストを効かせつつも、アイテムの組み合わせでも緩急をつけると奥行きが生まれておしゃれ感が倍増します。

【34】黒パンプス×キャメルニット×黒スカート

【18】黒パンプス×キャメルニット×黒スカート
ニット・スカート・リング・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

指を触れるたび幸福感をくれる、ふっくらと立体的なカシミヤニット。今季らしいボリュームonボリュームのシルエットを満喫するなら、シルク素材のロングスカートと贅沢なレイヤードを楽しみましょう。光を受けるたび繊細な光沢を放つキャメル色のカシミヤが、ゴールドジュエリーにも負けぬ洗練された華やかさを実現。足元はクラシカルに黒を取り入れて、バランス調整するのが正解です。

【35】黒パンプス×ブルーコート×グレーパンツ

【19】黒パンプス×ブルーコート×グレーパンツ
コート・パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

たっぷりしたドルマンスリーブに、少し丸みを帯びたコクーンシルエットが、モードなエッセンスを感じさせるコート。深みのあるブルーは、派手すぎず、しかも遠目からでもはっとするほど印象的です。襟元の立体的なリボンデザインを生かすように、フロントはスナップボタンですっきりと。アウターにインパクトがあるぶん、ボトムとパンプスはシンプルに徹しましょう。

【36】黒ブーツ×白ブラウス×白スカート×黒コート

【20】黒ブーツ×白ブラウス×黒スカート×黒コート
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

このブーツの大きな魅力はソックスのように見えるストレッチ素材によって、きゅっと引き締められた足首。その繊細さを際立たせるために、ボトムには思いきりボリュームのあるフレアを! そして、トップスはシャープなテーラードできりっと引き締めます。黒と白を交互に配し、メリハリのリズムを強調するのもポイントです.

【37】黒パンプス×黒コート×グレーパンツ

【21】黒パンプス×黒コート×グレーパンツ
コート(アオイ〈ポールカ〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(オリバーピープルズ東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)、ニット・パンツ/私物 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

迫力のあるボリュームファーがポイントのAラインコートを主役に。コート下を細身パンツ×フラット靴でコンパクトにまとめ、シンプルながらもメリハリのあるバランスに。きゅっとした足首を見せれば、気分はたちまちA・ヘプバーンです。

レディース冬の黒スニーカーコーデ


【1】黒スニーカー×グレーパンツ×白ニット×グレーコート

【1】黒スニーカー×グレーパンツ×白ニット×グレーコート
コート・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・パンツ・靴・ニット(フェンディ ジャパン)
 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

冬の休日には、暖かなミンクコートとスニーカーをチョイス。コートとデニムのグレーでまとめたワントーン着こなしに。カーキバッグも、パウダリーな色調でなじんでくれます。

【2】黒スニーカー×黒プルオーバー×グレーワイドパンツ×キャメルコート×ストール

【1】黒スニーカー×黒プルオーバー×グレーワイドパンツ×キャメルコート×ストール
コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、プルオーバー(Theory luxe)、パンツ(エンフォルド)、ストール(ボーダレス〈べグ アンドコー〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

冷気が立ちこめる日は、ストールを使って、ノーカラーコートをフーデッドに。足元はスニーカーを選んで、リッチカジュアルに抜け感を加えましょう。

【3】黒スニーカー×黒ニット×パンツ×黒コート

【2】黒スニーカー×黒ニット×パンツ×黒コート
カシミヤアウター(edit & co.〈YURI PARK artigiano〉)、ファー付きスニーカー(リエート〈サントーニ〉)、タートルネックニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈サヤカ デイヴィス〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

カシミヤアウターの装いに小粋な表情を演出するモードなファースニーカー。全身をコンパクトな洗練シルエットでまとめましょう。

【4】黒スニーカー×黒ニット×黒パンツ×ファーベスト

【3】黒スニーカー×黒ニット×黒パンツ×ファーベスト
バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ありそうでないリッチ・カジュアルなリュック。ファージレ、レオパードといったインパクトのあるアイテムに投入して、休日スタイルを完成させましょう。

おすすめのレディース人気黒スニーカー


【1】トッズの黒レザースニーカー

【1】トッズの黒レザースニーカー
靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

トレッキングシューズをイメージさせるメタルアイレットや、タッセル付きのひも、さらに、白のラバーソールとのコントラストがおしゃれ。やわらかなカーフですっぽりと足を包み、履き心地の軽さも抜群です。

【2】ディオールの黒レザースニーカー

【2】ディオールの黒レザースニーカー
スニーカー(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/唐沢光也・崇髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

女性アーティスティックディレクターが新風を吹き込んだ今シーズンのコレクション。エレガンスの革命を起こしてきたメゾンの最旬を象徴するのが、スポーティーなイメージです。男女ともに共通する知的で優雅な様式美をもつスポーツ「フェンシング」が今季のモチーフのひとつ。代表的なレザースニーカーは、軽やかに美しく生きる現代の女性像に重なります。レザースニーカーは、フェンシングから着想を得た今季のコレクションを代表するアイテムのひとつ。エディ・スリマンへのオマージュである蜂モチーフも旬のポイント。

ディオールのレザースニーカー

【3】エルメスの黒スニーカー

【3】エルメスの黒スニーカー
スニーカー(エルメスジャポン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ウエットスーツからインスパイアされた軽くて弾力性のあるテクニカル素材のスニーカー。スマートなフォルムで、アッパー部分のゴムバンドには、メンズバッグ『シティスライド』のバックルでラグジュアリーな味付けを。

【4】サルヴァトーレ フェラガモのベルベットスニーカー

【4】サルヴァトーレ フェラガモのベルベットスニーカー
スニーカー(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

漆黒のベルベットを主役に、アイコンの「ガンチーニ」でさりげなくクラス感を演出。スポーティーすぎず、エレガントな着こなしにも似合う一足。