レディースグレー靴コーデまとめ。グレーのパンプスやグレーのスニーカーなどを使った、冬のレディースコーデを33選集めました。グレーの靴に合う服の色のご提案から、スエードパンプスコーデやライトグレーパンプスコーデまで、おしゃれなグレー靴コーデをたっぷりご紹介します。

【目次】

レディース冬のグレー靴コーデ


【1】グレーパンプス×プリントワンピース

【1】グレーパンプス×プリントワンピース
ワンピース(エストネーション〈コート〉)、ピアス・リング(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、ファーストール(yoshie inaba)、バッグ(マルベリージャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

シックトーンのニュアンスが美しい、プリントワンピースを発見。シルバーのバッグやグレーの靴でまとめれば、たおやかなオーラに包まれます。全体がぼんやりしないよう、モードなデザインジュエリーを合わせて、辛口なエッセンスを加えましょう。

【2】グレーロングブーツ×グレーニットパンツ×グレーニット×ファーストール

【2】グレーロングブーツ×グレーニットパンツ×グレーニット×ファーストール
ファーストール(プラダ)、セットアップ(リビアナ・コンティ)、バッグ(ボッテガ・ヴェネタ)、靴(ジミー チュウ)、その他/スタイリスト私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

体に心地よく寄り添い、女らしくて動きやすいリビアナ・コンティのグレーのニットのセットアップは、大人の極上シンプルです。プラダのファーストールとボッテガ・ヴェネタの光沢バッグ、ジミー チュウのスタッズ付きブーツで、優しいトーンながら華やかな迫力のある着こなしに。

【3】グレーブーツ×グレーパンツ×黒ニット×ネイビーファージレ

【3】グレーブーツ×グレーパンツ×黒ニット×ネイビーファージレ
ジレ・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・ニット・パンツ・別売りのショルダーストラップ・靴(フェンディジャパン)、ピアス/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

動きやすく軽やかな『トラベルミンク』のジレは、毛が密集したミンクファーが背中をすっぽりと覆って、驚くほど暖かです。トップジップでしっかり閉まる、スマートな『バイ ザ ウェイ』をショルダーがけし、カジュアルなシューズで軽快な着こなしに! 

【4】グレーローファー×白ブラウス×黒パンツ×グレージャケット

【4】グレーローファー×白ブラウス×黒パンツ×グレージャケット
ジャケット(インドゥエリス)、ブラウス(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、パンツ(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、スカーフ(クルチアーニ 銀座店)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(和光〈マウロ ゴベルナ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

伸縮性のあるソフトジャケットにヒモで調整するイージーパンツとの組み合わせ。きちんと感がありながら、実は楽ちんという優れもの。ビジネスカジュアルなスタイルなら、ローファーを合わせたこんな格好がぴったりです。

【5】グレーローファー×ベージュニット×マント×グレーパンツ

【1】グレーローファー×ベージュニット×マント×グレーパンツ
マント(HAUNT代官山〈HAUNT〉)、ニット(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、イヤリング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、手袋(ebure〈ガーラ グローブ〉)、ミンクのバッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

モカグレージュが女らしいマントはシルエットと色の特別感で、まとうだけで洗練されて見える一着。中に軽やかな色を重ねたら、ニュアンス色をぼんやりさせない、上質素材の締め色小物で仕上げましょう。

【6】グレーローファー×グレーニット×ブルゾン×グレーパンツ

【2】グレーローファー×グレーニット×ブルゾン×グレーパンツ
ニット(yoshie inaba)、ブルゾン(showroomSESSION〈カール ドノヒュー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈テンサウザンドシングス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ローゲージニットの優しげなグレージュに、明るめのグレーをなじませながらちりばめた着こなし。ムートンブルゾンの艶やかなファーやパテントローファーの光沢、シルバー小物で緩急をつけるのが上級テクニックです。

【7】グレーショートブーツ×ニット×グレーコート×グレーワイドパンツ

【3】グレーショートブーツ×ニット×グレーコート×グレーワイドパンツ
コート・パンツ(ADORE)、ニット(ブラミンク)、バッグ(サードカルチャー〈シモネッタ ラヴィッツァ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

上質なブランケットを思わせる、ソフトな起毛感のあるグレンチェック柄の生地をリバー仕立てにしたイタリア製素材。軽くて暖かな着心地と、仕立てのよさから生まれるきちんと感のある表情で、オンオフ問わず活躍します。靴&バッグは濃いめグレーを選択して、全体を引き締めましょう。

【8】グレースニーカー×ノースリーブニット×グレージャケット×グレーパンツ×ニット帽

【4】グレースニーカー×ノースリーブニット×グレージャケット×グレーパンツ×ニット帽
パンツ(コロネット〈ヤコブ コーエン〉)、ノースリーブニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ジャケット(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー XY〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン)、傘(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

温もり感たっぷりのファー付きのブルゾンを主役にした、最愛のグレートーンスタイル。スポーティーなスニーカーなら大人カジュアルが小粋に感じられます。

【9】グレーロングブーツ×グレーワンピース×グレーコート

【5】グレーロングブーツ×グレーワンピース×グレーコート
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、コート(コロネット〈エアロン〉)、ネックレス・チャーム(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ライトグレーのコートをはおり、グレージュのロングブーツでまとめて颯爽と。統一された色合わせが知性あるムードを演出してくれます。

【10】グレーブーツ×グレーニット×シャツ×グレーパンツ×ストール

【6】グレーブーツ×グレーニット×シャツ×グレーパンツ×ストール
ニット・靴(イレブンティ)、カシミヤストール・パンツ(ブルネロ クチネリ)、シャツ(ジル サンダー)、サングラス(ロンハーマン)、バッグ(エルメス)、ファーベスト(オーダー品) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレージュ×グレーの微妙なグラデーションに白シャツを効かせることで、全体がくすまずに、きちんと感もアップします。足元には、メンズライクな靴を合わせて、トラッド感を意識しましょう。

【11】グレーローファー×ライトベージュプルオーバー×パンツ

【7】グレーローファー×ライトベージュプルオーバー×パンツ
プルオーバー(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、パンツ(GALERIEVIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエールアルディ 東京)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

パールがかったグレージュの、気品漂う淡色グラデーションに、メタルの装飾をあしらったブルーバッグが、ワンポイントの差し色アクセントに。足元は、グレースエードのフラットシューズで軽快に仕上げるのがコツです。

【12】グレーブーツ×白ニット×ライトグレージュコート×モカグレージュパンツ

【8】グレーブーツ×白ニット×ライトグレージュコート×モカグレージュパンツ
コート(三喜商事〈イレブンティ〉)、ニット・パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス・チャーム(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライトグレージュのコートにエクリュのトップス+モカグレージュのパンツを合わせて。繊細な濃淡で爽やかな知性を感じさせましょう。コートはなめらかなウールシルクの一枚仕立て。辛口のステンカラーも明るい杢グレージュだから繊細なニュアンスがあります。靴&バッグもグレーに統一すれば、上品にまとまります。

【13】グレーショートブーツ×グレーニット×ファー付きコート×グレーパンツ

【9】グレーショートブーツ×グレーニット×ファー付きコート×グレーパンツ
ウールカシミヤ混のコート・ニット・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男前なチェスターコートを、グレージュで女らしい着こなしに。グレーのトーン幅を広げながら、ファー、カシミヤ、レザーのさまざまな質感で表情豊かに今年らしく盛り上げましょう。グレーのショートブーツでこなれた装いに仕上げたのがポイントです。

【14】グレースニーカー×グレートップス×グレーパンツ×ダウンベスト×ストール

【10】グレースニーカー×グレートップス×グレーパンツ×ダウンベスト×ストール
ダウンベスト(イレブンティ)、トップス・スニーカー(ブルネロ クチネリ)、パンツ(バンフォード)、ストール(ジョンストンズ)、バッグ(エルメス) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

スポーティーな印象が強い、グレージュ×アースカラーも、上質な素材を重ね、ストールやスニーカーでニュアンスを加えることで大人の上品なカジュアルが完成します。

【15】グレーブーツ×グレーニット×プリーツスカート×ファージレ

【11】グレーブーツ×グレーニット×プリーツスカート×ファージレ
前がフォックスファーで後ろ身ごろが薄いムートン素材のジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、カシミヤのタートルニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、スカート(ebure)、ピアス(エストネーション〈ガラ イズ ラブ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

優しいグレージュのフォックスファーをたっぷりあしらったジレを主役に。コーディネートのトーンはそろえて、グレーでほんの少し色をずらすだけ。でも異素材の質感はドラマティックに変えるのがポイントです。プリーツスカートのしなやかさと、ファーのふんわり感の差が、それぞれの魅力を際立たせ、エレガントなブーツスタイルに仕上げれば、贅沢なグレージュ・グラデーションが実現します。

【16】グレースニーカー×ニット×グレージュコート×パンツ

【12】グレースニーカー×ニット×グレージュコート×パンツ
コート(ロンハーマン〈カール ドノヒュー〉)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、時計(オメガお客様センター)、ソックス(ドゥロワー 日本橋店〈ブルー フォレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

濃いめグレージュのムートンコートは、幸福感で包み込むような優しい風合い。それでいて軽く、フォルムが美しく、スマートな印象を与えてくれる秀逸な一着です。ノーストレスのジョガーパンツ&スニーカーを合わせ、快適に。

【17】グレーショートブーツ×グレーカットソー×カーキコート×スカート×ストール

【13】グレーショートブーツ×グレーカットソー×カーキコート×スカート×ストール
スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、コート(オルドス ファッション ジャパン)、カットソー(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、ストール(エルメスジャポン)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは比翼仕立てのシンプルデザイン。さらっとしたコットン素材だから、3シーズン活躍しそう。ワントーン明るいコートとカットソー。それだけでは物足りないので、大判のストールを投入。ショートブーツで抜け感を出したのもポイントです。

グレーのレディース靴に合う色


【1】グレー×ネイビー

【1】グレー×ネイビー
ニット(VINCE 表参道店)、ジレ(ADORE)、パンツ(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ハイブリッジ ショーケース 六本木店〈Amb〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ゆるやかな着心地のグレージュのカシミヤタートルニットに、カシミヤファーを前身ごろに用いたミディアムグレーのロングジレを重ねて。後ろ身ごろはグレージュのウール混地だから、自然になじむうえ、すっきりとしたたたずまいに。あえてスニーカーを合わせて、スポーティーな装いに仕上げましょう。

【2】グレー×白

【2】グレー×白
トップス・パンツ(エンフォルド)、帽子(ADORE 六本木ヒルズ店〈スーパードゥーパーハッツ〉)、ファーストール(ADORE)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) 田中 雅(取材) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

クリーミートーンを丁寧に重ねたリッチ・カジュアル。ハリのあるウールのセットアップをベースに、帽子から靴まで小物はすべてグレージュに統一することで、ここまで洗練された雰囲気になります。

【3】グレー×カーキ

【3】グレー×カーキ
コート・タートルニット・スカート・ストール・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ウールカシミヤのダブルフェースコートと同素材のひざ下丈スカートとのセットアップを主役に。カーキに近いローデングリーンとミドルグレーの男前な配色に、さらにストールを加え、グレーの比率を上げることで、より都会的で大人の雰囲気に。足元は重めのブーツでカジュアルに外すのが今年の気分です。

【4】グレー×ブルー

【4】グレー×ブルー
コート(コロネット〈アバティ〉)、プルオーバー(レキップ)、スカート(アオイ〈ポール カ〉)、リング(バーニーズ ニューヨーク〈スピネリ キルコリン〉)、バッグ(アクリスジャパン〈コンテス〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

アルパカ混ウールのエアリーなコートは、少しくすんだアイスブルー。肌になじむグレージュの濃淡で、インを辛口に仕上げれば、甘さのあるコートもしっくりなじみます。アクセサリー代わりのブルーのクラッチとオープントウのパンプスが、リッチ感をもたらすアクセントになってくれます。

【5】グレー×イエロー

【5】グレー×イエロー
エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・サングラス(マックスマーラ ジャパン)、パンツ(GALERIEVIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)バッグ(トリー バーチ ジャパン)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

肌なじみのいいライトグレージュのニットは、肩の部分にボタンが施されたデザイン。同系色のスティックパンツを合わせ、縦ラインをつなげたら、マリーゴールドのチェスターコートをサッとはおって。コニャックブラウンのバッグと上品なグレーパンプンスが装いを盛り上げてくれます。

【6】グレー×ピンク

【6】グレー×ピンク
ケープ・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、靴 (JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シャツを思わせる襟が軽快なテントラインに凛とした表情を添えるケープ。。肩からすっと落ちるシルエットですっきりと見せる着やせ効果も期待できます。ホワイトパンツを合わせたら、グレーパンプスで全体を引き締めましょう。

【7】グレー×グレー

【7】グレーパンプス×グレー
パンツ(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、コート(エンフォルド)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ファーストール(ADORE)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは上質なタスマニアウールを混紡したソフトツイル生地を使用。ハイウエストに深めのタックが新鮮です。コートのボリューム感に負けないボトムの存在感で、流れるような優雅な印象に。濃いグレーのパンプスを選んで、全体の引き締め役に。

レディース冬のグレースエードパンプスコーデ


【1】グレースエードパンプス×グレージュニット×グレージュパンツ×ストール

【1】グレースエードパンプス×グレージュニット×グレージュパンツ×ストール
ニット(アパルトモン〈ドゥーズィエム クラス〉)、パンツ(ブルネロ クチネリ)、ストール(エルメス)、バッグ(フェンディ)、サングラス(スーパー バイ レトロフィーチャー)、靴(ニナ リッチ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレージュはコントラストをつけて着るよりも、洋服はあくまでもニュアンスカラー同士のグラデーションでまとめるのが気分です。品のあるパンプスで女性らしさを忘れずに。

【2】グレースエードパンプス×グレージュトップス×グレージュコート×白スカート

【2】グレースエードパンプス×グレージュトップス×グレージュコート×白スカート
 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

アウターからパンプスまで、温かみのあるベージュ系グレージュでまとめたら、ジュエリーはトーンがそろうゴールド系でまとめるとより好印象。時計のフェースとバッグの色をそろえて、さりげなく着こなしに統一感をもたせましょう。

【3】グレースエードパンプス×白ニット×コート×ピンクパンツ

【3】グレースエードパンプス×白ニット×コート×ピンクパンツ
コート・ニット・パンツ(CYCLAS)、バッグ(ザ ロウ)、靴(ニナ リッチ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

上品で明るいグレージュが美しいダブルフェースのコートは、軽やかだから、3シーズン着こなすことができる実用名品です。バッグやパンプスでワントーン濃い色を合わせつつ、ボトムスにピンクを投入してメリハリのあるスタイリングに仕上げましょう。

【4】グレースエードパンプス×グレーニット×白パンツ×ストール

【4】グレースエードパンプス×グレーニット×白パンツ×ストール
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス(シャンテクレール 東京店)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

白&グレーのストールを中心に、上品な配色に。濃いグレーのパンプスで全体を引き締めましょう。

【5】グレースエードパンプス×白ニット×白マント×グレーパンツ

【5】グレースエードパンプス×白ニット×白マント×グレーパンツ
バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

濃厚だけれど、決して下品にはならないバランスが絶妙なのがこのバッグ。優雅なハイトーンの着こなしをぴりりと引き締めつつ、大人の迫力を演出してくれます。バッグのラグジュアリー感に負けないよう、足元は品格あるパンプスを選びましょう。

レディース冬のライトグレーパンプスコーデ


【1】ライトグレーパンプス×グレーパンツ×白ニット×ブルージャケット×ストール

【1】ライトグレーパンプス×グレーパンツ×白ニット×ブルージャケット×ストール
ジャケット(キートン 銀座店〈キートン〉)、ニットのインナー(アクリスジャパン)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、ストール(和光〈アンドレアス〉)、バッグ(和光〈サック ドゥ タン〉)、靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

パンツに苦手意識があっても、きれいな細身のパンツなら抵抗なく、タイトスカート感覚ではけるはず。淡いグレーのパンツがジャケットの強い色を品よく和らげ、パンツスタイルだけど女性らしい印象に仕上がります。上品な色味のパンプスを合わせることも、苦手意識を払拭する一助になります。

【2】ライトグレーパンプス×グレーニット×デニムパンツ×ストール

【1】ライトグレーパンプス×グレーニット×デニムパンツ×ストール
デニム(showroom SESSION〈サージ〉)、ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、ストール(ウィム ガゼット 青山店〈ファリエロ サルティ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、時計(IWC)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

生地を天然の花オイルに漬け込むことで、自然なアタリ感としなやかさを実現したデニム。ざっくりニットを合わせてもすっきりとまとめる、適度にルーズなワイドシルエットが魅力。女性らしいパンプスに合わせて、こなれた印象に導きましょう。

【3】ライトグレーパンプス×ブルーニット×グレージュコート×白パンツ

【2】ライトグレーパンプス×ブルーニット×グレージュコート×白パンツ
エス マックスマーラのコート・ニット・ウィークエンド マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ピアス(バーニーズニューヨーク〈ヴィオリナ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ピュアな白を生かしたグレージュワントーンの装い。今年なら、淡いトーンはくずさずに、ほんの少し色で変化を加えるのが気分です。例えば、アイシーな水色のニット、パンプスを合わせれば、シンプルな薄軽チェスターコートがフレッシュによみがえります! 

【4】ライトグレーパンプス×白トップス×イエロージャケット×ネイビーパンツ

【3】ライトグレーパンプス×白トップス×イエロージャケット×ネイビーパンツ
ジャケット(アストラット 青山店〈アストラット〉)、トップス(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、ブローチ(ADORE)、ショーネベルグのバッグ・ユナイテッドアローズの靴(ユナイテッドアローズ 銀座店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

旬のイエローを大胆に取り入れて、心躍る着こなしを。サフランのようにきれいな色味が引き立つよう、ボトムは深みのあるインクブルーで引き締めるのが賢明です。仕上げはシルバーの靴で軽やかに仕上げましょう。