レディースネイビーバッグコーデまとめ。ネイビーバッグを使った冬のおしゃれコーデを11選ピックアップしました。アウターや小物の合わせ方などを参考に、ぜひこの冬はネイビーバッグをおしゃれに取り入れてみてください。

レディース冬のネイビーバッグコーデ


【1】ネイビーバッグ×黒ニット×ネイビージャケット×ワイドパンツ

【1】ネイビーバッグ×黒ニット×ネイビージャケット×ワイドパンツ
パンツ・ジャケット・ニット・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

細かいシルバーのラメが施された、とろみのあるパンツは、ドラマティックなシーンにも映える一本。王道のネイビージャケットにしなやかなパンツと上品クラッチバッグを合わせれば、ヴィクトリア・ベッカムのような、ハンサムで女らしい最旬の装いが完成します。

【2】ネイビーバッグ×白ニット×白パンツ×ファーストール

【2】ネイビーバッグ×白ニット×白パンツ×ファーストール
バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・ニット・パンツ・ストール・別売りのハンドルストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

伝統的なインレイ手法で、グレーに黒と白のファーを少量ミックスした、ボリューム感のあるフォックスのストールをひと巻き。ベージュのバッグで品格を添えましょう。

【3】ネイビーバッグ×柄シャツ×ネイビーパンツ×スカーフ

【3】ネイビーバッグ×柄シャツ×ネイビーパンツ×スカーフ
バッグ『シルヴィー』・シャツ・パンツ・スカーフ・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

着こなしに品格を添えるネイビーのアリゲーターレザーバッグの威力に脱帽! おなじみのモチーフをミックスさせたカラフルなプリントシャツは、アリゲーターバッグの艶めきを加えて、大人の余裕で着こなしましょう。ブランドのシグネチャーでもある、グリーン×レッドの「ウェブ ストライプ」がクラシカルな余韻をもたらしてくれます。

【4】ネイビーバッグ×ライトベージュプルオーバー×ライトグレーパンツ

【1】ネイビーバッグ×ライトベージュプルオーバー×ライトグレーパンツ
プルオーバー(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、パンツ(GALERIEVIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエールアルディ 東京)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

パールがかったグレージュの、気品漂う淡色グラデーションに、メタルの装飾をあしらったブルーバッグが、ワンポイントの差し色アクセントに。足元は、グレースエードのフラットシューズで軽快に仕上げるのがコツです。

【5】ネイビーバッグ×白トップス×グレーワイドパンツ×ニットジャケット×ストール

【2】ネイビーバッグ×白トップス×グレーワイドパンツ×ニットジャケット×ストール
パンツ(オンワード樫山〈ベイジ,〉)、ニットジャケット・ストール(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ノースリーブトップス(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ボルドリーン セレリア〉)、靴(DESPRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

落ち感が優雅なワイドパンツだから、カジュアルなカーキもエレガントな雰囲気に! ハイゲージのニットジャケットも、仕事では応用力抜群です。端正なネイビーバッグを添えて、知的な印象に。

【6】ネイビーバッグ×黒トップス×黒スカート×ネイビーコート

【3】ネイビーバッグ×黒トップス×黒スカート×ネイビーコート
コート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、トップス(キートン 銀座店)、スカート(コロネット〈アバティ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス(フレッド)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミンクやレース、タフタ、ベルベットなど、ドレッシーな素材をちりばめても、品のいいネイビーならシックにまとまります。クラシカルなテイストの着こなしこそ、旬のオーバーシルエットのコートの威力で、今どきに仕上げましょう。

【7】ネイビーバッグ×ネイビーワンピース×黒レザージャケット

【4】ネイビーバッグ×ネイビーワンピース×黒レザージャケット
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ジャケット(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス(ストラスブルゴ)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパンカスタマーサービス〈ポメラート〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のワンピースはしなやかな落ち感がエレガント。ウエスト部分はゴムになっているので、着心地も抜群です。ノーカラーのレザージャケットをはおって、やや辛口に仕上げたスタイル。横長の大きめトートバッグが全体のアクセントにもなってくれます。

【8】ネイビーバッグ×白トップス×ネイビーコート

【5】ネイビーバッグ×白トップス×ネイビーコート
コート・トップス・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

極細繊維のウールを贅沢に使った、一枚仕立てのダブルフェースコート。着物のようなラップデザインで、合わせの部分にあしらわれたシルバー色のDリングがクールなアクセントになってくれます。軽くてしなやかな生地が体をすっぽりと包み込むミニマルなシルエットを引き立たせるために、合わせるアイテムは極力シンプルに。バッグまでネイビーでまとめましょう。

【9】ネイビーバッグ×黒ニット×ネイビーコート

【6】ネイビーバッグ×黒ニット×ネイビーコート
コート・ニット・バッグ・タイツ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

チュールブランドならではの巧みなカッティングで、ボディーの縦の切り替えだけで美しいメリハリをつくる、プリンセスライン。流行の装飾的な太めストラップのバッグをアクセントに、ドレスのようなコートを気負わず着こなす、こなれ感が素敵です! 

【10】ネイビーバッグ×ネイビーブラウス×ネイビーパンツ×ネイビーコート

【7】ネイビーバッグ×ネイビーブラウス×ネイビーパンツ×ネイビーコート
コート・ブラウス・パンツ・ベルト(コロネット〈ニナ リッチ〉)、バッグ・靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

なめらかな質感のブラウスと、シルクの繊細な艶が美しいパンツを、溶け込ませるようにレイヤード。深いネイビーの清潔感に加え、ブラウスにあしらわれたスカーフ調のディテールも相まって、かしこまった席にも自信をもって臨める凛々しさが生まれます。ブラウス×パンツと、バッグが正統なぶん、オーバーサイズコートやショートブーツなどで、ハンサムなアクセントを加えるのが、着こなしを無難に終わらせないコツです。

【11】ネイビーバッグ×白プルオーバー×グレースカート×ブルーコート

【8】ネイビーバッグ×白プルオーバー×グレースカート×ブルーコート
コート(コロネット〈アバティ〉)、プルオーバー(レキップ)、スカート(アオイ〈ポール カ〉)、リング(バーニーズ ニューヨーク〈スピネリ キルコリン〉)、バッグ(アクリスジャパン〈コンテス〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

アルパカ混ウールのエアリーなコートは、少しくすんだアイスブルー。肌になじむグレージュの濃淡で、インを辛口に仕上げれば、甘さのあるコートもしっくりなじむ。アクセサリー代わりのブルーのクラッチが、リッチ感をもたらすアクセントになってくれます。