頭頂部の髪がペタ~ッとなると、雰囲気までもの寂しくなるばかりか、根元の白髪が目立ちやすくなります。suiのヘアデザイナー、坂口勝俊さんいわく、根元をふんわりと立ち上げ、さらにそのスタイルをキープするには、日頃のドライヤー使いに秘訣があるのだそう。ぶきっちょさんでもすぐにできる、失敗しないブローテクニックを教えてもらいました。

【お悩み】髪がすぐにペタッとへたってしまう!

ショート代表:今井早紀子さん(38歳/主婦)の悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーをトップに入れて丸みのあるシルエットをつくる

完成
サイド
バック

今井さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

「レイヤーをトップに入れていますが、短くし過ぎるとメンズっぽいスタイルになってしまうので要注意。後ろに丸みをもたせ、縦長のシルエットをつくるようにカットしています」(坂口さん)

■スタイリング:縦長のシルエットをつくるようにトップの髪を根元から立たせる

「ドライヤーの熱で髪を伸ばしたりカールさせるとき、熱を与えているときより冷める瞬間に形が決まります。ブローするときは、ドライヤーを外しても1~2秒は形状を記憶させるようにブラシを動かさないようにしてください。これがスタイルを長持ちさせる秘訣です」(坂口さん)

スタイリング前

■1:後頭部から前に向かって手ぐしでとかしながら、ドライヤーをあてる

ドライヤーを髪の根元にあてながら後ろから前へとかしながらブロー。

■2:頭頂部の髪を長めのピンではさみ、ドライヤーを10秒あてる

トップの髪を立たせるようにピンではさみ、ドライヤーを弱風にしてあてる。10秒経ったらドライヤーを止め、1~2秒後にピンを外す。

■3:手のひらにのばしたワックスを髪の内側からなじませる

この方法なら、髪の表面や毛先だけでなく内側から全体にまんべんなくなじませられる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■レイヤーは入れすぎず、縦長のシルエットを作る
  2. ■ブロー後は1~2秒はクールダウンさせてシルエットを定着させる
  3. ■ツヤが欲しいときはバーム系のワックスを使う

「シルエットをキープしながら、適度なツヤ感も与えられるのが、ルベルのバーム系のワックス『Moii』。オーガニックのスタイリング剤で、ハーブの香りも好評です」(坂口さん)

sui店長 ヘアデザイナー・坂口勝俊さん。高校3年までバレーボールの選手として活躍。「ここ最近、運動から遠ざかっているので、ジムへ行こうか迷っています」

問い合わせ先

  • sui
  • 住所/東京都渋谷区神宮前4-1-20神宮前フォレストビル3F
  • TEL:03-6455-5802
  • 営業時間:月・水12:00~21:00、木10:00~19:00、金13:00~22:00、土10:00~20:00、日10:00~19:00
  • 定休日:火曜
エレガントながらモダンでくつろげる空間。気持ちのいい雰囲気の中、個性を引き出してくれる。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑