キャンドルのためにつくられた新発想のデザインに注目!

どんな瞬間にも魔法をかけてくれる!エス・テー・デュポンの新発想トーチライター「ザ・ウァン」
すべての写真を見る >>

お部屋の雰囲気を大人な気分に整えてくれるアロマキャンドル。クリスマスシーズンにもピッタリのインテリアを彩る、雰囲気抜群のアイテム!…ですが、火を灯す」道具が100均でそろえたライターや着火道具では盛り上がりに欠けてしまいます。

そんなときにおすすめの小道具を発見! ありそうでなかった「キャンドル専用のライター」が名門ブランドのエス・テー・デュポンから登場しています!

どんなインテリアにもエレガントに馴染む、魔法の杖。手に取ってみると、程よい重量感や滑らかな質感がたまりません。

フランスのラグジュアリーメゾン「エス・テー・デュポン」のライターと言えば、名画『007』のジェームス・ボンドも愛用するとされ、先進技術が存分に駆使された設計と個性的なデザインには多くのファンが。そんなエス・テー・デュポンのエッセンスをギュッと凝縮したトーチライターが「THE WAND(ザ・ウァン)」です。

実際に使ってみました!

一般的な鉛筆とザ・ウァンのサイズ比較。つややかなシルエットで控えめながら、しっかりとした存在感。
中央のロゴ入り部分が着火ボタン。静かに立ち上がる青い炎がクール。ガスは別売のガスリフィルで底面部分から簡単に充填できます。

艶やかでスレンダーなフォルムは、一見ライターとは気づかないほど優美な存在感。人間工学から考慮されたオーヴァルなデザインは手にパーフェクトにフィットし、普段ライターやマッチを使い慣れていない方でもスムーズな使い心地です。パワフルでフラットな青いトーチフレームが、火を点けづらい形状のキャンドルにも「サッとひと振り」するだけで、まるで魔法の杖のようにスマートに火を灯してくれます。

シックなアロマの灯りに包まれ、至福のひとときを。

どんな瞬間にも魔法をかけてくれそうなザ・ウァン。みなさんは、どんなシーンで使ってみたいでしょうか? ロマンティックなディナー、至福のホームスパタイム、パーティーを盛り上げるケーキ、優しい光で満たされたガーデンパーティー… 屋内でも屋外でも使うことができる「ライター」としての品質や性能は、さすが老舗メゾンのプライドといったところ。

シックでスタイリッシュなデザインピースは、都会的なインテリアにエレガントな雰囲気を添えてくれそうですね。

専用スタンドもおしゃれ!ギフトボックス

「ギフトボックス」¥14,000 内容:「ザ・ウァン」専用スタンド 、キャンドル2個(フルーティなイチジクの香り、かすかにレザーを感じるスパイシーな香り)※「ザ・ウァン」本体は別売。お好みの1本を選んで合計すると¥38,000 or ¥40,000。

お気に入りの空間に置くインテリアや小粋な小道具には、長く使い続けられる至極の逸品を選びたいもの。キャンドルの灯りと心地よい香りに包まれながら、自分のためのご褒美に、あるいは家族や大切なパートナーとゆっくり過ごすホリデーに、贅沢なひとときを過ごしてみるのはいかがでしょうか?

どこで買えるの?

写真左から/「THE WAND(ザ・ウァン)」ブラック(品番:024005)ホワイト(品番:024006)ネイビー(品番:024009)各¥24,000、シャンパン(品番:024007)シャンパンゴールド(品番:024008)ルージュ(品番:024010)¥26,000 サイズ:18.5 x 2.5 x 1.2 cm、約135g 別売:ガスリフィル(品番:000430)1個 ¥1,800 ※子供の手の届かない場所に保管してください。
すべての写真を見る >>

「ザ・ウァン」は全部で6色の展開。艶感のあるブラック、ホワイト、ネイビーと、マットな質感のシャンパン、シャンパンゴールド、挿し色にゴールドのラインがデザインされているルージュ。お部屋の雰囲気や愛用する人のキャラクターに合わせて選べるのもうれしい!「火を灯す」アナログなそのひとときが、まるで一日一日のささやかな幸せを願うおまじないのような大切な時間となりそうです。

お取扱店舗は公式サイト(https://www.st-dupont.com/jp/store-finder/)にてご確認を。

2018年11月23日からECサイトがオープン!

エス・テー・デュポンは2018年11月23日、日本のオフィシャルサイト初のECサイトをオープン!「ザ・ウァン」のほか、ライターや筆記具からレザー製品、アクセサリー、そして限定コレクションまで、店舗と同様の幅広いラインナップが展開されているので、こちらも是非チェックしてみて。

エス・テー・デュポン ジャポン ECサイトwww.st-dupont.jp

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
飯塚美穂
Special Thanks to BAR Maze :