40代から根強い人気を集める「巻き髪スタイル」。巻き方を間違えると、「おばさんっぽい」「古くさい」という印象になりやすい髪型のひとつですよね。

青山で40代から支持される美容院U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さんに「古くさい巻き方」と「今っぽい巻き方」の違いを聞くと、「毛束を一度にまとめて巻いてしまうと、かなり古くさいスタイルになってしまいます。今っぽさを出すなら、髪の表面は毛束を細かくとって巻くのが正解。ほぐした時に軽さや抜け感も出やすくなります」と教えてくれました。

古くさい巻き方にならないためには、切り方にも工夫がいるのだそう。

「毛先にレイヤーをしっかりと入れたり、毛量を取り過ぎてしまうと、髪の内側がスカスカになり、一昔前の髪型になります。重さと毛量はある程度残しながら、動きが出やすいように表面や毛先を調整することが、今っぽくつくるコツです」(瓜生さん)

毛束を細く巻くことで、古くさい巻き髪から若々しい今っぽいスタイルに。今すぐ真似できる瓜生さんオススメの巻き髪スタイルがこちらです。

■髪型:軽やかな動きで若さが手に入る。華やかな巻き髪ヘア

丸顔のミディアムヘア代表:齊藤千鶴さん(41歳/自営業)の場合

完成
サイド
バック

齊藤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★
  4. うるおい(乾→潤)★★★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★

頭頂部がペタッとなりやすい齊藤さん。根元を立たせてもなかなかふわっとした印象になりにくいのだそう。

「トップがペタッとしやすく、ボリュームの出にくい髪質なので、毛先を巻くことでボリュームを出し、全体的に華やかになるように仕上げています。巻いた時に自然な広がりと軽やかな動きを出すために、顔周りにはレイヤーを。前髪はこめかみに向けて斜めに切り、丸い輪郭が目立たないようカバーしました」(瓜生さん)

■スタイリング: 毛束の中間と毛先を細かく巻いてボリュームアップ!

「髪の表面は、毛束を細かく取って巻くのがポイント。内巻きと外巻きをミックスすることで、軽やかなウェーブになります。髪の内側は毛束をざっくりと取って巻いても大丈夫。表面だけ細かく巻くことを意識してください」(瓜生さん)

スタイリング前

■1: トップの髪を持ち上げて、根元にドライヤーを当てる

根元をしっかりと立たせるイメージでドライヤーを当てる。

■2: 前髪をマジックカーラーで巻く

巻いて5分間放置。少し太めのマジックカーラーを使うことでふわっとした印象になる。

■3: 耳前の髪をリバース巻きにする

アイロンは26mmを使用。耳前の毛束を取って中間から毛先にかけて外巻きにする。逆サイドも同様に。

■4:顔まわり以外の髪の毛を内巻き、外巻きとランダムに巻く

毛束の中間から毛先にかけてしっかりと巻く。髪の表面は細かく取って巻くのが鉄則。

〈丸顔ミディアムヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■前髪は根元から巻き込む!
  2. ■表面の毛束は細かく取って巻く
  3. ■仕上げにオイルでツヤを出しても◎

「艶っぽく仕上げたいなら、ヘアオイルを少量手のひらになじませて全体につけましょう。巻きが取れやすい方は、硬めのワックスとオイルを1:1で混ぜてつけると、持ちがよくなるのでオススメです」(瓜生さん)

U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さん。休日はDVD鑑賞しながらゆっくりと過ごすのが好きなのだとか。「洋画と韓流映画にハマっています!」

問い合わせ先

  • U-REALM
  • 住所/東京都渋谷区神宮前5-6-13 ヴァイス表参道2F
  • TEL:03-5778-0529
  • 営業時間:平日12:00〜21:00/土・日・祝 10:00〜20:00
  • 定休日: 不定休
常に新しいスタイルを提案し続ける人気サロン。要望以上のクオリティで、満足度が高いのもうれしい。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑