「ポニーテールは若づくり?」この疑問に答えてくれたのは、新宿三丁目にある美容院Joemi by Un amiトップスタイリストの赤井希望さん。

「そんなことありません。ポニーテールにすることでフェイスラインがキュッと引き締まった印象になりますし、毛束をしっかりと引き出すことで髪の豊かさや、ボリューム感をアピールすることもできます。髪の悩みが多くなる40代以降の方にこそ、オススメのアレンジ術です」(赤井さん)

40代に似合うポニーテールについて赤井さんは、「結ぶ位置」と「耳周りのボリューム感」が、「若づくりに見えないポニーテール」のポイントだと言います。

「長めのミディアムヘアの場合、結ぶ位置は耳半分の上部分くらいが理想。結ぶ位置を下げすぎるとフェイスラインが野暮ったく見えたり、疲れた印象、おばさん見えに直結します。〝少し高めで元気に見える〟くらいの位置が若づくりに見えない、ギリギリのラインです。

あとは、耳周りのボリューム感も大事。耳上が寂しいと、一気に貧相な印象になってしまいます。耳上にボリュームが欲しいときは、毛束をねじるのが一番。その方法をご紹介します」(赤井さん)

上品で優雅、女性らしさも高めてくれる、大人のためのアップスタイル

 
完成

 

サイド
バック

小貫七奈さん(38歳/会社員)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★★★
アレンジ前

■1: 耳前と耳後ろで髪を分ける

逆サイドも同様に分ける。

■2: 耳後ろの髪をひとつ結びにする

位置は耳半分の上部分くらいがベスト。後れ毛は作らず、すべて結んで。

■3: 耳前の髪をねじりながら後ろへ持っていき、毛先をゴムに巻きつける

ねじりがゆるいとボワっとした印象になるので、しっかりとねじって。

■4: 巻きつけたらピンで留める

ピンはゴムの根元に固定するイメージで。逆サイドも同様に。

■5: 後頭部の毛束を引き出す

ゴム付近を持ちながら後頭部の髪を引き出す。高さを出したいので、しっかりと引き出してOK。ボリューム感が足りないときは、引き出した両隣の毛束も同様に引き出して。

■6: ねじった毛束もゆるっと引き出す

耳にゆるっとかかるくらいを目安にねじった毛束からも、髪を引き出して。出しすぎると疲れて見えるので、耳が透けて見えるくらいを意識すると◎。

■7: 前髪を外巻きにする

前髪を外巻きにすることで華やかさが加わる。

「髪の豊かさ、若々しさを叶えているのが、後頭部の丸いフォルムです。毛束を思い切り引き出して高めにつくるのがポイントです。あとは前髪をリバースすることで、肌の露出が増えて、上品さ、色っぽさも際立ちます。襟足の後れ毛は老け見えの根源なので、不要! 絶対につくらないでください」(赤井さん)

Joemi by Un amiトップスタイリスト・赤井希望さん。小柄な赤井さんですが、実は登山が好きで富士山にも登るというツワモノ!「富士山には毎年登っています。体を動かすことが好きで、ゴルフにも最近ハマっています」

問い合わせ先

  • joemi by Un ami
  • 住所/東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル5F 
  • TEL:03-3355-1011
  • 営業時間:月・火・水 11:00~21:00 木・金 12:00~22:00 土・日・祝 10:00~20:00
  • 定休日:無休
親愛なる人を喜ばせたい、大切なお客様と喜びを共に分かち合いたいというコンセプトのもと、日常を忘れられるリラックス空間で出迎えてくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑