パンツを主役に実践コーデ

実力派パンツメーカー「ザネッラ」ならニットジャケットをはおり、軽快なスタイルを楽しむ

ふたつボタンのストラップや袋状のプリーツなど、ディテールをつくり込んだグレーパンツは、シンプルかつ軽快なニットアイテムを合わせることで、よりパンツが引き立つ。グレーとの相性がいいグリーンのニットジャケットに、オフホワイトのニットを重ねることで、上品かつ軽やかな大人のスタイルも演出できる。¥36,000(エスディーアイ〈ザネッラ〉)ジャケット¥131,000(クルチアーニ 銀座店) ニット¥28,000(スリードッツ青山店) 靴¥94,000(ラコタ〈オールデン〉) ソックス¥2,000(ザ ソブリンハウス) 時計¥590,000(IWC)※税抜、参考価格

北イタリア・ヴィツェンツァのパンツ専業ブランド「ザネッラ」。既にイタリア国内で優秀なパンツメーカーとして評価されているため、多彩なモデルの展開やディテールのつくり込みなども巧みだ。着用した写真を見ると、袋状の「シザースプリーツ」が腰回りのヴォリュームを表現し、ひざから下にスッと伸びるストレートラインが印象的だ。大柄のバーズアイを施した、起毛感のある素材がモード風でもある。

ナポリ特有のサルトリア仕立てが満載!グレージュのトーンで大人のくつろいだ世界観を演出する

ミディアムグレーのパンツに、グレージュのローゲージニットと白のシャツを合わせて、リラックスしたニュートラルなトーンの着こなしを表現する。ゆとりのあるシルエットのパンツは、クラシックな風合いに加え、大人の余裕をもさりげなく演出できるのだ。パンツ¥34,000(インターブリッジ〈アントレ アミ〉)ニット¥62,000(クルチアーニ 銀座店) シャツ¥28,000(ストラスブルゴ〈バルバ〉) 靴¥110,000(J.M. WESTON青山店) ソックス¥6,600(タイ ユアタイ 青山) 時計¥2,220,000(ヴァシュロン・コンスタンタン)※税抜、参考価格

スキニーなシルエットによる九分丈のパンツで、日本デビューを果たしたアントレ アミが、昨年、一気にデザインを方向転換。サルトリア仕立てを強く打ち出し、ゆったりとしたクラシックなパンツを展開しはじめた。着用した写真では、モデル『オサルト』の特徴となる腰回りのたっぷりとしたゆとりが絶妙。素材は薄手のフランネルのため、流れるようなドレープも楽しめる。手縫いでステッチを加えるなど、手技の見せ所も多い。

往年のフレンチスタイルが今よみがえる!エレガントなドレープ感が、フレンチスタイルの神髄

ベルナール ザンスのパンツは、強烈なフレンチスタイルのイメージを持つ。ふたつのインプリーツによる太いシルエットから、すぐに同ブランドのパンツだとわかる。そんなパンツには、渋い色味を意識したブラウンのブルゾンやエンジのニットが、洒落た大人のスタイルを演出する。表革のローファーがポイントだ。パンツ¥35,000(シップス 銀座店〈ベルナール ザンス〉)ブルゾン¥120,000(シップス 銀座店〈チンクワンタ〉) ニット¥23,000(エリオポールメンズ銀座〈ルトロワ〉) 靴¥95,000(ウィリー〈フラテッリ ジャコメッティ〉)※税抜、参考価格

1990年代初頭、日本で「フレンチアイビー」がブームだった頃、ゆったりとした大人のパンツとして、人気となったのが通好みのベルナール ザンス。メンズファッションのスタイルが緩やかなシルエットになった昨年あたりから、ベルナール ザンスのパンツが再び注目されはじめた。着用した写真から、ゆったりとしたしなやかな美しいシルエットがわかる。股上が深く、フレンチスタイルを象徴する、実にエレガントなパンツだ。

パンツ業界に新たな風を起こすセラードアーでエレガントで軽快な着こなしを

このパンツの個性的なシルエットを生かすために、すそ丈は少し短めにはくのがポイント。軽やかなスタイルには、ヴェストを合わせてエレガンスを残す。パンツ¥25,900(シップス 銀座店〈セラードアー〉)ヴェスト¥30,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉) シャツ¥25,000〈エリコフォルミコラ〉・ソックス¥3,700〈ソブリン〉/以上ザ ソブリンハウス ベルト¥22,000(リングヂャケットマイスター 青山店〈アンドレア・グレコ〉) 靴¥69,000(グリフィンインターナショナル〈クロケット&ジョーンズ〉) 時計¥1,175,000(IWC)※税抜、参考価格

密かな注目を集めているパンツブランドがセラードアー。北イタリアのヴェネト州に本拠を構える専業メーカーで、これまでにOEM生産を担ったブランドは200を超える。着用の写真を見ると、ゆったりとした腰回りをつくる2 プリーツのデザインが目立つ。少し短めにはくことで、このパンツのシルエットが綺麗に表現できる。プリーツなど、トレンドのディテールを多彩に盛り込みながら、モダンなスタイルを演出する。

以上、グレーパンツの着こなしを4つ紹介した。同じグレーパンツでも着こなしはそれぞれ。好きなスタイルがあればぜひ参考に。着丈、デザインに合わせたコーデを楽しむことをおすすめする。

※2017年秋号取材時の情報です。
この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2017年秋号8大ブランドのグレーパンツ徹底はき比べ調査より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/川田有二(人物)、池田 敦(パイルドライバー/静物) スタイリスト/四方章敬 モデル/Seigo 撮影協力/スタジオ バスティーユ 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)
TAGS: