髪がペタ~ッとなりがちな頭頂部。「ここをボリュームアップさせるには、前髪を厚めにすると効果的」とおっしゃるのが、Doubleのヘアスタイリスト寺嶋美保さん。一般的に前髪を作るときは生え際の髪を使いますが、頭頂部よりやや後ろの髪から前髪をつくると、ボリュームアップが狙える上に、白髪も目立たなくなって一石二鳥の効果が!

その具体的なテクニックを教わります。

【お悩み】トップの白髪を自然にカバーしたい!

ショート代表:富永和美さん(40歳/販売)のお悩みを解決するには…

■髪型:頭頂部よりやや後ろから髪を前にもってきて、前髪を厚めにつくる

完成
サイド
バック

富永さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

ボリュームはあるのですが、すぐにペタッとなりやすい富永さんの髪。「トップの髪がペタッとなると、根元の白髪が目立ちやすくなります。前髪を厚くすることで、根元がカバーできるんですよ」(寺嶋さん)

トップを長めに残し、裾の髪はタイトにまとめ、スタイルにメリハリをつくることもポイント。「襟足の髪は首に沿うように長く残すと、首を長く見せる効果があります」(寺嶋さん)

■スタイリング:トップの髪を立ち上げてふんわり感をキープ

立ち上がりをつくるのはトップのみ。「耳から下の髪とサイドにボリュームはいりません。とにかくトップの髪だけ立ち上げるように、スタイリングしてください」(寺嶋さん)

スタイリング前

■1:太めのカーラー2本で、頭頂部の髪を毛先から巻く

頭頂部の髪を前後2つに分け、前側は前向きに、後ろは後ろ向きにカーラーで毛先から巻く。

■2:カーラーで巻いた部分にのみワックスをなじませる

手のひらに広げたワックスを、カーラーで巻いた髪の中間から毛先にかけてなじませる。

■3:手に残ったワックスで髪の裾を抑える

耳の下あたりの髪を首に沿わせるように、手ぐしでタイトに抑える。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■前髪を厚くしてトップにボリュームを作る
  2. ■トップに高さが出るように髪は長めに残しておく
  3. ■トップをふんわりさせたら裾はタイトにまとめてメリハリを作る

「ボリュームを持たせる部分と引き締める部分をつくって、菱形のシルエットをつくるとバランスよくまとまります。このスタイルはボリュームが欲しい方、髪がやわらかくてペタッとしがちな方におすすめです」(寺嶋さん)

Double ヘアスタイリスト・寺嶋美保さん。天然石をあしらったアクセサリーを集めるのが趣味。「カリブ海で採れるラリマーという石が好きで、友人のデザイナーにいろいろ作ってもらっています」

問い合わせ先

  • Double
  • 住所/東京都渋谷区神宮前4-13-13 フォレストプラザ表参道1F
  • TEL:03-3475-6060
  • 営業時間:月・火・水・日祝10:00~19:00、木・金12:00~21:00、土10:00~20:00
  • 定休日:第3月、火
大人の女性ならではの髪悩みに応えたスタイルを提案してくれるサロン
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑